sola ~その6~

テーマ:


sola6


■毎週月曜日 23:00~23:30

■tvk他

■おすすめ度: ☆☆☆☆


第6話 「イケニエノチ」


末莉の夢から物語は始まる。

「もしかしたら、末莉を空の下へ連れ出せるかもしれない!」

この二人は、一緒に青空の下に立つという共通の夢を共有していて、かなり絆が強まってきている。もし、ここに蒼乃お姉さんが依人のことを大切に思っているのなら、たぶんきっと衝突するだろうなぁ・・・

昨晩、剛史は末莉にやられた腕を医者にみせにいくと、壊死にも似た状態であることがわかる。

依人は、とうとう蒼乃に末莉を紹介することに決めたんだけど、なんて紹介するかについて真名から恋人が一番いいとアドバイスを受ける。たぶん、それが一番やばいんじゃないかなって思うんですけど・・・

夜、二人でお日様のにおいの布団の上で、末莉は依人に「キスしよっか?」と誘う。ドタバタする依人に、冗談だといって去るんだけど、結構本気だったような・・・

蒼乃の名前を口にした瞬間、末莉は何か思い当たることがあるような顔をする。

次の日は雨になり、末莉は蒼乃の病院へ行くんだけど、蒼乃は熟睡中で仕方なく帰ることにする。

帰る途中、歩いて帰ると依人たちと分かれた末莉は、電車の操車場へ。

そこには・・・・

蒼乃がいたのだった。

電車の中で、蒼乃は末莉に自分は力を使いすぎたため入院してしまったこと、不老不死の夜禍人(ヤカビト)はそれくらいしか入院する理由がないこと、つまり蒼乃も末莉と同じであることがわかる。


その頃、家では依人と真名がすき焼きに白菜を入れるかどうかという些細なことでけんかしていた。


さらに!


その後ろから現れたのは蒼乃姉さん。帰ってきたのだった。依人もこれでエロイことができないねっていう末莉の一言で大混乱に陥る。布団の上での出来事を話すんだけど、余計裏目に出てしまい真名たちは完全に勘違いをして帰って行く。


その夜、末莉と依人は学校の屋上へ向かう。そこでの依人の絶対に空を見せてあげるという言葉に感動する末莉。


夜禍は人が忌み嫌う存在、だから一人で生きていかなければならないのだ、と。


末莉は、突然依人にキスをし、「だからからかってないっていったでしょう?」って言い残した後消えてしまったのだった。


おそらく、蒼乃と末莉が夜禍人であるということ、そして依人の存在がまだ秘密だけど重要になってくるんだろうな。


剛史さん・・・・

オカカ味のカカオとカカオ味のオカカ

どっちも食べたくないです・・・・最低・・・


sola color.I (初回限定版)
¥6,143
Amazon.co.jp

sola I (通常版)
¥4,568
Amazon.co.jp


AD


haruhi14

■毎週月曜日 25:15~25:45

■tvk他

■おすすめ度: ☆☆☆☆


第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」


とうとう最終回となってしまいました。


宇宙人、未来人、エスパー少年に混じってキョンはなぜ涼宮ハルヒを中心とした輪に入っているのか、改めてみんなが疑問に思うようなことを口にする。


クラスメートの谷口に聞いても、キョンはやっぱり普通でないようだ。でも、キョン・・・・


長門有希がキョンに相談を持ちかけ、突如持病の貧血で倒れてしまうなんて嘘はすぐにばれてしまうぞ。もうちょっと気の利いた嘘をつかないとね~


キョンは部室で「mikuru」フォルダ内のみくるちゃんの胸の星形のほくろを確認していたのだけれど、突如後ろにみくるちゃん登場!!


