• 03 Nov
    • 札幌  ふくろうカフェ

      札幌2日目実家の父は、翌日に予定があったので朝早くホテルから新千歳空港へ・・・。2日目は母とワタシと下2人(最初から旦那さんはお留守番です)行った先は、ずっと行ってみたかった『ふくろうカフェ』札幌には、2軒あり駅から近くて一番姉さんの下宿沿線の福ろうカフェさんに行ってみました!!店内は、ガラス張りのふくろうブース沿いにカウンター席が並び8人ほどが座れるこじんまりとしたスペースです。前日から予約可能だったので、予約をしておきました。店内は、他に2組4人のお客さんがいたので予約をしておいて正解!ガラス越しにふくろうを眺めながらランチタイム♪ラテにはふくろうさんや文鳥さんのラテアート!!飲むのがもったいない~。ワタシの席の前にいたのが、メンフクロウのけんちゃん。時々ぐるりと首をまわしてこっちを見てくれる!!ひゃ~かわいい♡犬猫は大好きだけど、鳥はちょっと苦手な真ん中姉さん。だけど、ハリーポッター好きゆえシロフクロウのブランさんを見るや否や「ハリーポッターのふくろうだ!!」と。ふくろうさん達は、どの子も絵本の中から飛び出してきたような愛らしさとおとなしさ。コキンメフクロウのこの子は「りんごちゃん」というお名前。もーーー、たまらなくかわいい。ミナミアフリカオオコノハズクのふーちゃんもかわいい・・・。フクロウブースには、入ることができお食事が終わった他のお客さんがフクロウブースに入る様子を眺めつつ、食事をしみなさんが終わって帰る頃我々ブースへ!!いきなり肩にとまってくれたのがアメリカチョウゲンボウの一葉ちゃん。ブース内を自由に飛べるこの子は人懐っこいようですぐに肩や頭に乗ってくれるそう。この子ははやぶさの仲間だそうです。ブース内では、腕に乗せてなでなですることだけでなく↑ベックさんという一番のベテランさん。エサやりも体験させてもらいました!オーナーさんはとっても優しい女性の方でフクロウなどの猛禽類の生態も色々と教えてくれ、鳥さん好きなワタシと末っ子坊主にはへ~!ほ~!な学びの時間。店内には、オーナーさんやそのお友達さんが作ったハンドメイドなふくろうグッツが販売されていたのもこのお店を選んだ理由!店内には、猛禽類の他に文鳥さんが3羽。かごの中の文鳥さんを眺めるだけでも幸せそうな末っ子坊主。最後に他のお客さんがいなかったのでカフェスペースに文鳥さんを放してくれて、ふれあいタイム♪文鳥さん、猛禽類と違って動きが早いので写真に撮るのが難しい!!ふくろんさんを飼育するのはちょっとできないけれど文鳥さんなら!!と、企むワタシと末っ子坊主。小学生~中学生にかけてセキセイインコを飼っていたワタシ。姉が5年生の時にサンタさんに頼んだらクリスマスの日に鳥かごが枕元に!(肝心のインコはその後ホームセンターで購入・・・)サンタさん、中途半端なプレゼントをありがとう!(笑)な我が家の思い出。つがいで飼ったセキセイインコからひながどんどん生まれ!?一時は10羽近くの大所帯に。ひなから育てるかわいさを小学生の頃に味わったワタシ。唯一のペットがセキセイインコだったので(あ、トカゲも捕まえて飼ってたな)末っ子坊主にも鳥を飼育させてあげたいなぁ~。でも、うちで放し飼いにしたら薪ストーブですぐに焼き鳥か・・・(w_-;そんな課題にすぐにぶつかるも「文鳥♪文鳥♪」と末っ子坊主とワタシの心はいまだルンルン。サンタさんに、お願いしたいなぁ~。(また鳥かごだけが届くかも)「ふくろうカフェ。また、行きたいね!!」と末っ子坊主。実家の母も鳥好きなので(実質インコの世話をしていたのは母なので・・・)ふくろうカフェでのひとときはとっても素敵な時間となりました。福ろうカフェさん、facebookもやっています。イベント情報は、そちらで配信されているので興味のある方はチェックしてみてくださいね!※札幌初のふくろうカフェだそうで、倉本聰さんやタカアンドトシさんもご来店されているようですよ~!!

