映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:
男の子を持つお父さん・お母さんには必見の映画です。

この映画の存在は、ブログを書きは始めた時から、レンタルDVDショップの店頭で見かけていたので知ってはました・・・

だからオイラのスポーツ映画リストの上の方に記載もされていたのですが・・・

なんで2年も放置プレイだったかというと・・・オイラがダメダメ人間なので、自分自身に向かって黙々と挑戦し続けるスポーツ・・・つまり記録を争うような個人競技にはあまり共感できなかったからなのであります。

どっちかっつうとゲーム性のあるチームスポーツの方が好きなんですね~。

あ、でもゴルフは好きだな・・・

って、結局は自己矛盾に気づき、ここのとこ陸上競技の映画を観て感動したりしていたので、ようやくこの「リトルランナー」を観る気になったわけです。

で・・・

なんで、もっと早く見なかったんだろう? って自分の愚かさに呆れました。

後半は涙ボロボロ、鼻水ジュルジュルで・・・・

ティッシュで鼻水ぬぐって、涙拭いてって、えらく汚い顔しながら観たのでありました。

リトル・ランナー [DVD]
アダム・ブッチャー,キャンベル・スコット,ゴードン・ピンセント
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆

【ストーリーと背景】

舞台は1953年のカナダ。

ラルフはキリスト教の学校に通う14歳の少年で、ちょっといたずらっ子でいじめられっ子。

懺悔室で自分のオナニーを神父さんに話したことが全校に広まったり、プールで女子更衣室を覗いていたのがバレたり・・・

そんなラルフは父親を戦争で亡くし、母親は不治の病で入院中。

校長はそんなラルフを不憫に思いながらもラルフの奇行には手をやいている。

しかし、母親が昏睡状態になったことからラルフは奇跡が起こることを信じ始め、自分がボストンマラソンで優勝すれば母親が回復すると思いこむ。

元ランナーだったヒバート牧師がコーチとして支援しはじめるが、校長はもしボストンマラソンに出場するならラルフは退学、牧師も資格剥奪と脅しかけ・・・

【ペップトークの見所】

この映画にも「ドリームキラー」と「ドリームサポーター」の存在が明確に描かれています。

まずは「ドリームキラー」の校長先生。
ラルフの身よりを案じ、もしも母親が快復せずに一人になったとしても大丈夫なように受け入れを準備してはいるのですが・・・

「身の程を知らせるのが教師の義務」と言って、ヒバート牧師に対してラルフのマラソンのコーチをやめさせようとしたり、夢を持つことや奇跡を起こすといったことに対して否定的な言動ばかりです。

しかしヒバート神父は終始「ドリームサポーター」としての態度を貫き、最後は失職覚悟でボストンまで応援に駆けつけます。

他にも、病院の看護婦さんやガールフレンドなど、多くのドリームサポーターが回りでラルフを応援しますが、その誰もに共通していたのは「ラルフは奇跡を起こす」ということ。

本人が夢を信じて貫く姿勢も大切ですが、回りもそれを信じて応援できたら素晴らしい人間関係が生まれると思います。

で、この映画では親友のナイスなペップトークが出てきます。

Chapter:09 1:10’12”~

校長からボストンマラソン出場を咎められ、大会直前に火災で自宅を焼失してしまったラルフは、大会出場への意欲も無くしてしまうのですが、そんなラルフに対して本当に短いメッセージでやる気を取り戻させます。

友達のペップトーでは、私が観た映画の中でも最も秀逸なひとつだと思います。

【男の子を持つお母さんたちへの私からのメッセージ】

この作品の前半で、ラルフのオナニーに関するエピソードがコミカルに描かれています。

でも、ラルフが異常なのではなく、男の子ってこんなもんです。

できれば、ダンナさんと一緒にこの映画を鑑賞して、男の子の生理について情報を共有していただければ・・・と思います。






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。