すみません。


2週間近くもお休みしてしまいました。


ペタをつけてくれたみなさま・・・ペタ返しもできなくてごめんなさい。


ブログを更新していないのに覗きに来てくださいましたみなさま、ごめんなさい。


ホントに多忙で・・・映画もDVD見る暇もなく・・・仕事に没頭しておりました。


で・・・、久々のペップトーク映画のリポートは、やっぱりアメフト。


イヤー・オブ・ザ・ブル [DVD]


ペップトーク度 (最高★×5) :★★☆☆☆
映画オススメ度(最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

高校生活の全てをアメリカンフットボールに懸けた青年トーレーンのドキュメンタリーです。

母子家庭に育ったトーレーンは、奨学金で大学に進学することを目指すが、成績はあまり良いわけではなく、それでも大学推薦に必要な基準を満たすために勉強も頑張る・・・

謙虚な一面と傲慢な一面、若者ならではの葛藤もあり、作られすぎた映画のストーリーとは異なる新鮮さがあります。

でも、その反面、ドラマティックな要素や演出には欠けますね。

アメフト映画というと、主役はクォーターバックが定番ですが、この映画の主人公トーレーンはクォーターバックサック(パスを出そうとするQBを潰す)が得意な選手というのも見所。


【ペップトークの見所】

ドキュメンタリーなので、ペップトークシーンも沢山でてきます。

Chapter:03 0:16’06”~

Chapter:06 0:36’26”~

Chapter:07 0:40’23”~

Chapter:07 0:44’24”~(ポストコンペティショントーク)

Chapter:09 0:56’49”~(モチベーショナルスピーチ)

Chapter:10 1:05’36”~

Chapter:10 1:09’08”~



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

AD