映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:

別題:When I Fall in Love


VHS発掘シリーズのアメフトシリーズ第9弾です。


第1弾:クォーターバック(The Program)
第2弾:スーパー・タッチダウン(Necessary Roughness)
第3弾:リトル・ジャイアンツ(Little Giants)
第4弾:タッチダウン(Semi Tough)
第5弾:クォーターバック・プリンセス(QUARTERBACK PRINCESS)
第6弾:ジョニー・ビー・グッド(Johnny Be Good)
第7弾:ブライアンズ・ゾング(Brian's Song)
第8弾:熱き瞳のままに―炎のタッチダウン(UNCONQUERED)

熱き愛に時は流れて(字幕) [VHS]/ジェシカ・ラング,デニス・クエード,ティモシー・ハットン
映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)-熱き愛に時は流れて

ワーナー・ホーム・ビデオ

ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度(最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

始り方が実話っぽいのですが…詳しいことはわかりません。

1956年、ルイジアナ大学のアメフト部タイガースをシュガーボウル優勝に導いたギャビン・グレイは2度のオール・アメリカンの選出されたスター・プレイヤーで「グレイ・ゴースト(走る幻影)」のニックネームで親しまれていた。

ガールフレンドはマグノリア・クイーンのバブス・オジャース。誰もがうらやむ美男美女のカップル。

そして、ギャビンが可愛がっていたのが同じ大学に通う甥のケーク。3人はいつも仲良く行動していた。

ギャビンはドラフトでプロに進み、バブスと結婚。ケークは大学教授を目指して研究に励むのだが、ギャビンは遠征も多く、バブスは淋しい思いをするようになり、ケークが心の支えとなることもある。

そんな信頼関係から…

【ペップトークの見所】

アメフトの試合のシーンもリアルだったり、盛り上がるシーンも多いのですが…基本的に恋愛ドラマです。

でも、チームメイトやライバル、甥のケークとの人間関係や事業パートナーとの確執など、人間関係が深く描かれており、とても楽しめる映画です。

ステキなペップトークももちろんあります。
試合時間残り30秒…一発逆転がかかるラストプレイでギャビン・グレイの仲間へのペップトーク
 0:28’30”~


ごめんなさい。英語版・日本語版はみつかりませんでした。
でも…ハイライトシーンのひとつなので、コレでお許しくださいまし。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。