☆☆★☆☆

福興関連・原発関連・虎太郎など
お伝えするブログです。

こんにちはキャハハ なおみと申します


2011年3月11日14:46.


千年に一度といわれる「東北地方宮城県沖大震災」が起き、その後予想をはるかに超えた大津波がやって来ました。


そして、翌日「安全神話」が壊れた原子力発電所の事故。








その時考えました。





「自分に何ができるだろうか?」





「そうだ!ブログで発信しよう!みんなと繋がろう!」





お陰様で色んな方々と繋がれました。





その繋がりを大切にしたいです。





ちょっとした「ココロラブラブ使い」だけでも実は福興に繋がっているんだってコト。





これからも伝えていきたいと思います。














$☆☆★☆☆


2011年8月。福島県南相馬市小高区出身の

今では我が家の愛息


「虎太郎」







たった2か月間,人間のいない町にいただけでもかなりのPTSDを患いました。







ちなみにこの写真、間違い探しをしてください(笑)




























$☆☆★☆☆




2013年9月9日から我が家の新しい家族に!


浪江町酒井で生まれ、赤ちゃんの時に保護され、うちに来て虎太郎に育てられている(笑)「向日葵♂」





こちらのアドレスは


アメブロ専用です。


ぜひ、ご利用ください





when_you_wish_upon_bw5stars@yahoo.co.jp






アメブロのメッセージはアメブロさんの逆鱗に触れたため
受信は出来るが送信は出来ないと言う状態なので
読者登録の際、メッセージ送れないです。ごめんなさい。



※過去の告知等の期限切れの内容のブログ はちょいちょい削除させていただいていますおじぎ






たくさんの方々に「福興について」お伝えしてほしいので


「なう」「転載」などなど・・・よろしくお願いしますおじぎ


















テーマ:

alternaクリックより

 

味の素は5月25日、災害復興期の「食」の力を紹介する書籍『復興ごはん』を小学館から発売した。同社は2011年から、復興支援として「味の素グループ 東北応援 ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」を展開している。同書では、せまい仮設住宅のキッチンでも作りやすく、栄養価の高いメニューなどを紹介している。(オルタナ副編集長=吉田広子)

 

 

『復興ごはん』(小学館)定価1100円(税抜)

『復興ごはん』(小学館)定価1100円(税抜)

 

 

 

『復興ごはん』では、赤いエプロンプロジェクトのパートナーである行政、社会福祉協議会、食生活改善推進員協議会、NPO、大学、仮設住宅の自治会といった「被災地の声」を綴りながら、復興の原動力となった「食」の力を紹介している。

 

仮設住宅では、キッチンがせまいことなどから料理離れが起こり、栄養バランスの偏りが問題になっていた。さらに、仮設住宅という新しいコミュニティーで高齢者が孤立化したり、引きこもりがちになってしまったりするといった社会問題も起きていた。

 

そこで、味の素は「心と体の健康づくり」を応援しようと、赤いエプロンプロジェクトを開始。

2011年10月からは避難生活者の食生活を改善する「健康・栄養セミナー」を実施した。

 

大型トラックに、移動式キッチンや調理器具など、料理教室に必要な道具を積み込んで、被災各地をまわってきた。

料理教室では、おいしさはもちろん、簡単で再現性の高いレシピを心掛けている。現在は東北3県に専任スタッフを派遣し、「健康・栄養セミナー」の実施回数は累計1833回、参加者はのべ2万8981人に上った。

 

本書『復興ごはん』では、「食」のエピソードや、「いっしょに作って、いっしょに食べる」ことで仮設住宅に住む人の心や体が満たされ、「食」の力が復興の原動力になっていった事例を紹介している。

思い出のメニューとして、宮城県東松島市の「カツオの餃子」や、福島県富岡町での「小松菜の海苔わさび和え」なども紹介。

 

 

売り上げの一部は東日本大震災・熊本地震の被災地支援のために寄付されるという。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

この週末にこの「地震体験車」に乗る機会がありまして

震度5と震度7を体験できました

 

椅子に座っているのですが

事前に来るのが分かっているので

体に力が入っていて

揺れも小さく感じました。

実際は心の準備なんて

出来ないです。

ただ、こうして「これ位の揺れだ」と言うのを

認識しておくのはいいことだと思います。

もし、お近くで

体験できる機会がありましたら

参加してみてくださいウインク

 

 

 

 

そして、頂いた「防災パンフレット」

 

 

その中に災害時の心の動きが載っていました。

こちらびっくり

 

この心の動きに引っかかると命にも関わるので

ご紹介したいと思います。

 

 

正常性バイアス

tenki.jpクリックより

 

心理学の用語です。

社会心理学や災害心理学だけでなく、医療用語としても使われます。
人間が予期しない事態に対峙したとき、「ありえない」という先入観や偏見(バイアス)が働き、物事を正常の範囲だと自動的に認識する心の働き(メカニズム)を指します。

何か起こるたびに反応していると精神的に疲れてしまうので、

人間にはそのようなストレスを回避するために自然と“脳”が働き、“心”の平安を守る作用が備わっています。

ところが、この防御作用ともいえる「正常性バイアス」が度を越すと、事は深刻な状況に……。

つまり、一刻も早くその場を立ち去らなければならない非常事態であるにもかかわらず、“脳”の防御作用(=正常性バイアス)によってその認識が妨げられ、結果、生命の危険にさらされる状況を招きかねないのです。

 

 

 

 

多数派同調バイアス

防災・危機管理心理学クリックより

 

煙が駅と車内に充満したとしたら、心の警報が鳴り響き、

直ちに避難するなどの緊急行動をとると思うのが自然です。

しかし、過去経験したことのない出来事が突然身の回りに出来したとき、

その周囲に存在する多数の人の行動に左右されてしまうのです。

それはその人が過去様々な局面で繰り返してきた行動パターンでもあるのです。

どうして良いか分からない時、ほかの人と同じ行動を取ることで乗り越えてきた経験、

つまり迷ったときは周囲の人の動きを探りながら同じ行動をとることが安全と考える

「多数派同調バイアス」(集団同調性バイアスともいう)の呪縛に、

心が支配されてしまうのです。

 

 

 

それでは、いざというとき、私たちはいったいどうしたらいいのでしょうか。

 


突発的な災害や事故に遭った場合、事態の状況をとっさに判断できず、茫然としてしまう人がほとんどと言われています。
「緊急地震速報の報道におびえて動けなかった」「非常ベルの音で凍りついてしまった」という話をよく聞きますよね。
こういうときこそ必要なのが、「落ち着いて行動すること」。

そのために有効なのが「訓練」です。
訓練を重ねることで、いざというとき、自然にいつもと同じ行動をとることができる、つまり、訓練と同じ行動をとることで身を守れる、というわけです。
非常事態の際に「正常性バイアス」に脳を支配されないよう、本当に危険なのか、何をしたらいいかを見極める判断力を養っておきましょう。

 

・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・:

 

特に「空気を読むのが大好きな日本人」はこの同調性バイアス要注意です。

 

みんなが逃げないから大丈夫。・・・・・・・って根拠ありますか???

 

逃げても何もない時は

「何事もなかったラブラブよかったラブラブって思うダケだから。

 

 

なので、避難時は

自分の心の声をしっかり聴いて行動しましょう流れ星

 

 

心も備えあれば憂い減るですよルンルン

 

 

 

 

あと

 

今回の事でさいたま市の防災課のHP見ていたら!

なんと!

 

7か国語(日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語、タガログ語) 防災ガイドブック

なるものがあると発見!

 

7か国語防災ガイドブック(PDF:2,005KB)クリック

7か国語防災ガイドブック(ワード:14,077KB)クリック

 

 

別にさいたま市民じゃなくても
見れるから。必要な方がいらっしゃったら

お伝えしてください(助さん拡散走る女の子

だって、7か国対応だよ~って言っても

それを日本語で紹介しているなら

日本人が外国人に伝えるしかないと思う。

ので、よろしくお願いします<m(__)m>

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ニコンサロン bis 新宿クリックより

 

 

 

写真

仮設住宅の暮らし

6/21 (火) ~6/27 (月) 
10:30~18:30(最終日は15:00まで)
会期中無休
会場:ニコンサロンbis新宿
 

写真展内容

東日本大震災は沿岸部の地域に壊滅的な打撃を与え、

今も復興途中で、被災者は仮設住宅での暮らしが続いている。

狭い部屋では以前の家族構成で生活できず、また、仕事や学校の関係から、仮設住宅は高齢の一人暮らしの人が多くなった。

一部には帰宅困難地域があり、故里の将来に夢や希望を見出せない不安な日々を送っている。

それでもボランティアの人たちのイベントや孫の成長、動物との交流、仮設住宅でのお茶会などで落ち込みがちな生活に明るさを取り入れている。

震災の風化の声が聞かれるが、現実にはまだまだ不条理に苦しみ悩んでいる。
カラー40点。

作者のプロフィール

管野 千代子(カンノ チヨコ)
2014年ニッコールクラブ仙台支部に入会。

 

 

 

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。