      19
      テーマ:
    • 札幌 紅葉

      10月最後の先週末札幌で茨城の両親と会いました。毎年1回は実家に帰り、1回はこちらに来てもらいそうやって17年過ごして来たけれど、(長女就学前は年に2回は帰省)一番姉さんが札幌に進学し、今年は一度もワタシと長女は両親に会えずに終わりそう・・・。それも仕方ないか・・・と思っていたら夏の終わりに、父から「お盆過ぎにガンの手術をしました。」の事後報告あり。幸い、初期で転移もなかったものの、「あぁ、こうやって当たり前が当たり前でない日が突然やってくるんだなぁ。」と実感。『会えないのは仕方ない』ではなく、『会えるうちに会っておこう!』に切り替えました。実家に帰る、うちに来てもらう、というこれまでの選択肢の他にどこかで会うという新しい選択肢を加えました。今回は、高校生になった初孫の成長をみてもらいたくて「札幌にて」車で行く予定でしたが、ワタシの体調に自信がもてず久しぶりにJRで。台風と台風の合間の週末札幌は最高のお天気と紅葉でした!!!赤レンガテラスでランチをして、北海道庁の紅葉を堪能!!ちょうど昼下がりのお日様に照らされてイチョウが黄金に輝いていました!池のほとりで紅葉をバックに両親の年賀状用フォトもパチリ!!道庁前のレンガの歩道は、昨年リニューアルされ、その記念事業に参加した我が家と放課後子ども教室の仲間達。それぞれにデザインし、せっせと彫ったレンガが歩道に埋め込まれています!おぉ!!あったあった!!(右上が我が家の作品)札幌へお越しの際は、ぜひ探してみてくださいね♪道庁を後にして、お次は北大植物園へ。その途中のホテルでちょうど我が町の物産展が開催中!!!というのを、知っていて知り合いの役場の方がいるのも知っていたので応援かねてご挨拶。札幌や姉妹都市のある九州ではちょいちょいイベントに参加しているようなので、このロゴマークをみたらぜひ我が町の美味しいものをGETしてください。(あ、ふるさと納税もおススメです!)と、宣伝をしっかりはさみながら話を紅葉ネタに。北大植物園。一度行きたいと思っていました!!春も夏もそれぞれに魅力的だと思うけど、紅葉の季節に来れて本当に良かった!!!植物画を描く母なら絶対に喜んでくれる!と思い、北大植物園をチョイス。資料館の廊下に植物画も展示されていて正解!!母はこのつたが絡む樹を見て「こういうのを描きたいわ~!」と写真に収めていました。子ども達にはアイヌの資料館を見せたかった。アイヌの住居。秘密基地を作っている末っ子坊主に「ねぇ、坊主なら作れそうだね!」と話したら「あ、チセでしょ、知ってる。」と。チセ(アイヌ民族の住居)。ちょうど、社会で勉強していてアイヌの文化についてまとめているところだった末っ子坊主。ワタシより、全然アイヌ民族について知っていました。(^▽^;)やるな、北海道の小学生。貴重な資料が展示されていて小さな建物でしたが、よい学習の場に。札幌や植物園に来る前は、ブーブー言っていた末っ子坊主も、園内でヤマガラを至近距離でウォッチングでき、自然と野鳥好き故に大満足だったよう。札幌の町中で、こんなに紅葉が楽しめ実家の両親は、想像以上に感激してくれました。茨城もちょっと車を走らせたら紅葉を楽しめると思っていたけれど、いつもと違う景色の中の紅葉はとてもいい思い出になったようです。10月の北海道紅葉を一足早く楽しむのにおススメです!(って、もう11月なので来年以降の参考に!)*オマケ*ワタシ達に会う前日に、両親は余市と小樽観光。余市のニッカウィスキーの工場見学と小樽運河クルーズどちらも「よかったわぁ~♪」急遽、計画した札幌旅行は今年70歳になり結婚45周年を迎えた両親へのプレゼントに。病気もしたし、70歳の節目だから今年は遠出は控えてる・・・と最初は旅行を断られましたが、ちょっと無理に誘って連れ出しました。結果的に、思い切ってよかった。ワタシ、41歳両親70歳会える時を大事にしたいと思いました。

      6
      テーマ:
  • 19 Oct
    • すっきり!洗濯槽クリーナー その2

      今週おうちにいる時間が久しぶりにあるので後回しにしているアレコレをやっつけています!そのひとつが洗濯機洗浄。家電と家事ネタの中で洗濯機ネタが多いワタシ。(というか、洗濯機ネタのみ)4年前から愛用していた洗濯機クリーナーがありましたが⇩今年の始めにいつものスーパーの売り場で見つけたのが【洗濯機洗浄剤】シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g 黒カビ・汚れ・ニオイ ごっそり取れる 洗濯槽クリーナー 梅雨対策480円楽天前に使っていたものよりお手頃だし、スーパーで買えるので思い立ったらすぐ出来る!と、言いながら春にやってから半年💧やっとやりました!この汚れを見ると「すまぬ、みんな...」と猛省。そして、これは家族には見せられん、と強く思う。とか言いながら、この写真を撮る母に「またそんなの撮ってブログに載せるんでしょ〜」とあきれ顔のムスメ。世のお母さん達は、どのくらいマメに洗濯機をきれいにされているんだろう。半年ぶりのワタシは主婦失格か!?そんな思いをグルグルさせながら洗濯機もグルグルすすぎ運転すること5回。そう、このすすぎにかかる時間が洗濯機洗浄を後回しにする一番の理由よねー。マメにやれば汚れも少なくすすぎも少なくてすむのかな。よし、次は2ヶ月以内年内にもう一回やってみるぞ!

      10
      4
      テーマ:
  • 17 Oct
    • 新聞に!

      昨日の北海道新聞の夕刊の月一のあるコーナーで高校生の食事についての記事があり、一番姉さんの学校の学食が取り上げられていました!(焼き立てパンとおにぎりにマヨネーズの図が姉さんの学校)三校の私学の学食や野球部男子のお弁当の様子が紙面いっぱいに。夜、父に電話をしてきた姉さん。夕刊の記事はお父さんにとってちょうどいいムスメとの話題のひとつに。父も、普段見ることがないムスメの学校生活を覗き見⁉︎でき、理解深まる道新さん、ありがとー!今朝、この写真を送ったら「みんな知ってる!」マンモス校ライフもすっかり板についてきた姉さん。あっという間の半年が終了。後期は、殆ど学校に行かない(行けない)部活なので、勉強と単位取得が気になる母。こればっかりは、本人と学校に任せるしかない。しっかり食べて寝ていれば、元気にそこんとこも乗り切れるでしょう!っていうか、乗り切ってくれ。

      6
      テーマ:
  • 12 Oct
    • 危なかった!

      文化祭前で夜に踊りの練習会に参加した真ん中姉さん。夜9時に車でお迎えに。役場前の駐車場でエンジンを止めて音楽だけかけ10分ほど停車。真ん中姉さんが来たのでエンジンをかけようと思ったら「かからない!」何度やってもかからない。結論から言うとバッテリーがあがっていたのだけど、私のせいというより寿命的なアクシデントっぽい。旦那さんは晩酌後だったのでタクシーで帰宅。車生活だと夜のちょっとのお迎えは携帯不携帯だったりノー財布だったりお風呂上がりでスッピン&パジャマってなことも!(わたしだけじゃないはず)昨日は、携帯あり財布あり(かろうじてお金あり)お風呂前!セーーーーフ‼️故障したのも街中でタクシー会社のそばでラッキーだった!事故ったわけではないけれど不測の事態だっただけにひゃーっとなりました。遠出した先でなくてよかった、電波の通じない峠でなくてもっとよかった!こういう時「日頃の行いって神様みてるよね〜」とつくづく思う。大して立派なことはできませんが、一日一善心がけようもっともっと!お迎えも気を抜かないよう心がけよう‼︎皆さんもこれから寒くもなるので外出時、お気をつけて🍀

      10
      テーマ:
  • 10 Oct
    • 食材と成長

      三連休の土日、約2か月ぶりに一番姉さんと再会。部活の親子親睦会があり、我が家は下2人を連れて参加。(旦那さんはお仕事で欠席)車で札幌まで行けるようになったので、食材をたくさん仕込んでいきました。クラスの女子が殆ど市内生でお母さんの愛情お弁当らしく、日々のお弁当が「わびしい」という姉さん。(コンビニ食が好きでないので・・・)下宿のおばさんの朝晩のごはんが母以上に美味しいので、昼ご飯くらい「我慢せぃ!!」と言っていますが、気持ちもわかる。とはいえ、作ってあげることはできないので自分で作れるように「サポート」。✳︎ズッキーニ、ナス、玉ねぎのイタリアンセット✳︎白菜、ネギ、キノコの鍋セット✳︎キャベツ、ニンジン、ピーマン、シメジの炒め物セットとカット野菜をジップロックへ。✳︎チキンも味付け2種類✳︎タラと肉団子の鍋セット✳︎そぼろ用のひき肉や✳︎手作りハンバーグと肉・魚系も仕込みました。バァバにも協力してもらい、芋娘の一番姉さん好物のカボチャの煮物、栗きんとんを作ってもらい、ワタシもリンゴとさつま芋煮を。お稲荷さんは、土曜日の部活後にぱくっと食べられるように。そうそう、いくらのしょうゆ漬けもしっかり持っていきました!!調子よく作ったら、クーラーボックス一個にギリギリ収まる大量の冷凍品になり焦りましたが、なんとか下宿の冷蔵庫と冷凍庫に収まり一安心。電話するたびに、お昼ご飯がわびしいというのでちょっと体の方を心配していましたが、2か月ぶりに会った姉さん大きくなってた栄養状態、心配なし(笑)。過酷なトレーニングに耐えうる体になっていました。部活の親睦会も、濃いキャラの部員と保護者の皆さんですが濃いだけに面白い方ばかりで楽しい時間となりました。食事の後に、部員が一人ずつ自分の親を紹介し、これからシーズンに入るのでその決意表明を発表する時間あり。3年生から順番に発表していき最後から2番目だった姉さん。みなさんの前に並んだ我が家4人に対し、一斉に部員全員がスマホで撮影し始めた!!見事なまでに全員が。保護者の方も数名撮影。それまで、誰一人としてしていなかったのになぜか、姉さんだけその対応。どうやら一番姉さん、そういうキャラらしい。完全にいじられキャラ。撮影の理由は、我が家の4人がそっくりなのがおもしろかったらしい。真ん中姉さんは夏合宿にちょこっと参加したので、「似ている」は認識され済。部員みなさんのツボにはまったのがどうやら末っ子坊主らしい。「同じ顔してる~( ´艸`)」「しかも、男~!!」姉さんが一生懸命考えて発表した決意表明には、誰一人耳を傾けることなく笑いのネタとして終了。ある意味、母は安心。この濃いメンバーの中でしっかりキャラを確立している娘に。うん、やっていけるね。競技レベルで差があるだけに、この部活でやっていけるか心配でしたがこの半年で、彼女なりに努力をし色んな意味で先輩や仲間達に認めてもらえたよう。個人種目だけど、部活の中でそれぞれに役割があると思うので、これから迎えるオンシーズンも頑張って乗り切ってほしいな。いやいや、きっとできる!そう思えたシーズン前の再会でした。

      8
      4
      テーマ:
  • 26 Sep
    • 信じる・認める・任せてみる!って大事だな。

      この春から札幌の高校に行った一番姉さん。本日、全校体育大会。陸上競技場を借り切っての大会でスポーツ校なだけに、レベルも高く盛り上がるらしい。お勉強がものすごく「・・・・(-_-;)」で、母を悲しませていた分中学時代は学校行事で母を楽しませてくれていた姉さん。しかし、高校入学前に顧問の先生に「高校の行事ではそうそう輝けませんよ!!」とバッサリそりゃそーーーだよね、一学年で生徒が田舎の中学校の全校生徒の2倍以上いてしかもスポーツ校ならつわものぞろい。そんな中で、勉強でもスポーツでも自信をもってやれるようになるって相当大変だろうな。娘よ、たくましく生きてくれ。そう思って送り出しました。本日の体育大会彼女が出たのは、1500m。1~3年生の女子の選抜メンバー。見事に1年生で1位、全体で4位という快挙!!こりゃすごい。親ばかですが、こりゃ立派。あぁ~見たかった。小・中時代は、長距離はことごとく本番に弱くがっくりな走りしかできなかっただけに、そんな走りを見たかった。中学時代は、走れるくせにまともにゴールができず勢いよくスタートするも失速するばかり。でも、高校に入り日々能力も意識もレベルの高いチームメイトの中で必死に頑張ることで一皮むけたよう。「後半加速ができるようになった!」素晴らしい成長です。同じ部活の女子はそれぞれの種目でみな1位、2位を取ったようで、先輩含め5人全員輝けました!!姉さんが、何より喜んでいたのが「クラスのみんながめっちゃ応援してくれた!!」ってことらしい。うんうん、そういうのすっごく大事だよね。そこを一番喜べる娘に安心もした。親元離れての高校生活、人間関係に凹むことも、しんどいことも多々あれど、それでもいいクラスメイトに恵まれたよう。娘を見ていると、「こんなに人って変われるんだ~!!」と心底思う。と、同時に「私ってどんだけ娘をのばせてやれてなかったんだろ・・・」とちからいっぱい反省。今、お子さんの進路で悩んでいるご家庭も多い季節かと。去年の今頃の我が家、行く先は決めれたものの、実力が全然伴っていなかったので「本当に、この学校に行かせていいものか・・・」と不安でいっぱいでもありました。実際、周りの方から「えっ、あそこの高校で競技を続けるの?」とも言われたり。そんな矢先に学んだ子育てコーチングの「信じる・認める・任せる」あぁ、私の子育てで15年間欠けていたものってこの3つだった!!このことに気がつけてから、子育てで悩まなくなったし、子ども達がぐんぐん伸びているのを実感してます。心配性な私は「疑う・心配・先回り」が子育ての基本になってしまっていたなぁ。親として「よかれ!」と思っていたこと完全に「悪かれ!?」でした。あぁ、私、どんだけみんなをぎゅうぎゅう窮屈に育てていたんだろう。「信じる・認める・任せる」って、リスキーで大変そうに思えるけれど(私だけ?)やってみるとね、「こんなに楽なことなんだ!!」と思います。特に、今、離れて住んでいるので「信じて認めて任せる」ほかない。タイミングよく、娘と距離感ができたのもよかったのかもしれないなぁ。(娘と私の車間距離が近すぎた)子供を自分が動かそうと思っていた私。大間違いだった。車の運転に例えると、すぐ後ろから常にあおって走行。(最低な運転マナーだよなぁ・・・)そんな当たり前のことに気がつけず15年。15年気がつけずに遠回りしたけれど、気がつけてよかった!!子育てコーチングの先生ふっちゃんこと石谷先生のこの日めくりカレンダーで毎日「はっ!」としている私。大人になってから学ぶって大事。気づけた時が吉日♪そして、子どもってぐーーーんと伸びる。思春期からでも遅くない!!むしろ、ここから!?のびしろいっぱーーい!面舵いっぱーーーい!!我が家、それを合言葉に子育て方向転換中。

      14
      4
      テーマ:
  • 24 Sep
    • オラクルカード

      書きたい事が山盛り過ぎてブログに綴れず早一か月😵色んな事があり過ぎてこなせているようないないような…そんな毎日。夏休み明け小学校でワークショップ2連チャン!日中に家庭科クラブさんにヘンプ編みをレッスンし夜に先生と親子全部で40人のワークショップ。そして、先週から4週連続イベントラッシュ月間に突入してましてラストは、体育の日のイベント出店。小さな町でこれだけのイベントがあるコトにびっくり‼️図書館まつりは初参加!館長さんが変わり(女性に!)色々と新しいコトに挑戦されていてイベントもさらに多くの方に楽しんでもらえるように!と、私に声かけしていただきました。40人のワークショップで親子でヘンプ編みにハマってくれた方が何人かいて図書館まつりも楽しみにしてくれているよう!来月には、隣の地区の小学校でヘンプ編み教室をやるのでそれも見越して準備中。そんなイベントラッシュのさなか昨日はイベントに遊びに行ってリフレッシュ♬午前中は、親野智可等さんの講演会を聞き、午後は稚内まで足を伸ばしてこのイベントへ!住宅展示場が会場なのでこじんまりしていますがカフェコーナーもあり宗谷のハンドメイド仲間さんが4組参加していたので北上ついでに遊びに行きました。ハンドメイド販売やワークショップの他に「オラクルカード占い」があり、人生初の占い体験!最初の3枚のカードの時点で1人「ひゃー、当たってる‼️」とビックリ。だって、現在が「疲れてますね」(^▽^;)。占ってくれたリベルテさんは一年前にイベント出店でご一緒した方。天然石のアクセサリーを作っている方で同じジャンルのアクセサリーを作っている私のコトを覚えていてくれました☺️私に関する予備知識はその程度ですが、オラクルカードでその後もビックリするくらい言い当てていただき迷える母羊🐑だった私はスパッと心が決まりました‼️オラクルカードすごい‼️頂いたアドバイスが「自分のお休みを先に確保するとうまくいきますよ」まさに昨日がそんな日。休んでいる場合じゃーなかったのだけど(笑)「えいっ!」と自分の日にしました。お昼ごはんの焼きそばと夜のカレーも留守番組に「作ってね♬」とダメ元で委ねてみました。お昼はもちろん夜のカレーも旦那さんが初圧力鍋で美味しく作ってくれていました。今まで自分が全てやるべきやらねばならぬ!と思ってやってきたけど、【周りを信じて任せてみる】これってすごく自分にも周りにもプラスになるんだな!カレーを作り、私が喜ぶ姿に嬉しそうな旦那さんの様子を見て気がつきました。【信じて委ねる】子育てにも仕事にも夫婦にも当てはまる。オラクルカードでぼんやりしていた自分の気持ちがスパッとクリアになりました!思いきって行動してよかった!そんな休日になりました。オマケ撮りそこなったけど本当に🐄が道路をゾロゾロ横断している所に遭遇!↓左側牛舎から右側の牧草地へ昨日はたくさん人に会ったけどやっぱり🐄の数には勝てなかった。でも、そんな北海道が好き💕

      8
      テーマ:
  • 03 Sep
    • 長距離運転×眠気対策

      本州育ちのワタシ18歳の夏休みに免許を取りました。将来かっこよく四駆を運転したくてマニュアルで!教習終盤で教官に「クラッチの意味って何ですか?」と、質問し「オートマ限定にしろ。」とあきれられたワタシ。現在、事実上オートマ限定のドライバーです。北海道に嫁いでから、車が必須の生活なので町内の買い物や子ども達の送り迎えはできますよ!しかし、冬場の町外の運転はNG夏場も15分も走行したら、まぶたが落ちてくるという・・・そして、けっこうな方向音痴。実に使えない。一番姉さんが部活に入ってから遠征の際に保護者の送迎が必要となりなんとか頑張り旭川まで往復320kmは運転できるように!でも、毎度毎度眠気との闘いでよそのお子さんを乗せ睡魔との闘いは精神的にかなりの負担。ガムをかんだり、コーヒーを飲んだり色々試すもイマイチでしたが、いい眠気対策アイテムを見つけました!!普段、コーヒーを飲めないワタシには効く効くカフェイン入りのあめ。合わせ技でサロンパスを両肩に貼ると、絶え間なくメンソール感が顔周辺を包んでくれガム以上のスース―感!!同時に運転の肩こりも緩和され「大発見!!」この二つのアイテムで、この夏は帯広まで一人で運転したり札幌の娘のところにも2回行きました!雪道の運転問題はさておき、これで夏場の長距離運転はマスターできました!!!みなさんも、お試しあれ~!!(出先でもサロンバス臭がとれない・・・というデメリットはありますが・・・)

      14
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 帰省終了

      「お母さん、暑い!ストーブ消して!」高1の一番姉さん、夏合宿を終えてから楽しみにしていたお家での夏休み🌻残念なくらいのお天気続きでふるさとに戻ってから「暑い😵」と言ったのは、寒すぎて薪ストーブを炊いて暑かった時だけ…という2週間弱。運動部だけど冬が本場ゆえ夏はゆっくり休め、地元の友達と会ったり違う町の親友宅にお泊まりに行ったり家で妹弟とじゃれ合ったり。あっという間の夏休み。あいにくのお天気続きで恒例の家族キャンプは遠出はやめて、隣町の湖畔。近さを活かして⁉︎友人家族も夜だけ合流♪思いがけず楽しい夜に✨札幌へ戻る日。トレーニング自転車を持って帰るため、母の運転で札幌へ。道中どんよりなところ自宅の妹から「めっちゃいい天気☀️」「海日和🏖」今回の帰省で楽しみだったのに叶わなかったこと①海で遊ぶ②満天星空を見る当初は、バスで帰る予定。自転車を持ってきたこととお母さんに送ってもらいたいの姉さんリクエストで1日早めて車で送る事に。札幌までの道中2人でたくさん話せて楽しかった分別れがますます寂しくなった😢春やGWの別れよりホームシック度高し。私と分かれた日は一日どっぷり寂しさの海に浸った様子。(愉快な下宿の部活同期は帰省中でいないので更に寂しい)バスをキャンセルした後にそのバスで仲良しさんも札幌に帰ると分かりバスで帰れば、海にも行けて、友達と帰れて寂しさも薄らいだな…と。次回からは、帰省時はバスで帰らせようと思いましたよ。移動時間を使って気持ちを整えることができるからね。初めての高校生の夏休み。合宿のつらさ帰省できる喜び友達と過ごす楽しさ家の心地良さ現実に帰る寂しさ色んな気持ちを味わったかな。

      7
      テーマ:
  • 09 Aug
    • 熊RUN2017

      先日の道新に我が町で「国道付近ヒグマの目撃相次ぐ!」の記事あり。我が子も時々走るコース。ランニング中の男性が遭遇し走って逃げて難を逃れたと。そんな記事を踏まえての熊RUN2017!熊RUNとは↓一番姉さん持参の熊鈴をチリンチリン鳴らし、末っ子坊主は、熊スプレーを携帯しながらのランニング。一番姉さんの熊鈴は、部活の顧問の先生が1人ずつに買ってくれたらしい。そう、札幌でも熊RUNしている一番姉さん。先日の合宿の峠越えも熊糞に遭遇したり、熊の姿を遠目に見た部員もいたとか(  ゚ ▽ ゚ ;)冬はスキー場の林間コース。山の頂上まで3人でRUN。途中からウォーキングになってしまった末っ子坊主。それでも、最後まで行きました。母は、後から車で護衛です。いざとなったら、車に逃げ込む!幸い、ゴールまでの道のりで出会ったのはキタキツネ2匹。カワイイ子達で良かったね♪ゴールで一休み。熊が出る🐻って知った上でのこのランニング。「どマゾですね!」と言われました(笑)。心配性のくせにこういう事はやりますよ。(ある意味、毎日熊に会ってもおかしくないからね)大きくなって違う町で暮らした時に「うちのお母さんねーホント容赦ないから〜」と、熊RUNエピソードで我が町の自然がいっぱい思い出いっぱいな暮らしを出会った人に伝えて欲しいなぁ。そんな狙いもあるこのランニング。ランニングへ向かう国道でバンビが2頭お食事中。日常がサファリパーク。数年後には、こんな感じで熊もお食事タイムってこともあるのかな⁉︎

      12
      テーマ:
  • 03 Aug
    • やりきった高1姉さん

      高校の部活で一番きついと言われている夏の合宿を今日やりきった一番姉さん。四泊五日の地獄合宿初日峠越え69キロロードバイク2日目峠越え130キロロードバイク&サマージャンプ3日目天塩岳登山4日目峠越えロードバイク130キロ5日目陸上競技場600mレペ毎日、顧問の先生から報告メールと写真が届き頑張りっぷりにびっくりの連続‼️チャリは一番苦手。直前までペダルも普通のペダルだったくらい(ロード用はペダルが違う)乗りこなせてないチャリ。今回も1人旅が多かったようだけど、やりきった。それだけで凄いのにアルペン選手なのにまさかのジャンプ!人生で初です、当然ながら。ジェットコースターにも乗れない超ビビリの姉さん、よく飛んだと思う。ジャンプの先輩に励まされスタート台で5分動けず背中を押してもらって飛んだよう。動画が送られてきて家族はビックリ‼️ビビってた割に結構上手に飛べてるし。飛んでるというより一気に滑り降り着地!って感じですけど、スモールヒルといえどもこの滑走路をぐらつくことなく姿勢を保って滑り降りしっかり着地!この4ヶ月のトレーニングの賜物だ。(空中でバラバラになった部員もいたらしい)このジャンプ台の会場で前日、高梨さらちゃんが飛んでいたそうな。おぉ!それまたすごい。最終日の今日は、お迎えがてら真ん中姉さん連れて合宿に参加。今週末陸上の大会で来る競技場なので、真ん中姉さんにはいい練習♪と思ったら、実業団から中学生までたくさんのチームが練習していて姉さん達は、サブ競技場へ。残念、タータンで練習できず。でも、400mトラックで走れるのはありがたい!高校生と一緒にハードな陸トレをコンプリートしました。高校生は、合宿最終日で体力も限界故に真ん中姉さんも姉達に勝てたり。合宿に参加しなよ〜💕と誘った一番姉さん、終始、妹を無視。全く構わず、声かけずびっくりなくらいの他人っぷり。先生曰く「自分のことで精一杯なんです」ですよね〜。あまりの他人っぷりに「男兄弟みたいだね〜(笑)」と先生も笑ってました。そんなこんなな夏合宿、姉さんも部員も怪我する事なく無事に終了!合宿前日、不安と恐怖で弱音と愚痴が止まらない。そんな姉さんにつかさずコーチング♪合宿のゴールは何?しばし考え、出た答え「チャリ完走」「合宿をやりきる!」「ご褒美は帰宅♪」そのためにやれることはなに?ゴールを設定した後は、一切愚痴なし弱音なし。仲間や友達には愚痴ってたみたいですが、ワタシには愚痴らないと決めたよう。チャリはビリジャンプも同級生より本数は少なかったけど、彼女の目標は「やりきること」ゴールを明確にできたから、ビリでもビビっても「やりきること」ができたから、達成感が自信に直結したよう。やりきれたのは、共に諦めずに頑張る仲間の存在が絶大だったとも。一年前の一番姉さんからはこんな日が来るとは、想像もできず。一皮も二皮もむけましたよ!と顧問の先生。たった4ヶ月でそこまでの気持ちを引き出してもらえ、本当にありがたいです。今日からしばしの帰省。地獄帰りの姉さんのしばしの極楽タイムです。

      16
      2
      テーマ:
  • 24 Jul
    • ソフトテニスる。

      20年ぶりくらいに大好きだったソフトテニスをしました。先日、ゼビオにていちばーーん安いラケットを2本購入。ボールとグリップテープに空気入れも買い念願の子供とテニス。中高6年間真っ黒になりながら週末なんて朝から夕暮れまで何時間もコートの上。今のムスメの部活なんてはっきり言って部活じゃないぞ。そのくらい中高生時間の殆どを部活に費やして過ごしたよ。そこで得たものやりきる経験と一生の友人そして星の数ほどのそばかす。高校最後の一年で恩師が転勤になり不完全燃焼で終えたソフトテニス。引退してからやっと面白さに気がついたというくらい現役時代は、怒られすぎて練習をこなすことで精一杯なキャプテンでした。先生に一年生時に期待され「秘密兵器」と呼ばれたワタシは、秘密のまま引退するという(_ _。)お粗末な選手。メンタルの弱さバツグン(°∀°)bそんな当時の自分の年齢に我が子がなってる( ̄□ ̄;)!!感慨深すぎる。お母さんとテニスがしたい!と言ってくれたのは好奇心旺盛な下2人。夏休みにもなったしお相手がいるうちにパンドラの箱を開けてみました、恐る恐るね。意外と打てた、サーブも入った!ソフトテニスやっぱり気持ちいい!子供たち、意外とボールに当たってた。お遊びテニスですがとっても楽しい1時間に。またやろうね!と約束。20年ぶりのテニスの後…午後のワタシは全く使い物にならず(T▽T;)次からは午後テニスに変更します。

      19
      2
      テーマ:
  • 19 Jul
    • ムスメのところ 〜姉妹の再会〜

      先週末、初めての学祭を満喫する一番姉さんの元へ。今回の目的は ①学校でのムスメを観察する ②担任の先生に挨拶する ③次女を顧問の先生に さりげなく会わせる ④次女に高校の空気を吸わせる ⑤次女に下宿生活を垣間見せるそう、今回は長女に会いに行くと言うより、次女の高校見学が主たる目的。二つ違い、年子ちゃんに比べたらワンテンポお休みがありますが、一番姉さんを高校に送り出すまでの過程を振り返ると「あっちゅう間」常に先の見通しを立てておきたい母なので、2人目も早めに始動。真ん中姉さん、姉と会うのは4月の引越し以来。学祭では、姉さんのクラスメイト達に「そっくり〜!」と言われまくり、(そうかなぁ?)ハイテンションな姉とその友人達に圧倒され、顧問の先生には、「姉より丸いなぁ(顔)」と会うなり言われ内心ムカつき(笑)「合宿には来るだろう?」と言われ笑ってごまかす。The 高校生な空気をお腹いっぱい吸い、第1ラウンド終了。ごった返す学祭は早々に切り上げて、2人でお買い物♪先週、母は1人札幌を満喫させてもらったので、真ん中姉さんのお買い物に夕方までお付き合い。夜は、母だけホテル泊。真ん中姉さんは一番姉さんの下宿にお泊りに♪今回の姉さん方への差し入れは桃🍑頑張って車で行ったのでこんな大物も下宿近くのスーパーで買い、差し入れできた♪桃は同期の2人も一緒に1人一個をガブリンチョ。ケーキホール食いに続いての食べ盛り娘サービス企画。第2ラウンドでは夜遅くまで、姉さんとその相方二人とおしゃべりし「先輩体験談」を色々と聞いたよう。帰りの車中で「どうだった?」と感想を聞くと「◯◯(姉)がやれているんだから‥‥」と。そう、妹にとって姉は全てのボーダーライン。【姉がやれているならワタシもできる。】いいような、失礼なような。姉さん達の会話から部活では、「ヘアアレンジはNG」だと言うことが判明⁉︎ショートにするのも耐え難く、ましてや伸ばせても三つ編みやおだんごができないなんて真ん中姉さんには「ありえない」らしい(  ゚ ▽ ゚ ;)。そんなコトで進路決める⁉︎次女ならやりかねない( ̄* ̄ )。先輩体験談、参考になりすぎだわぁ〜。ムスメ達に中2で高校を見に行かせている理由は、自分の経験から。ワタシは、軟式テニスをしていて中学生の時に高校の練習に参加する機会がありその顧問の先生に教わりたい‼️と中2で心に決め、受験勉強を乗り切った経験から。その学校は公立の進学校だったから、そこに行くにはとにかく勉強あるのみ。特別強い選手でもなかったけれど、とにかくその先生に教わりたかった!めちゃくちゃ厳しかったけどおかげで良い仲間出会えそこで耐えた経験が、大人になってからいきている。ワタシにとって自分で決めた人生の一番最初の選択が高校。その選択が、その後の全ての糧になっているといっても過言ではないくらい。【直感】そう、全てこれで人生の大事なところを選んでる。その直感は、自分で感じるしかないもの。「こうしたい!」理由はうまく説明できなくていい心がグッと動いたら体が勝手に動くから。その感覚をどこかで自分でみつけられるよう母は、お手伝い。ムスメがどこでどう直感を感じるかはわからない。高校の見学は全く関係ないかもしれない。それでもいい。2人目は案外どーーんと構えている所もあったりします(笑)。今回の一番の出来事は、姉妹がやたらラブラブ💓だったこと。帰宅し下宿での写真を見せてもらったら「カップルですか?」ってな写真の数々。去年の今頃は、お互い消えて欲しいくらい嫌いあってましたよね( ´艸`)。いやーー変わるもんだね。姉妹愛が芽生えたコト、母にとって何よりの収穫♪そんな姉妹の再会でした。

      12
      4
      テーマ:
  • 15 Jul
    • 高校野球

      高校野球の北海道大会北には、地元の高校が初出場の快挙👏南には、一番姉さんの高校が。地元の高校はたった10人でこの大会の切符を勝ち取りました。10人のうち4人は学年も学校も違うけど、我が子達が共に雪山やアウトドアで時間を共にした男子達。2人のお母さんとは、会えばお互いに息子娘ネタで盛り上がるので、そんな彼らの大舞台とにかく、精一杯やりきって欲しいな!一番姉さんは、全校応援を入学前から楽しみにしていたのでこちらは、応援に全力投球ですな。