「なんでここの自分の名前があるの?」という至極ごもっともな質問とともに、マウスを奪おうとするみくるちゃん。


胸が当たってますよ・・・


目が覚めると、突然キョンとハルヒは校庭の真ん中で寝ていた。


閉鎖空間のど真ん中へ突き落とされたのだった。


校舎の外へは出られず、電話も通じない。そりゃそうだよね~・・・


校舎を探検してくると言い残し、キョンは出て行ってしまった後そこへ古泉が人間の姿ではなく、赤い物体として現れる。


何でも、ハルヒは現実世界に飽き飽きし、新しい世界を創造することに決めたそうだ。この閉鎖空間はハルヒが構築した場所で2人しかいない状況らしい。


みくるちゃんと有希からの伝言


みくるちゃん「ごめんなさい」


有希「パソコンの電源を入れるように」


さっそくキョンは、パソコンの電源を入れるがもとの世界に戻るキーワード「sleeping beauty」を残し消えてしまう。


そこへ突如校庭で、ディダラボッチ巨人が現れ、建物をぶちこわし始める。


本の世界に戻りたいというキョンに対し、ハルヒはこの世界にとどまりたいという。


巨人が2人をつぶそうとした瞬間、キョンは、「俺、ポニーテール萌えなんだ。いつだったかおまえのポニーテールはすごく似合っていたぞ」と突然いうと、ハルヒにキスをする。これが白雪姫ということだったんですね。


次の瞬間、もとの世界に戻ってくることができた。SOS団ももとの風景に戻ってくることができたのだった。


SOS団も設立申請を生徒会に提出し、名称を


生徒社会を

応援する

世界作りのための奉仕団体


と変更したのだった。たいしてかわらんような気もするけど・・・


最後は何となく普通で終わってしまったような気がするんだけど、これは続編へのエピローグってことなんでしょうか。

すごいまとめ方です。2クールあってもよかったかもしれませんね。途中、単発ものを織り込んで本編から離れてしまったので、本編としては6話のみ。やっぱり少ないですね。


枝道の話もすごく面白かったので、ぜひそういうのを盛り込んだ上で続編を期待したい。



涼宮ハルヒの憂鬱 5 限定版
¥6,041
Amazon.co.jp

涼宮ハルヒの憂鬱 6 限定版
¥6,237
Amazon.co.jp

涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版
¥6,596
Amazon.co.jp


AD

sola ~その5~

テーマ:

sola5

■毎週月曜日 23:00~23:30

■tvk他

■おすすめ度: ☆☆☆☆


第5話 「フリソソグヒカリ」


今回は初めから、物騒なシーンから始まる。剛史の回想シーンのようだが、「17年かぁ~」とつぶやく言葉に引っかかるなぁ。


末莉と依人はコンビニにやってくる。このコンビニにはあのトマトしるこがおいてあった!どさっと買い込むんだけど、自分も飲んでみたいなぁ・・・どこに売ってるんだろう。きっと秋葉原におでん缶とともに置いてあげると、ヲタがわんさかかっていくだろう。


雨の日であれば、昼間でも外に出られるという新発見とともに、末莉と依人は水野さん宅へ。ところが、ピンポンを押したまま逃走!


す・・・すみません・・・・ピンポンダッシュは今の時代はやりませんよぉ~~


ところで、髪の毛をポニーテールにしてる末莉、かわいいですね~~^^

一瞬誰だかわかんなかったよ。


軽いデートを続ける末莉と依人。続いてはボートへ。


傘の裏側は青空


その青空の下で2人は思いっきりボートを漕いでいる。そこで依人は末莉に必ず青空を見せてあげると約束する。


雨がやみ、依人は蒼乃のお見舞いへと向かい、家には末莉がリビングルームを散らかしながら一人で過ごしていた。


そこへ・・・・現れたのはこよりだった。蒼乃との秘密の交換条件とやらをしにやってきて、帰って行った。


そのあとで・・・・


~剛史登場~


依人の家でバトル再開です。剛史さん・・・・そこまで家をボロボロにしなくてもいいんじゃないでしょうか・・・修復にお金かかるよぉ・・・


末莉は絶体絶命のピンチで天井の青空を見つけると、急に力がわいて剛史を追いやると森へと逃げる。


そこへ依人が帰り、必死の思いで剛史から末莉を守る。


その思いとは・・・末莉に空を見せるという約束だった。



秘密を守り、蒼乃のもとへと裁縫道具を持ってきたこより。蒼乃は依人からもらった人形がやぶけてしまったのでこっそりと修復しようとしたのであったが、そこでこよりは家に末莉がいることを蒼乃に言ってしまい、蒼乃は固まったまま動かないのであった・・・


女同士の火花の予感がします。


sola color.I (初回限定版)
¥6,143
Amazon.co.jp


sola I (通常版)
¥4,568
Amazon.co.jp




AD