映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:
いくらなんでも、これは野球映画でぢゃないだろ!

って、お叱りは良く解ります。

でも、オイラがこの映画に辿りついたのは「野球」「映画」で検索してひっかかったんだもん・・・(他人のせい→爆)

確かに、冒頭で息子とキャッチボールするシーンが出てくるだけなのですが・・・

スピルバーグ作品で、トム・クルーズ主演で、ダコタ・ファニングがでてるんぢゃみるっきゃないでしょ!

あ、しつこいようですが、オイラはロリコンぢゃないよ(って言えば言うほど、書けばかくほど・・・疑われるような気がする)。

宇宙戦争 [DVD]
トム・クルーズ,ダコタ・ファニング,ティム・ロビンス
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

H・G・ウェルズが1898年に発表した小説を、スティーブン・スピルバーグが2005年に映画化した作品。

世界各地で暗雲が立ち込め、突風が吹き落雷による被害が相次ぐ異常気象が怒っていた。

そんなさなかクレーン作業員のレイは、離婚した妻から息子のロビーと娘のレイチェルを預かることに・・・

親子で楽しむ週末のはずが、この町も以上な気象が始まり・・・

世界各地での異常気象の原因はトライポッドと呼ばれる地球外生命体の侵略マシンだった。

レイとロビーとレイチェルの近くにもトライポッドが現われ・・・


【ペップトークの見所】

SFパニックアクション映画???なのですが、親子の愛、兄妹の愛や絆が描かれているヒューマンドラマでもあります。

他一部の映画評ではスピルバーグの最高傑作と書かれているのはそういう背景からかもしれませんね。

パニックのシーンが多く、だからこそ、親子で歯が増し合う、兄妹で励まし合うペップトークも数多くでてきます。

(そういえば、以前何か別のパニック映画を取り上げたときに、パニック映画にはペップトークが沢山出てくると書いた記憶があります・・・汗)。

今度は少し、パニック映画からペップトークを研究してみよう・・・。

で、肝心の本作のペップトークですが、親子・兄妹のペップトークよりも・・・最後の作者からのメッセージが、視聴者(人類)に対する偉大なペップトークだったりするのです。

Chapter:23 1:48’52”~





このところ、ダコタ・ファニングに注目して
幾つかの作品を集中的に観ていましたが、
この年齢でこの演技・・・って凄いもんですね・・・。

▼過去に紹介した彼女の出演作▼

アイアム・サム夢駆ける馬ドリーマー

アップタウン・ガールズ

リリィ、はちみつ色の秘密

ランナウェイズ



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。