カフェときどきライブハウス 倉敷Penny Laneブログ

倉敷駅前徒歩8分、親子で経営しているアットホームなカフェ(時々ライブハウス)ペニーレーンです。美味しいコーヒーを用意しております。いつでもお立ち寄り下さいませ。こちらのブログでは、年間50以上開催しているライブのご紹介を中心に、お店の話題をお届けしていきます。

Penny Lane Live Information ひらめき電球絶賛予約受付中



電話各ライブのご予約は、お電話または予約受付フォームより受付中です
お席に限りがございますのでぜひ事前にご予約下さいませ(当日清算可)。
TEL 086-421-3987 / WEB http://pennylane-web.com/

Penny Lane ライブスケジュール


7/1(金)『北インド古典音楽』井上憲司・Glen Kniebeiss
7/2(土)平松加奈 con Armada
7/10(日)松田美緒・Mika
7/16(土)山田やーそ裕・秦コータロー
7/17(日)早川義夫・坂本弘道
7/24(日)Joshua Breakstone 4tet
7/28(木)熊本尚美・だいどうじさかえ・中島徹
7/29(金)前田優子-iuko.m-・中島徹・ヤマダヨシオ・加納樹麻
7/31(日)白桃ロマネスク

8/8(月)遠藤征志・永野寛子


友だち追加数 
Lineでお友達追加していただきますと、毎月のスケジュールと注目ライブの直前案内をメッセージ配信致します。

テーマ:

 

サカモトジャイ庵(steelpan) 山田やーそ裕(7st-gt) ハセタク(per)


本番もですが、リハの初めの1音から、"うわっ、何これ、楽しい~!!"という空気にガラっと包まれてしまいます。スティールパンという煌びやかな音色の楽器がリードをとって、ギターとパーカッションがリズムを刻むという、3人なのに分厚いバンドのような迫力を出していることもありますが、やっばり3人の楽しいキャラクターと熱いハートが根底にあるからなんだろうなぁ。

普段は、ジャイ庵×やーそのデュオ活動らしいのですが、今回はハセタクさんも入った豪華トリオ編成。最初にこの編成で聴いてしまった私は、もうトリオでしか聴きたくないかもというぐらい、完璧な組み合わせ。仲良し、息ピッタリ。

 

そして、とにかく"オモロイ"。関西人の2人のオモロイMCを、ほほえみながらハセタクさんが聞いている構図。オモロイMCも含めて音楽として完璧に完成されていて、思い切り笑えたり、心の奥を熱くさせてグッと来てしまったり、最後まで楽しすぎでしたよ。

ジャイ庵さんは、"お客さんが手拍子をしてくれるので、どんどん乗せてもらえた"と言っていたけど、私は逆で、こんなに楽しいサウンドを聴きながら、何もせずにはいられない、手拍子するでしょ!!っていう感じでしたね。

 

"ヘビメタのイメージがどうのこうの…"というMCからラストの曲が始まりました。
いくら盛り上がると言っても、アコースティックな編成だからヘビメタって??

しっとり目に始まって、ラストの曲としてもちょっとおとなし目なのに。
と思っていたら…。

これかっ!!!! ヘッドバンキングと言うより、落ち武者か連獅子か(笑)!!
帽子も吹き飛ぶ勢いで、渾身のスティールパンを響かすジャイ庵さん。
笑った、笑ったけど、視覚効果以上の3人の音の渦、圧巻だったわ~。

最近、やーそさんは7sonoraとか、秦くんのデュオとか、ブラジリアンを離れたところで、すごくポップなセンスと、低音を響かす7弦らしさを上手く発揮するギターを聴かせていて、このトリオでもそんな今まで培ってきたものがたっぷり出ていて、すごく良かった。

そして、ハセタクさん。まさに爆裂パンデイロ。これまた乗せられて爆裂につぐ爆裂技が飛び出しました!!
シンプルなセットで多彩に聴かせてしまうハセタクさん。まだまだ私が出会っていないスーパーパーカッショニストがいるな、感服。

ジャイ庵×やーそ×ハセタク。
私、大絶賛です。
ネーミングで侮ってはいけません。

 

ライブが終わって、全くタイプは違うんだけど、初めてSON四郎を聴いて底抜けに楽しかった日の衝撃を思い出しました。

 

あくまでも彼らのステージは等身大だけど、そんなナチュラルな親近感と、中南米サウンドの明るさがミックスした底抜けの楽しさと幸福感。

 

聴かないと絶対損!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

倉敷Penny Laneのまゆみです。

7月です。

毎年夏はちょっとだけライブの本数、減って来ます。
今年は7月にたーっぷりと詰まってまして、8月は少な目なんです。
そしてオリンピック直前の今月はブラジル音楽ライブがそろっていますよ。

 

ぜひぜひ今年の夏はブラジル風情を楽しんでいただきたいです。
まずは、7/1(金)・2(土)の2デイズは、インドからスペインまで音楽で旅をする異国情緒たっぷりな2日間。もうすぐですよ~!!

スケジュールをチェックしていただいて、ぜひお聴き逃しの無いように。
一人の音楽ファンとして、この1週間の3つのライブは『聴き逃した人は間違いなく損』なライブでした。
7月もそんなメンバーがそろってますからね~!!。

 

 

7/1(金)『北インド古典音楽』井上憲司(sitar)・Glen Kniebeiss(tabla)

19:30~ 3000円(1ドリンク付き) 

北インド古典音楽 シタールの第一人者・井上憲司と、京都在住・オーストラリア人のタブラ奏者のグレン・ニービスという、長く続いていたPenny Laneのインド古典シリーズ初の組合せでの北インド古典音楽の演奏です。 インド音楽特有の即興演奏で繰り返し奏でられる旋律に、悠久の時を感じながらゆったりとお楽しみ下さい。

 


7/2(土)『平松加奈 con Armada』
平松加奈(vl) ICCOU(flamenco gt) 進藤陽悟(pf) 海沼正利(per) 

19:30~ 4000円(1ドリンク付き) 

疾走するフラメンコジャズ。感情のエネルギーで魂を揺さぶる大人のジプシーサウンド。

国内外で話題のArmadaのツアー2016。香り立つスペインの風を心行くまでお楽しみ下さい。 ジプシーヴァイオリン平松加奈を中心にフラメンコ・ジャズ・ジプシー音楽の精鋭がそろい、その異なる個性が織りなすアンサンブルからは音楽の喜びがあふれ出してくる、目下無敵の最高級のグループ!! 

 

 

7/10(日)『Quatro M』松田美緒(vo) Mika(pf)

18:00~ 3000円(1ドリンク付き) 

”現代の吟遊詩人”旅する歌手MIOとサンバ・ジャズピアニストMIKAが出逢った!!
ふたりのMの頭文字4つから” クアトロM”

リオデジャネイロでサンバの洗礼を受けたのち、音楽の境界を軽々と越え続ける二人が、ブラジル音楽への胸いっぱいの愛と音楽家の誇りをかけてお届けします。
黄金時代のサンバからMPB、ボサノヴァの名曲、ノルデスチのリズムまで。
フェミニンかつ大胆、この二人ならではのブラジル音楽100%デュオライブです。

 

 

7/16(土)山田やーそ裕(7st-gt) 秦コータロ-(acc)

19:30~ 3000円(1ドリンク付き) 

低音の独特な響きが美しいブラジリアン7弦ギター山田やーそ裕と、ポップなセンスと情熱的な演奏スタイルで人気上昇中のアコーディオン秦コータロー、関西を拠点に活躍中の2人が自他共に認める抜群の相性で、再びタッグを組む!!

 


7/17(日)早川義夫(vo/pf) 坂本弘道(vlc)

19:30~ 3000円(1ドリンク付き) 

1960年代後半ロックバンド『ジャックス』のメンバーとして活動し、現在ソロ活動中のシンガーソングライター早川義夫の瀬戸内ツアー。

 


7/24(日)Joshua Breakstone 4tet

19:30~ 3000円(1ドリンク付き) 

ニューヨークのジャズ・ギターリストJoshua Breakstoneの来日ツアー。
本場ニューヨーク・フレーバーが漂うジャズの世界を、たっぷりと味わえるセッションをお楽しみ下さい。
ベーシストは関西で活躍中の福呂和也。

 


7/28(木)熊本尚美(fl) だいどうじさかえ(cav) 中島徹(pf)

19:30~ 3500円(1ドリンク付き) 


ブラジル在住ショーロ・フルーティスト熊本尚美のCD「ショーロ・サンバ・ガフィエイラ!」が完成。
日本で日本人メンバーと録音した日本国内盤ショーロアルバムから披露します。

レコーディングメンバーである、だいどうじさかえ(カヴァキーニョ)・中島徹(pf)と共に、熊本尚美が普段得意とする伝統的スタイルではなく、敢えてブラジルでもあまり見ることのない編成で、少しポップでダンサブルなサウンドの、それでいてブラジル独特のサウダーヂ(郷愁)がいっぱい詰まった素敵なショーロ音楽を披露します。

これまで熊本尚美が両国を行き来しながら続けてきた、ショーロで結ぶ「日本~ブラジル」文化国際交流活動が、ここにCD という形で大きな実を結びました。オリンピックシーズンに、オリンピックが開催される街リオデジャネイロの音楽が私たちの耳元に届きます。

 


7/29(金)前田優子-iuko.m-(vo) 
中島徹(pf) ヤマダヨシオ(b) 加納樹麻(dr)

19:30~ 4000円(1ドリンク付き) 

日本を代表する「CANTORA」として君臨し続ける前田優子-iuko.m-の夏のツアー。
最高のバンドメンバーと共に極上のブラジル音楽を歌い上げる!!

ボサノバ、サンバ、MPBの枠を超え、卓越した感性からポルトガル語、日本語で創られたオリジナルを歌う事でブラジルからも認められた、今や唯一無二のブラジル音楽シンガー前田優子。
ピンクボンゴ、サルサ・スウィンゴサなど数々の日本のラテン、ジャズのトップバンドのピアノを務める中島徹。
キューバにおいて、超絶技巧ドラマーのオスカリート・バルデスのグループのベーシストとして活躍したヤマダヨシオ。
ピンクボンゴ・Crystal Jazz Latino等のバンドに参加、Jazz・Latin・Funk・Popsと多様なスタイルの活動を続けているドラマー加納樹麻。

最高のメンバー4人でお届けする極上のブラジル音楽セッションライブ。

 

 

7/31(日)白桃ロマネスク

島田玲(vl) 中川和子(pf) ロドリーゴ熊本(gt) 石井真由美(bn) Kanae(drs)

19:30~ 1500円(1ドリンク付き)

Penny Laneのオーナーでありピアニストの中川和子が率いるファミリーユニット『白桃ロマネスク』、今回は初の単独ライブです。
良い音楽をボーダレスにお届けして楽しく盛り上がります!!

 

 

各ライブのご予約は、お電話またはHPの予約受付フォームより受付中です

お席に限りがございますのでぜひ事前にご予約下さいませ(当日清算可)。

TEL 086-421-3987 / WEB http://pennylane-web.com/

 

友だち追加数 お店LINE始めました!! LINEアカウントページ

 

ライブ先取り情報は、Penny Lane HPや、Facebookページでもチェックしていただけます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『SUPER MULTIES DUO』
佐野聡(tb)青柳誠(pf)

 

前日のメンバー・スタッフからの見事な引き続きで、いつもより多めにライトが当たって神々しい佐野さん。今回は残念ながら大路さんにお会い出来ませんでしたが、2人でもスーパーマルチーズらしい演奏・演出満載でした。

 

佐野さんの曲は、キャッチーな親しみやすいメロディの曲が多いです。
青柳さんの曲は、シリアスなものからポップなアレンジまで、スケール大き目。
選曲もバラエティ豊か。どれもかっこいい。さすが。レベル高すぎ。
演奏に関しては、『2人ともやっぱりさすがだわ』と、それしか言葉に出来ません。皆さん知っての通りの活躍のプレイヤーですよ。がっぷりインストデュオが聴けるなんて機会、意外と少ないと思います。だから、来ないともったいないよって言ったのに~。

 

途中こんなポジション変更も。この後、ピロピロとお囃子練り歩き?があって、元のポジション(青柳さんかピアノ)に戻ったりというシーンもあって、楽しくなってしまいます。

 

そう言えば、いつもSUPER3のアレンジでしか聴いたことが無かった『NEXT STEP』。青柳さんのアレンジで聴くと、全く印象が違ってこれはこれで素敵だったわ~。

 

デュオでも問題なく演奏が出来る二人であったとしても、急なツアーメンバー変更もあって、心配りも含めて大変だったと思います。そんな中でも、妥協の無いプログラムで渾身の演奏を聴かせてくれた佐野さんと青柳さん、当たり前のことと言われるかもしれないですけど、やっぱり本物のプロの音楽家だなと実感。

人間的にも素敵すぎ。そんな二人の温かなハートに包まれてるような夜でした。

 

佐野さん、最高!!
青柳さん、最高!!
スーパーマルチーズ、最高!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。