裸の銃(ガン)を持つ男

テーマ:
(The Naked Gun/From the files of Police Squad! )

何でこの映画がリストにあったのか、さらに、何でこの映画をれんたるDVDで借りてきたのか、全然記憶が定かではありません。

orz ・・・ではなくアルツです(爆)。

ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆


【ストーリーと背景】

敏腕なのだか天然ボケなんだか分からないが、仲間からは評価が高い刑事のフランク。

ベイルートでの事件を解決して戻ってみると、極秘捜査中だった仲間が敵の銃弾を浴びて入院。

彼が掴んだ情報を暴くべく乗り出すフランクだが、同時期にアメリカを訪問する予定の英国女王がテロリストに狙われているという情報が入り・・・

【ペップトークの見所】

アメリカでは評価の高いコメディなのだそうです。

なるほど・・・と思えるのは、筋書きがしっかりしていて、その進行に併せて「ドジ」「いたずら」「ギャグ」「シャレ」「ブラックジョーク」「下ネタ」など大ネタ・小ネタがちりばめられていてリズムがあるというか・・・きっと、アメリカのコメディ映画の教科書というかお手本みたいになっているんでしょうね。

理屈抜きに楽しめました。

で、肝心のペップトークはというと

Chapter:26 1:18’55”~

敵の催眠術にかかってフランクを殺害しようとする恋人のジェーンに対して、フランクが催眠を解くかのように彼女の潜在意識に語りかけるセリフ。

厳密にはペップトークではないのでしょうが、潜在意識に働きかけるという意味ではペップトークに相通じるものがあると思いました。

まぁ、コメディの締めくくりにこんなセリフが出てくるところがアメリカ映画の素晴らしいところなんでしょうね。

この部分のセリフだけ切り出したら純粋なラブロマンスだもん。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

AD