映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:

まぢで忙しくって、まるまる一週間以上、映画(DVD)を観る時間がまったくありませんでした(涙)。

先日紹介した「フラバー」の原作です。


フラバー うっかり博士の大発明 [DVD]/フレッド・マクマレイ,ナンシー・オルスン,キーナン・ウイン

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント




ペップトーク度(最高★×5):★★★☆☆
映画オススメ度(最高★×5):★★★☆☆


【ストーリーと背景】

ネッド・ブレイナード教授はカレッジで科学を教えているが、実験や研究に夢中になると恋人ベティとの結婚式さえも忘れてしまう、うっかり者。

そのベティとの3度目の正直の結婚式の直前に、実験に失敗して研究室は大爆発。

気を失ってしまい3度目の結婚式にも遅刻してしまったネッドだが、そのときに偶然生まれたのが反重力エネルギーを持つ、不思議な物体「フラバー」。

借金返済が滞り、大学が無くなってしまうかもしれない危機を乗り越えるため、教授はフラバーの権利を売ろうとするが、陸・海・空軍から狙われ、大学に債権を持つ悪徳金融業者からも狙われ、恋人までも奪われるのだが・・・


【ペップトークの見所】

旧作と新作のどっちが良いかという比較議論をするつもりはありません。
ってか、どっちにもそれぞれの良さがあります。

だって、当然のごとく、リメイクだからこそ原作にはなかった新しい発想や設定(例えば、教授のメイドが新作ではロボットになっていたりとか)があるのですが、逆に旧作のこんなに面白いシーンを、なんでリメイク版では使わなかったのだろう・・・という部分もあったりするのです。

なので・・・両方お楽しみください。

事実、私はこの作品を観終わった直後に、新作の方ももう一度観ましたもの。


で、肝心のペップトークですが、ラトランド大学とのバスケットの試合のハーフタイム
監督のペップトーク~教授のペップトーク  とその繋ぎが絶妙です、

Chapter:05 0:35’17”~

そしてもう一つ・・・
これは前回のブログで紹介し忘れたシーンですが、もう一度観直して思い出したというか、もう一回涙腺が壊れたシーンです。
(リメイク版の方のことですよ)

Chapter:15 1:16’15”~





で、動画を探していたら新たなる発見。
1988年に(前回紹介したのは1997年作品、今回のは1961年作品)
もう一つリメイクがあるぢゃん。


あれれ?1963年にはフットボール版???


調べてみたら
”Son of Flubber”「フラバァ・デラックス(新フラバー)」
というのが映画化されてたんですね。
(どうやらVHS化はされていないもよう・・・残念)



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。