映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:

このところ・・・うちのおくさんがアロマ・タラピストの試験を受けるとかって夜な夜な勉強をしだしたので、なかなか一緒に映画を見る機会がありませんでした。


でも、試験が終わってひと段落したので、久々に一緒に映画でも・・・って話になり


映画館に行ったわけではありませんが、家で一緒にDVDを鑑賞しました。


この作品は元々、ロードショーで一緒に観ようと言っていたのに観れなかったので。


シャーロック・ホームズ [DVD]/ロバート・ダウニーJr.,ジュード・ロウ,レイチェル・マクアダムス

ワーナー・ホーム・ビデオ

以前にも書きましたがロバート・ダウニーJrは、「アリー・マイ・ラブ」の4・5シーズンでアリー(キャリスタ・フロックハート)恋人役で出演していて好感度を持った俳優さんでして・・・


アイアンマンに主演してびっくりした(アリーの恋人役とは全く雰囲気が異なるので・・・)のですが、それ以来、出演作は要チェックの俳優さんとなりました。


過去に紹介したロバート・ダウニーJrの出演作は


1969」(1988年公開作品)
ジョニー・ビー・グッド」(1988年公開作品)
ライフ・イズ・ベースボール」(2005年公開作品)




ペップトーク度(最高★×5):★★★☆☆
映画オススメ度(最高★×5):★★★★☆


【ストーリーと背景】

1981年のロンドン。
若い女性を狙う連続殺人と黒魔術(?)の不気味な儀式に、警察も手を焼いていた。
天才的な頭脳、超人的な観察力・記憶力・推理力を持つシャーロック・ホームズは私立探偵として事件解明に取り組む。

ホームズは武術も達者であり、盟友で医者のワトソンとともに犯罪を科学的に論理的に追い込んでいくのだが・・・唯一の弱点は女性???

ホームズとワトソンの2人で事件を解決し、死刑に追い込んだブラックウッド卿が墓から甦り・・・

敵に弱みにつけ込まれて窮地に陥るのだが・・・

【ペップトークの見所】

この手の推理・ミステリーものって、うちの奥さんは不得意というか・・・はっきり言って拒絶するのですが、この作品は2人して一挙にというか、引き込まれてしまい、緊張と興奮を持続したまま観終わってしまったって感じです。

時代背景、事件の設定や画面の色彩など全体的に暗い雰囲気なのですが、登場人物のジョークやユーモアなどが、それを感じさせない・・・素晴らしい演出と演技ですね。

続編って作るのかな?
是非とも・・・って期待したいところです。

で、ペップトークですが・・・
ホームズは言葉巧みに自分のペースに周囲の人を巻き込むのが得意なのと、あとは自問自答的な会話が多いので、人を励ます・・・なんてシーンはあまりないのですが・・・

死刑に追いやり、死刑に立ち会って死を宣告したにも関わらず、謎の復活を遂げたブラックウッド卿の真相を追うことに躊躇しているワトソンに対して、ホームズが決意を喚起するシーンがあります。

Chapter:08 0:36’22”~





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。