(The Bad News Bears Go To Japan)


「がんばれ!ベアーズ」シリーズの3作目で、日本上陸頂上対決です。


キンちゃん(萩本欽一)若い~♪


アントニオ猪木も若い~♪


って、1979年公開作品だから当たり前か・・・。


がんばれ!ベアーズ大旋風-日本遠征- [DVD]/トニー・カーティス,ジャッキー・アール・ヘイリー,若山富三郎
パラマウント ジャパン

「がんばれ!ベアーズ」シリーズで過去に紹介した作品はコチラ

がんばれ!ベアーズ
(The Bad News Bears)/1976年作品
がんばれ!ベアーズ 特訓中
(The Bad News Bears In Breaking Training)/1977年作品
がんばれ!ベアーズ ニューシーズン
(The Bad News Bears)/2005年(1976年作品のリメイク)


ペップトーク度(最高★×5):★★☆☆☆
映画オススメ度(最高★×5):★★☆☆☆


【ストーリーと背景】

前作のアストロドームでの全米ナンバーワンに輝いたベアーズは、日本のナンバーワンチームと対戦・・・するはずが、スポンサーがつかず難航。

それに目をつけた破産寸前のエージェントのマーヴィンが、ベアーズや周囲のテレビ局・スポンサーまでも騙して遠征を決行。

日本での練習試合でベアーズが大敗したことからスポンサーにもそっぽを向かれ・・・

【ペップトークの見所】

まぁ、この映画に関する批評は・・・やめておきます。
ちょっと、路線を踏み外しちゃいましたねってことだけ書いておきます。

そのおかげで、ペップトークもイマイチなんですが・・・

Chapter:08 1:12’38”~

シナリオ的には、まともなペップトークなんですが、なんか半分は子どもたちを騙すような内容だし、それに気付いている子どもも一人いたので(笑)

これはストーリー上、必要なスピーチなので、その良し悪しを評価することはできませんが…

ペップトークのシナリオに必要なメカニズムという意味では、相手をその気にさせることができたのだし、そうなる仕掛けがスピーチの中にあったので、ペップトークのシナリオやメカニズムのお勉強という意味では○ですね(笑)。





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD