映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:

タイトルからして、香港映画だと思っていたら、レッキとしたハリウッド映画でした。

評価は賛否両論あるみたいですけど・・・

個人的には、ナンセンスなコメディって大好き。



燃えよ!ピンポン [DVD]

/ダン・フォグラー,クリストファー・ウォーケン,マギー・Q





ペップトーク度 (最高★×5):★):★☆☆☆☆

映画オススメ度(最高★×5):★★★):★★★☆☆


【ストーリーと背景】



主人公のランディ・デイトナは、少年時代に天才と騒がれオリンピックにまで出場したが、そのオリンピックの本番でメダル獲得直前に父親の賭博が原因でその後の人生はまっさかさま。
場末のホテルのショーでピンポン芸を見せることで生計をたてていたが、そこへ拳銃密輸の親玉フェンを追いかけているFBI捜査官が現われフェンが主催する、卓球賭博に潜り込む協力を依頼される。
フェンの大会に出場するために、デイトナはフェンの卓球の元師匠であるワン老師の下で体と技を鍛えなおす。
裏社会での試合実績で、フェンの大会への招待状が届くが・・・


【ペップトークの見所】



特撮なのか、実写の早回しなのか、CGなのか・・・映画の撮影技術には知識が無いジジイなおでわかりませんが・・・

ホテルのショーでやるデイトナの芸(技?)とか・・・

ワン老師の姪っ子マギーがひとりで4人の生徒相手に対戦しているシーンとか・・・

すごいね。

フォレスト・ガンプでもトム・ハンクスが数個のピンポン球をお手玉のように一本のラケットで連続壁打ちしてたけど、福原愛ちゃんとかも、こんなことできるのかな?

コメディ映画なので、スポーツが題材とはいえ気の利いたペップトークはでてきません。

・・・が、スポーツ指導の現場で使えそうなフレーズを発見!

Capter:05 1:06’20”~

「真の卓球はトロフィーのために戦われるのではない。」

前後にギャグやオチがあって全部を使えるわけではありませんが・・・このフレーズはイロイロ使えると思いませんか?


↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。