映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:

ウォルト・ディズニーの大ヒットミュージカル映画「ハイスクール・ミュージカル」のザック・エフロン(Zac Efron)主演の作品です。


・・・こんな作品があるの知らなかった。


2009年公開だって。


思春期の娘・息子を持つお父さん、特に子どもとの付き合い方で悩んでいるお父さんには必見の映画です!

セブンティーン・アゲイン 特別版 [DVD]/ザック・エフロン,レスリー・マン,トーマス・レノン


ワーナー・ホーム・ビデオ



ペップトーク度(最高★×5):★★★☆☆
映画オススメ度(最高★×5):★★★★★


【ストーリーと背景】

1989年、17歳の高校生マイクはバスケット部のスター選手で校内の人気者。

全額奨学金での大学推薦入学が決まるという、大学バスケット部のスカウトが見に来ている試合の開始直前に校内No.1美人の恋人スカーレットから妊娠を告げられ、大学進学を放棄して結婚

…したまでは良かったが、20年後、うだつの上がらないサラリーマンとなり出世コースには乗れず、家庭も崩壊し、大学をあきらめて結婚したことを後悔している。

そんなある日、マイクは自分の守護霊によって17年前の肉体を手に入れる。

もう一度、人生をやり直そうと思って戻った高校には、自分の娘と息子が通っている。

息子はイジメの対象になっているし、娘は息子をイジメている不良と付き合っていて卒業したら結婚すると言っている。

妻から突き付けられている離婚の調停は迫っているし、子どもたちの問題は解決しなければならないし、せっかく17歳の肉体を取り戻したのにマイクは人生を、青春をとりもどせるのか…

【ペップトークの見所】

オイラの子ども3人(長女:大学4年/次女:大学2年/長男:大学1年)は反抗期が終わったので、ひと段落しましたが、その時期の接し方には神経をすり減らしました。

今では、娘とも息子とも良好な関係を保っておりますが、息子はオクテだったこともあり、昨年の大学受験時期にはまだ反抗期が終わっておらず、かなり険悪な関係でした。

娘たちとも仲良くしていますが(MIXIでお互いマイミクになってて、お互いの日記を覗いたりRES付けたりしてる馬鹿な親子って少ないかもしれませんね)…それでも、かなり気を使ってますね。もっと肩のチカラを抜いて付き合えるといいんだけど。

そんなパパのジレンマ(自分の想いが子どもたちに伝わらない)が良くわかる映画です。

ドリームサポーターとして、子どもたちとどう向き合うかを考えさせられた映画でした。

で、肝心のペップトーク

バスケットの試合でのペップトークは17歳のときの試合前と、20年後の再度同じ状況で、監督からマイクへのペップトークがあるのですが・・・それより素晴らしいがコレ。

Chapter:17 1:08’56”~

SEXを拒んだことでボーイフレンドに捨てられた娘を励ますパパ(といっても、17歳若返っているので娘は知らない…だから友達としてのアドバイスなんですが)

かなり心に響きました。





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。