なんだか、とっても不思議な映画でした。

テニスで検索してて、ひっかかった映画なのですが…登場人物(家族のひとり)に元プロテニスプレイヤーがいるってだけで・・・スポーツの映画ではありません。

主演がジーン・ハックマンってのに惹かれました。


ザ・ロイヤル・テネンバウムズ [DVD]/ジーン・ハックマン. アンジェリカ・ヒューストン. ベン・スティラー. グウィネス・パルトロウ...
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

ペップトーク度 (最高★×5) :☆☆☆☆☆
映画オススメ度(最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

主人公ロイヤル・テネンバウムズは有能な法律家だった。
35歳で家を購入し3人の子ども(一人は養女)に恵まれたが、妻エセルに誠実さに欠けるといわれ別居することに・・・。
エセルは3人の子ともを熱心に育て、長男はやり手の実業家に、娘は劇作家に、末っ子はプロテニスプレイヤーとなり彼女自信もテネンバウムズ家のことを書いた「天才一家」がベストセラーになることで名声を得たが・・・22年を経過して、家族はバラバラになっていた。

そこに戻ってきたロイヤル・テネンバウムズは失われた家族の時間を取り戻そうと、あの手この手で交流を深める画策をするのだが・・・。

【ペップトークの見所】

ん~???
なんだか、淡々と話が進んで・・・
ペップトークはありませんでした。
m(__)m

あ、映画としては、決して悪くはないのですが・・・
ペップトークは出てこないってだけです。




* * * * * * * * * * * *

ペップトークとキーワードについて、もっと知りたい方はコチラ

心に響くコミュニケーション ペップトーク/岩崎 由純

¥1,680
Amazon.co.jp

↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

AD