旅するジーンズと19歳の旅立ち

テーマ:
The Sisterhood of the Traveling Pants 2

以前に紹介した「 旅するジーンズと16歳の夏 トラベリングパンツ」の続編です。

旅するジーンズと19歳の旅立ち [DVD]
アンバー・タンブリン,アメリカ・フェーレラ,ブレイク・ライブリー
ワーナー・ホーム・ビデオ
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆

【ストーリーと背景】

あれから3年が過ぎ、高校を卒業した4人組はそれぞれの道を歩みはじめる。
カーメンは演劇の舞台裏の仕事をするつもりだったのが、俳優の男の子に才能を見いだされて演じる側のオーディションを受けることに・・・そしてその男の子と付き合いはじめる。

ティビーは映画制作のためにニューヨークに留まるが、彼氏との間で予想外の問題が発生。関係を続けることに悩み始める。

ブリジットは大学に入ってもサッカーを続けるが、母の死と向き合うためと自分自身の進路を求めて、遺跡発掘の現場で考古学を学ぶためにトルコに旅立つ。

リーナは美術学校に進むが、デッサンのモデルに来た男の子に一目ぼれ。その男の子もアーティストを目指しており意気投合。そこに結婚してあきらめたはずの元カレが現われ、実は結婚が破談になっていたということを知りリーナは混乱する。

そしてジーンズは・・・

【ペップトークの見所】

前作に比べると、イマイチという評価のレビューも多いようですが、そりゃあストーリーの発想のインパクトは第一作にはかないませんけど・・・内容はこっちも素晴らしいと、オイラは感じたのでありました。

3歳大人になった分、それぞれの悩みも奥が深くなってるし、それぞれ自分が目指す道がはっきりしきたからこそ、悩みも多くなっていたり、忙しくなってきたことで疎遠になり、それが4人の間で問題になったり・・・

ごく普通にありそうな、女の子なら普通に起こりそうなテーマを見事に描いていると思います。

そういう意味では娘を持つお父さんお母さんには必見の映画ですね。

個人的には前作に比べて、ブリジットのサッカーシーンが少なかったことが残念。

ペップトークもさまざまなシーンでさまざまな形ででてきます。

Chapter:06 0:28’20”~
Chapter:10 0:47’52”~
考古学の先生がブリジットにアドバイス・・・この言葉が後にブリジットの自分発見に繋がる布石になています。そういう意味ではブリジットにとって、人生転機のペップトークとなったのではないでしょうか?

Chapter:17 1:16’00”~
母親の死を乗り越えられないブリジットに、おばあちゃんがその背景にかくされていたブリジットのパパの献身的な態度を告白。ブリジットのパパに対する誤解をといてあげるシーン。

Chapter:19 1:25’23”~
妻の死から娘ブリジットとの関係までギクシャクしてしまっているパパを、真実を知ったブリジットが励ますシーン。

スポーツの試合前のペップトークとはちょっと違いますが、ペップトークを学ぶと、生活のあらゆるシーンで周囲の人を励ます、心に響くメッセージを伝えることができます。

この映画にはブリジット以外にも、カーメンを励ますティジーやリーナを励ます皆の暖かい言葉・・・生活の中にあるペップトークが沢山でてきます。

そんな観方をすると、もう一度楽しめるので、以前にご覧になられた方も、再度お楽しみください。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

AD