ロッキー5(Rocky V)

テーマ:

駄作とのレッテルを貼られているようですが・・・私はシリーズ最高傑作だと思っています。


スポーツ映画の新しいネタがないと、ついつい頼ってしまう・・・ロッキーです。


その頼みの綱も残り2作・・・


新ネタが欲しい親父です。


このブログをお読みのみなさん・・・オススメのスポーツ映画をございましたら是非コメントでご紹介ください。


m(__)m



ロッキー5 [DVD]




ペップトーク度 (最高★×5):★★★☆☆
映画オススメ度(最高★×5):★★★★☆


【ストーリーと背景】


前作でドラゴに辛勝したもの、年齢的な問題や脳障害の発覚・エイドリアンの反対などもあり、現役引退を決意したロッキー。
ところが、ロッキーの会計士が不始末を犯してロッキーは全財産を失う。
トレーナーとして活路を見出そうとするロッキーの前に一人の有望な新人トミーが現れる。
トミーの執拗なアプローチに、ロッキーはトミーを育てることを決意。
弟のようにかわいがり、自分の持っていた経験・技術・知識すべてトミーに授けようとするが、快進撃を続けるトミーには「ロッキーのロボット」という評価。
ロッキーを慕って門をたたいたトミーだったが、タイトルマッチを「まだ早すぎる」と言って組んでくれないロッキーに対して不安を持ち始め、ロッキーの元を去ってゆく・・・

【ペップトークの見所】


興行的に振るわなかった・・・それは事実であり、大衆に支持さなかった=映画を作る側からすると失敗のでしょう。
特にアメリカの人たちの多くは、トミーを世界中のTVで放送されているリングの上でぶちのめすことを期待していたのでしょう。
私は個人的にストリートファイトでカタをつける、ってのは意外性もあったし、本来のロッキー(って、私の中にあるロッキー像ですが)しくて好きです。
シリーズ最高傑作だと思っています。

で、肝心のペップトーク

試合中にリングで弱気になっているトミーに対するロッキーのペップトーク
Chapter:10 0:54’00”~

「英雄と臆病者の違いはひとつだ。英雄はいざというとき捨て身になる・・・」

(ネタばれになるので、あとは本編を見てご確認ください。)



【ロッキーの過去記事】

ロッキー(Rocky)

ロッキー2(Rocky II)

ロッキー3(Rocky III)

ロッキー4(Rocky IV)

↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