映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:
この映画がヒットしたオイラの青春時代に・・・

オイラはディスコやダンスに全く興味が無く・・・

ってか、貧乏学生だったからそんな余裕もなく・・・

洋楽は好きだったから、ロックやソウルは聞いていましたが・・・

そんなこんなで、出てくる曲は懐かしいのですが、同世代を生きながらディスコやダンスに対するリアリティが全くないオイラなのでございます(笑)。

サタデー・ナイト・フィーバー [DVD]
ジョン・トラボルタ,カレン・リン・ゴーニイ,バリー・ミラー
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★☆☆☆

【ストーリーと背景】

昼間はブルックリンの塗料店の販売員をしているトニーだが、週末はオシャレをしてディスコにでかける。

そこでの彼はまさにキング。

よりつく女、言い寄る女、寝たがる女も多いがトニーの頭の中はダンスコンテストで優勝すること。

欲しいのは寝る相手ではなくダンスのパートナー。

そこに現われたのがインテリで美人のステファニー。

ちょっと知的ではあるが鼻もちならない女・・・でもダンスのセンスは抜群。

なんとかステファニーにダンスのパートナーを引き受けてもらうことはできたものの、トニーの家庭内の問題や友人たちとの問題でコンテストを前にして混乱状態となり、ステファニーとの信頼関係にもヒビが入るのだが・・・


【ペップトークの見所】

なんかね~・・・

オイラにはこの映画がヒットした理由や、いまだにダンス映画としての評価が高い理由がよくわかりません・・・

ん~・・・???

他のダンス映画は、ダンスにあまり興味の無いオイラでも入り込めたのですが、この映画は主人公のトニーに対してもステファニーに対しても共感できませんでした。

まぁ、共感できるようだったら学生時代にディスコ狂いしてたのかも・・・その辺で妙な違和感やギャップ(おいてけぼり感・・・笑)のある映画でした。

とりあえずペップトークに関しては、

神父をやめた兄が家を出て独立する際に弟トニーに向けて

「自分が正しいと思うことをやれ」
「人が敷いたレールを歩むな」
といった励ましの言葉を残します。

Chapter:14 1:11’45”~






↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。