海外のダンス映画ランキングで発見した作品です。

他のダンス映画ランキングでは見かけないタイトルだったのですが・・・

いやぁ、なるほど・・・高い評価をしている理由が頷ける作品でした。

ホワイトナイツ白夜 [DVD]
イザベラ・ロッセリーニ,グレゴリー・ハインズ,ミハイル・バリシニコフ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

母国ソ連を捨てアメリカに亡命して世界で活躍するバレエ・ダンサーのニコライは、ロンドン公演を終え日本公演に向かう途中のソ連上空で、乗っていた旅客機がトラブルを起こしてソ連の飛行場に不時着。

ニコライはソ連でも有名なダンサーだが、祖国を捨てて亡命したため犯罪者扱いであり、KGBの監視下に。

彼の監視役になったのは、ベトナム戦争で祖国に反感を持ってソ連に来たアメリカ人のタップ・ダンサーのレイモンド。

芸術のため自由を求めてソ連を捨てたニコライと、母国の政治に反抗してアメリカを捨てたレイモンドは当初は反発しあうのだが、一緒にダンスの練習をするうちにお互いに理解しあっていく。

再度の亡命を企てるニコライとそれを監視する立場にあるレイモンドだが、レイモンドのソ連人の妻が妊娠したことにより、レイモンドもアメリカへの脱出を決意するが・・・

【ペップトークの見所】

最初はサスペンスものなのだか、ダンス映画なのだかわからないスタートでしたが、色々な要素が絡み合って、とても楽しめる一作でした。

バレエとタップダンスのコラボレーションってのも面白いですけど・・・

それ以上にニコライとレイモンドの友情が素晴らしいです。

ぐっときますね。

そんな彼らの心が通じ合いはじめたキッカケ???

KGBの監視化にありながら、トレーニングに励むニコライが、監視役のレイモンドが練習をしなくなったことに対してハッパをかけます。

Chapter:17 1:28’00”~






↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD