ザ・ロック主演の「ギャングスターズ 明日へのタッチダウン」とは違います。

ロック主演のはコチラ

この作品は、ロビン・ウィリアムズとカート・ラッセルの共演作です。

1986年の作品なので・・・

二人とも若い・・・

明日へのタッチダウン [DVD]/ロビン・ウィリアムズ,カート・ラッセル,パメラ・リード

映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)-明日へのタッチダウン



ペップトーク度 (最高★×5) :★★☆☆☆
映画オススメ度(最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

13年前、負け続きのフットボールチームに有望なクォータバックのレノが入団し、チームは快進撃を続ける。

最終戦でリノのラストパスは、逆転タッチダウンに繋がる・・・かと思いきや、ワイドレシーバーのジャックがファンブル。

しかも、レノは最後のプレイで怪我をして復帰できなくなる。

13年間、二人の心にしこりを残したまま、結婚して生活を続けるが・・・どこかにくすぶり続けるものがある。

ジャックは、現役復帰して、過去を清算しようと企てるが・・・



【ペップトークの見所】

アメフト映画としては、まあ・・・面白いのですが・・・

超感動!

というシーンはありませんね。

アメフト映画なので、ペップトークシーンはちゃんと出てくるのですが・・・なんだかパロディっぽい。

ハーフタイムの監督のペップトーク
Chapter:11 1:18’39”~



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

AD