ダンス映画やそのランキングを検索していると必ず引っかかるのがこの作品。

オイラが洋楽に目覚めた中学1年生(1970年)にこの映画のテーマ曲アクエリアスがヒットしたので(この曲、大好きだったし)よく覚えているのですが、映画は観たことがなかったので気になってはおりました。

ヘアー [Blu-ray]
/ジョン・サベージ,トリート・ウィリアムズ,ビバリー・ダンジェロ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

アメリカにまだ徴兵制度があった時代のお話。

徴兵でベトナム行きが決まった田舎の純朴な青年が、出征前に残された時間を楽しもうとやってきたニューヨークで、反戦のヒッピーたちと交流する。


【ペップトークの見所】

反戦という思いテーマを含みながらもコミカルで楽しい内容になっているのと、ヒットチャートの上位を賑わした沢山の曲が入っているので、いろんな意味で楽しめる映画です。

戦争がテーマなので、出陣前のペップトークも出てきたりするのです。

Chapter:35 1:27’40”~



これがオイラの大好きだったアクエリアスという曲。

で、ヘアーのオリジナル・サウンド・トラックだと思っていたらカバーだった(汗)。



この映画カッチョイイ曲が沢山出てくるんですけど・・・

しかも1969年の映画ですよ~♪

この作品がロック・ミュージカル映画の原点と言われている意味が
よくわかりました。

ほんで、1969年にこんなカッコいいベース弾く人がいたんだ・・・

しかもスラップ!!



とっても気になってベーシストの名前を調べたら・・・

ウィルバー・バスコム???

どっかで聴いたことのある名前だなと思ったら・・・


あれ~・・・やっぱそうだよね。

で、ヘアーが1969年の映画で、ジェフ・べック先生のワイアードとは
制作年がかなり離れている・・・ってイメージだったんですけど
ワイアードは1975年(オイラが高校3年生)でした。
なんか、このあたりの年数の開きって・・・
オイラの人生の中では
比較的ゆっくり時間が流れていたように感じられた頃なので
今から比べるとそんなに時間の開きがあるわけではないけれど
なんか・・・ちょっと・・・微妙です。



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD