☆☆★☆☆

福興関連・原発関連・虎太郎など
お伝えするブログです。

こんにちはキャハハ なおみと申します


2011年3月11日14:46.


千年に一度といわれる「東北地方宮城県沖大震災」が起き、その後予想をはるかに超えた大津波がやって来ました。


そして、翌日「安全神話」が壊れた原子力発電所の事故。








その時考えました。





「自分に何ができるだろうか?」





「そうだ!ブログで発信しよう!みんなと繋がろう!」





お陰様で色んな方々と繋がれました。





その繋がりを大切にしたいです。





ちょっとした「ココロラブラブ使い」だけでも実は福興に繋がっているんだってコト。





これからも伝えていきたいと思います。














$☆☆★☆☆


2011年8月。福島県南相馬市小高区出身の

今では我が家の愛息


「虎太郎」







たった2か月間,人間のいない町にいただけでもかなりのPTSDを患いました。







ちなみにこの写真、間違い探しをしてください(笑)




























$☆☆★☆☆




2013年9月9日から我が家の新しい家族に!


浪江町酒井で生まれ、赤ちゃんの時に保護され、うちに来て虎太郎に育てられている(笑)「向日葵♂」





こちらのアドレスは


アメブロ専用です。


ぜひ、ご利用ください





when_you_wish_upon_bw5stars@yahoo.co.jp






アメブロのメッセージはアメブロさんの逆鱗に触れたため
受信は出来るが送信は出来ないと言う状態なので
読者登録の際、メッセージ送れないです。ごめんなさい。



※過去の告知等の期限切れの内容のブログ はちょいちょい削除させていただいていますおじぎ






たくさんの方々に「福興について」お伝えしてほしいので


「なう」「転載」などなど・・・よろしくお願いしますおじぎ


















テーマ:

埼玉県環境科学国際センタークリックより

 

 

環境科学国際センターでは、県民の皆様に環境問題に対する理解を深めていただくことを目的として、毎年講演会を開催しています。

 

今年度のテーマは「今、災害・事故等に求められる環境研究所の役割」です。

「災害廃棄物問題と防災・減災のための学際連携 ~東日本大震災・原発事故の教訓~」と題して、東京大学大学院の森口祐一教授が基調講演を行うほか、当センター研究員が日頃の研究活動の成果や調査事例等について発表します。

参加費は無料です。皆様ぜひお越しください。

 

 

 

 

 

日時

 平成29年2月3日(金曜日) 開場12時00分、開演13時00分、終了16時30分

会場

 さいたま市民会館うらわ ココマップホール(JR宇都宮線・高崎線・京浜東北線 浦和駅西口下車 徒歩約7分)

プログラム

基調講演(13時10分~14時10分)

「災害廃棄物問題と防災・減災のための学際連携 ~東日本大震災・原発事故の教訓~」
 東京大学大学院教授 森口祐一 氏

研究成果・事例紹介(14時45分~16時15分)

  1. アルミ残灰の発熱事故に対する技術的対応
  2. 県内における水質事故と環境科学国際センターの取り組み ~事故対応を支援する分析技術の紹介~
  3. 県内河川における浸透性殺虫剤の汚染実態 ~ネオニコチノイド系殺虫剤とフィプロニルについて~

ポスター展示・解説(12時00分~16時30分)

環境科学国際センター各担当の研究内容や取組などに関するポスター展示を行います。 

定員

 450名(申込順)

申込方法

 次のいずれかの方法で、1月27日(金曜日)までにお申し込みください。 

  •  「氏名(ふりがな)、団体・会社・学校名等、住所(市町村名のみ)、電話番号」をご記入の上、電子メール(g7383312@pref.saitama.lg.jp)でお送りください。
  • 講演会チラシ(PDF:392KB)ココPDF裏面にある「参加申込書」に必要事項をご記入の上、ファックス(0480-70-2031)でお送りください。
  • 電話(0480-73-8365)でも受付いたします。上記の電子メール申込みの必要事項をお伝えください。 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

facebook一般社団法人東北物産館クリックより

 

自動代替テキストはありません。

 

 

物産館の恒例イベントである【東北を食す】を1月23日(月)に開催いたします。

物産館で扱っている商品のおいしさを知っていただき、
東北支援の輪を広げていけたらいいいな、と思っております。

今回のメインメメニューは『おもち』です!!
物産館オリジナル雑煮などをご用意させていただく予定です。

お楽しみに☆

皆様のご参加お待ちしております。

日にち:1月23日(月)
時 間:19:00~20:30
場 所:吉祥寺スペースGココマップ(武蔵野市吉祥寺東町1-6-27-3F)
会 費:2,000円

ご参加される方は下記までご連絡お願いいたします。
連絡先:0422-21-2688(担当 中井、田中)
メール: toiawase@tohoku.or.jp
☆定員30名で締め切らせていただきますのでお早めにご連絡下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

岩手県HPクリックより

 

 

岩手県では、東日本大震災の事実と教訓を世界及び次世代に継承していくため、陸前高田市の高田松原津波復興祈念公園内に「震災津波伝承施設( 仮称)」を整備することとしています。
 この施設で展示する、津波の脅威、困難な避難生活の状況、国内外からの支援、復興に向けての様々なチャレンジや苦労など、震災津波の事実と教訓を伝えることができるモノ(実物資料)や写真・動画などの資料の情報を集めていますので、多くの皆様のご協力をお願いいたします。

 

 

 

情報提供の方法

1 ファクス、メール、郵送の場合
 下の情報提供用シートに必要事項を記入頂き、県庁復興局まちづくり再生課まで情報をお寄せください。
2 電話の場合
 県庁復興局まちづくり再生課(直通:019-629-6935)までご連絡をお願いいたします。

東日本大震災津波を伝承するための

資料の例

1 震災津波の脅威を物語る資料
 

 (1) 実物資料の例
  ・震災津波で壊れた時計
  ・震災津波に破壊された自転車や電化製品
  ・その他、震災津波の痕跡をとどめるモノ
 (2) 写真・動画資料の例
  ・震災(地震、津波、火災等)を捉えた写真・動画
  ・震災直後の被災状況を捉えた写真・動画
  ・その他、震災津波の姿を捉えた写真・動画
 

 

 

2 避難・救助・支援活動を物語る資料
 

  (1) 実物資料の例
  ・救助を待つ際に使用したSOSを描いた布
  ・救助・支援活動への謝意を示すプラカード
  ・国内外から頂いた応援メッセージ
  ・その他、避難・救助・支援活動を物語るモノ
 (2) 写真・動画資料の例
  ・避難・救助・支援活動を捉えた写真・動画
 

 

 

3 避難生活・仮設住宅での生活を物語る資料
  

 (1) 実物資料の例
  ・避難所や応急仮設住宅における連絡事項を伝える張り紙、配布・回覧資料
  ・復興支援イベントのポスターやチラシ
  ・その他、避難生活・仮設住宅での生活を物語るモノ
 (2) 写真・動画資料の例
  ・避難生活・仮設住宅での生活を捉えた写真・動画
 

 

4 過去の津波災害の資料、震災前後が比較できる資料
 

  (1) 実物資料の例
  ・三陸沿岸地域を襲った過去の津波災害の資料(雑誌、報告書、記事、小説、漫画、イラスト、メモ等)
  ・その他、過去の津波災害の痕跡をとどめるモノ
 (2) 写真・動画資料の例
  ・過去の津波災害を捉えた写真・動画
  ・津波で失われた町の景観を捉えた写真・動画
  ・震災前後で同じ位置で撮影した写真・動画  など

 

注意事項等ハッ

(1) 岩手県全域の資料について、情報収集しています。
(2) ご記入いただいた個人情報等は、個人情報保護法等に基づき、他の用途には一切使用しません。
(3) 情報提供頂く際は、所有者(撮影者)にあらかじめ了解いただくようお願いいたします。
(4) ご記入いただいた内容の詳細について、後日ご連絡する場合があります。
(5) 資料提供いただく場合、その時期や所有権、著作権等の権利処理についても後日ご相談いたします。
(6) 情報提供者とのご連絡は、展示等基本設計業務を受託している(株)乃村工藝社が行う場合があります。
(7) ご相談の結果などによっては資料提供の申し出をお受けできない場合があります。また、資料をお受けした場合でも、必ずしも公開にはならない場合があります。
(8) 「震災津波伝承施設(仮称)」の詳しい情報は、関連リンク下矢印よりご覧ください。

 

関連リンク

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。