以前紹介したアメリカ大陸を横断する公道レース「キャノンボール」の続編です。

おバカなコメディが嫌いな人、苦手な人はスルーしてください(汗)。

1984年のラジー賞(ゴールデン。ラスベリー賞)のほとんどの部門でノミネートされた「名誉」ある(笑)作品。

ちなみにノミネートされた部門は下記の通り。

□ ワースト作品賞
□ ワースト主演男優賞:バート・レイノルズ
□ ワースト主演女優賞:シャーリー・マクレーン
□ ワースト監督賞:ハル・ニーダム
□ ワースト助演男優賞:サミー・デイヴィス・Jr
□ ワースト助演女優賞:スーザン・アントン/マリル・ヘナー
□ ワースト脚本賞:ハーヴェイ・ミラー/ハル・ニーダム/アルバート・S・ラディ

こんだけワースト評価もらったってことは、「名誉」なことでしょう?

好奇心・・・くすぐらられませんか?(笑)

「怖い物みたさ」・・・みたいな。

キャノンボール2 [DVD]
バート・レイノルズ,ジャッキー・チェン,ディーン・マーチン
ワーナー・ホーム・ビデオ
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

前回勝てなかったアラブのお金持ちが、自分たちの名誉を賭けて今度は大会を主催するってお話。

前回につづいて、バート・レイノルズ、サミー・デイビスJr、ジャッキー・チェンに加え、フランク・シナトラだの「刑事コジャック」でおなじみのT・サバラスだの超豪華キャスト。

前回は医者をのせた救急車を装うことで、スピード違反を取り締まるパトカーを騙しましたが、今回は軍用車と軍人だったり、尼さんを載せたり・・・

またまたハチャメチャな展開が楽しめます。

ジャッキー・チェンのために、特に必然性の無い格闘シーンがあったりするのですが・・・矛盾なんか考えずに楽しみましょう(爆)。


【ペップトークの見所】

ちょこちょこ面白いペップトークがいくつか出てくるのですが・・・

今回の私のお気に入りは・・・

前回に続いてまたも登場の、カウンタックを操る美女二人組。

今回は途中でカウンタックが故障したため、レースに参加していたチェリーボーイを逆ナンパして一着にはなれなかったもののなんとか往路を乗り切った。

で、復路優勝にむけてチェリーボーイにペップトーク

Chapter:31 1:41’38”~






↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *