カフェときどきライブハウス 倉敷Penny Laneブログ

倉敷駅前徒歩8分、親子で経営しているアットホームなカフェ(時々ライブハウス)ペニーレーンです。美味しいコーヒーを用意しております。いつでもお立ち寄り下さいませ。こちらのブログでは、年間50以上開催しているライブのご紹介を中心に、お店の話題をお届けしていきます。

Penny Lane Live Information ひらめき電球絶賛予約受付中



電話各ライブのご予約は、お電話または予約受付フォームより受付中です
お席に限りがございますのでぜひ事前にご予約下さいませ(当日清算可)。
TEL 086-421-3987 / WEB http://pennylane-web.com/

Penny Lane ライブスケジュール

12/22(木)山田やーそ裕・秦コータロー
12/25(日)白桃ロマネスク SPゲスト・伊東真紀
12/28(水)ヤマダヨシオ・青木タイセイ・井上尚彦・牧知恵子


友だち追加数 
Lineでお友達追加していただきますと、毎月のスケジュールと注目ライブの直前案内をメッセージ配信致します。

テーマ:

倉敷Penny Laneのまゆみです。

早いものでもう12月となって来ました。
12月は、前半は少しお休みをいただきまして、クリスマス前から年の瀬にかけて、今年1年を締めくくるにふさわしいライブがそろいましたよ。

 

今年も1年たくさんのライブに駆けつけて下さいました常連ファンの皆様、
ライブ納めに盛り上がりたい方。
それぞれのプレイヤーのファン以外の皆様にも、お店が自信をもってお勧めしたい、お店ごと一緒に2016年を振り返りながら盛り上がっていただける3本のブログラム
ぜひ、今年の締めにどうぞ駆けつけて下さいますよう、よろしくお願い致します。

 

今月は、私からのおススメコメントも付け加えてみました。

 

12/22(木)山田やーそ裕×秦コータロー

低音の独特な響きが美しいブラジリアン7弦ギター山田やーそ裕と、ポップなセンスと情熱的な演奏スタイルで人気上昇中のアコーディオン秦コータロー、関西を拠点に活躍中の2人が自他共に認める抜群の相性で、倉敷発でタッグを組んだ2016年。

今年最後にもう一度倉敷に帰ってきます。 秦コータローのオリジナル曲に、ブラジル音楽特有のサウダージ感をプラスした山田やーそのギターアレンジが冴えわたる、ポップでキャッチーなインスト・ライブ。 

今年ぶっちぎりの最多出演賞となったブラジリアン7弦ギターリスト山田やーそ裕さんと、急上昇中アコーディオニスト秦コータローくんのデュオ。
何とPenny Laneが縁で出会った組み合わせながら、自他ともに認める抜群の相性で、関西でも活動を始めています。
やーそファン・コータローファンどちらもが"これは外せない"と思わせるデュオになりました。
誕生の聖地倉敷で、笑いが絶えない二人と、今年最後にもう一度、聴き応え抜群のナイス・デュオを堪能して下さい。

 

 

12/25(日)白桃ロマネスク guest伊東真紀

白桃ロマネスクが素敵なゲストボーカルを迎えての聖夜のライブ 。
“アジアの賛美歌”とも評される伸びやかな高音を持つシンガー伊東真紀さんをスペシャルゲストに迎えて、Penny Laneのファミリーバンド『白桃ロマネスク』がお届けする今年のクリスマスライブ。 心温まるクリスマスの夜になりますよ!!

 

今年のクリスマスライブは、ゲストボーカルに伊東真紀さんをお招きすることになりました!!
真紀さんは、Penny Laneでも数年来プッシュし続けておりまして、真心伝わる表現、クリアに響く歌声、素晴らしい実力派シンガーです。
現在、リリースしたばかりのアルバムが大好評の真紀さんが、クリスマスに聴きたいナンバーを歌ってくれるスペシャルプログラムを用意しています。
ぜひこの機会に、伊東真紀さんの歌をまだ聴いたことがない方には注目していただきたいです。
白桃ロマネスクメンバーも、コラボライブ第2弾に向けて、張り切っておりますよ〜!!

 

 

12/28(水)『Y.Y's Especial』
ヤマダヨシオ(b) 青木タイセイ(tb&pianica) 井上尚彦(drs) 牧知恵子(pf)

ブラジル、キューバ、ECMなど、様々な顔を持つヤマダのオリジナルを中心に繰り広げられるジャズ・ライブ キューバにおいて、超絶技巧ドラマーのオスカリート・バルデスのグループのベーシストとして活躍したヤマダヨシオが、 数々のラテンバンドやジャズバンドで世界を股にかけて活躍するマルチ奏者の青木タイセイ、 ピアニスト進藤陽悟と爆風スランプのベーシスト和佐田達彦とのユニット「いわし」で活躍するドラマー井上尚彦、 クールでリリカルなジャズピアニストの牧知恵子という豪華メンバーを集めての年末ツアーで再び倉敷に登場。

シリアスに心象風景を描くヤマダのオリジナル楽曲を、鮮やかなセッションで彩るアンサンブルは圧巻。

さらには爆笑キャラクターの面々がMCでも盛り上げる、大興奮の年の瀬を!! 

 

大ラスを飾るのは何とこのバンドでした。今年衝撃の出会いを果たした『Y.Y's Especial』の4人が年内にもう一度駆けつけてくれますよ。
"今年初めて来たのにもうホームグラウンド感しかしない"とヤマダさんに言わしめたほど、1回で馴染み切ってしまった面々。
クールな楽曲と圧巻のバンドサウンドは最高にかっこよく、濃いキャラクターの男性陣(笑)がしゃべりだせば捧腹絶倒の面白さ。
そのギャップは、まさに笑いと感動のるつぼ!!
4月にぼんやりと聴き逃してしまった人には、絶対ここで体験しておかなければ、生演奏ファンとは語れない大失態(笑)。
最高のバンドに、今年も素晴らしいミュージシャンがそろったPenny Laneのライブ納めを飾っていただきます!!

 

各ライブのご予約は、お電話またはHPの予約受付フォームより受付中です

お席に限りがございますのでぜひ事前にご予約下さいませ(当日清算可)。

TEL 086-421-3987 / WEB http://pennylane-web.com/

 

友だち追加数 お店LINE始めました!! LINEアカウントページ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

『KOLKATA ROLL』井上憲司(sitar) 山田晴三(b) 中村岳(per)
『白桃ロマネスク』中川和子(pf) ロドリーゴ熊本(gt) 石井真由美(bn) Kanae(drms)

 

今年は何かと井上さんにはお世話になった1年でした。

 

何といっても9月の、母・和子と石井さんの北海道遠征にも井上さんに参加してもらって事。私は北海道の話は伝え聞いただけですけど、その時に『黒いオルフェ』のメロディをシタールで奏でたその演奏が、まことに素敵だったのだそうです。

 

そんな経緯を経て、年末に差し掛かったこの時期、タイミングよく倉敷でこんなボリュームたっぷりな、そして北海道での思い出もちょっとだけ再現できるような、そんな楽しみな企画が実現してしまいました。

 

いや〜、リハで全員座った瞬間"芋の子洗う状態とはこのことかっ!!"ってくらいの壮観な並びでしたね(笑)。

 

でも、コルカタロールのオリジナルは3人だけでも結構パワフルなので白桃メンバーが加わった時の厚みはすごかったな(笑)。

 

そして、白桃ロマネスクのレパートリー、いわゆる"誰もが知っているナンバー"に、コルカタロールの3人が加わる演奏、これがね、かなり心地よい厚みとバリエーションになって、良い仕上がりになりました。

 

随所に聴かせるシタールの独特な響きの旋律、もちろんベースが入るとワンランクサウンドが固まって来るし、何といっても岳さんのパーカッションに支えられて、乗せられて、さすがでしたね〜!!
 

この日の白桃ロマネスクメンバーは、みんな幸せそうだったな。

カナエさんは完全に岳さんにひっぱられて、覚醒、弾けまくりでしたね。終わっても興奮冷めやらぬ様子だったな。

 

という事で、引き続きもう一本、年末コラボライブ、更には年明け東京遠征も、ワクワクいっぱいで頑張って行きたいですね!! 
コルカタロールのみなさま、楽しい企画、お世話になりました!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

『メヲコラソン』EMiKO VOiCE(vo) 助川太郎(gt)
メヲコラソン new CD “A TEMPO”発売記念ツアー

 

 

お久しぶりの再会でした。3年半も経ってたのか。びっくり。
その間、私たちも変わりなく過ぎていたようで経験を積んで受け取ることも増えたように思うし、メヲコラソンの2人の音楽活動にも紆余曲折あったようで、そんな時間の経過を感じつつ、前回初めて聴いた時の印象とかなりイメージが変わって受け取っていることに、少し驚きながら聴いていました。

とにかく、お二人の作るサウンドに対する"こだわり"を、より明確に意識的に打ち出して来ているなぁという事ですね。

助川さんのギターは、ただアコースティックなブラジリアンギターではなく、エフェクター等も効果的に取り入れた個性派アレンジをしているなと、それは聴けばすぐわかるのでぼんやりと認識をしてはおりました。
で、年明け1月のライブの資料を見ていると、『前衛ギターリスト』と書いてあって、確かに王道なアプローチではないけれど、クラシックの素養も持ち合わせているので前衛まで言っちゃっていいのかな?と感じたのですが、確かにそんな表現を明確にしてしまった方がしっくりくるかもしれないほど、かなり唯一無二の存在感になって来ていると思いましたね。​

 

やっている音楽は確かにブラジル音楽なんだけど、もうそんな枠組みではとらえられないユニットなのかもしれませんね。新譜CDのバンドサウンドも、もっと自由に楽しんでもらえる豊かな内容になっていましたし。

 

EMiKOさんの、しっとりと潤うような艶やかな声と、歯切れの良いリズミカルなボーカルも健在。たっぷり楽しませていただきました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。