      12
      2
      テーマ:
  • 12 Jul
    • モノヴィレッジ@ピヴォ3階にて

      今回の札幌遠征は、本当にラッキーづくし。今年の目標の1つに札幌での大きなハンドメイドのイベントを見に行く!というのがあり、身動きの取れる夏場に(雪道の運転ができないからね)行けるイベントはないかなぁと調べていたワタシ。そんな矢先にアメブロで拝見していたマクラメアクセサリー作家さんが私の札幌滞在期間にピヴォでのモノヴィレッジに出店するという記事が!しかも、会場にいらっしゃるという!行きました、もちろん。ムスメの進路説明会が終わり、洗った寝具類をダッシュでセットし(ビニールハウスな暑さゆえ数時間で乾いた♪)バスに飛び乗り、地下鉄へ。2日前同様に下調べなしに大通り駅下車で初ピヴォへ。お会いしたかった作家さんとその作品は、想像以上にステキでマクラメ以外の手法でパーツひとつひとつまでオリジナルで作られていて驚きました。アンティークタイルをワイヤーで包み天然石をあしらった作品を購入♪マクラメとはまた違った細かな技術!アンティークタイルをこんな風にアクセサリーのパーツに使う発想に創造性を感じました!帰りの長距離バスの時間がせまっていたので、限られた時間しかありませんでしたが、作家さんにお会いでき、お話することができ、心いっぱい♪大満足!と、同時にワタシにとってハンドメイドはお客さんとしてよりも、作り手として関わるコトに興味があることも再確認できました。ワタシの作品のレベルはぜーーんぜんまだまだ。マクラメレッスンを受け、イベントで作家さんに会え、目標が1つ定まりました。刺激を受けた熱が冷めないうちに今回のレッスン作品は帰宅後すぐに仕上げました。本当は、ネックレスですがレッスンの時間の都合上⁉︎(ワタシの都合上⁉︎)10センチ短く完成(^▽^;)これを見た真ん中姉さん「かわいいねーすごいねー」と頭に乗せていました(・Θ・;)だよね、ティアラだよね。続いて末っ子坊主も「おぉー!」と言いながら頭の上に( ̄▽ ̄)旦那さんはね、「おぉー首輪か?」みんな、なんとでも言ってくれ。いいの、これはワタシのレッスンの証として鑑賞用にするから!子育てと家事の合間のマクラメ時間5分でもいいのでみつけてスキルアップをしたいと思います!札幌にひとり自由に行かせてくれた家族にたくさん感謝☆行けて本当に良かった💛m.glam jenderさんは、8月のモノヴィレッジにも出店するそうですよ!

      13
      2
      1
      テーマ:
  • 11 Jul
    • ムスメのところ  ~冷蔵庫と洗濯機~

      ムスメの下宿。2年前のオープンキャンパスの際に「あぁ、下宿って書いてある!」とその存在を知り、1年前の学校説明会の際に顧問の先生から紹介をされて初めて管理人さんご夫妻とお会いし下宿の部屋をみせてもらった。築年数は、部屋のドアに貼れらたこのシールからお察しください(笑)。1年前に、すでにこの部屋がムスメの部屋になると説明されました。これらのシールを見て、一番姉さん「こわーーーい!!」「絶対に自分の部屋になったらはがす!」と。おい、まてよ。このシールがこの○十年、数々の住人がこの部屋に住んだにも関わらずここに貼られているってことある意味「すごい」母には、守護神にしか思えない!4月に晴れて住人となったムスメに「これは、はがすな。」理由!?もそえて伝えたら、妙に納得したのか、はがさずにいる。それどころかね、4月のうちに・・・大胆にも、○十年の時空を超えてアイドル夢の競演に!?(はがす以上に大胆な行動だよな・・・)※前住人の子は、猛烈「桜井翔ファン」だったけど部屋にはポスターがいっぱいだったけど、ドアにシールは貼らなかったよ・・・(-_-;)。ドアのシールは、さておいてムスメの部屋は南向きの角部屋。窓を開けると木々の緑にほっとする。しかしね、今回の訪問時連日30度超え。夏でも一歩間違えれば薪ストーブを焚くようなオホーツクっ子は、札幌の暑さにまいっています。だって、ムスメの部屋窓はあるけど、風がまったく入ってこない!!まるでビニールハウス。そんな彼女の冷蔵庫( ゚∀゚; )タラー「ナニタベテイキテタ?」月~土の朝夕は食事アリ。その食事が余裕で「母親超え」の美味しさ。13人の部活をしている下宿生にできたての食事を一人一人出してくれるステキな管理人のご夫婦です。「一日でおばさんの食事が幸せ♡」なムスメと同期2人は、トドのように食べているそう。(想像できるわ~)他の下宿生たちは、イマドキの子らしく好き嫌いがあったり、そんなに食事に感動しないようで、今回のこの3人の食べっぷりと喜びっぷりは作り手にとっても嬉しいそうです。親としては、育ち盛りゆえ「食事」が一番の気がかりだったので、本当にありがたい限りです。そんな手料理を頂けていると逆に月~土のお昼ごはんと日曜日の三食のコンビニ的な食事のわびしさが際立つらしい。オフの日曜日にスーパーで冷凍食品を買ったりお弁当にご飯を炊いてお弁当を持っていくようにはしているのだけど、下宿の冷蔵庫を開いて「ナニタベテイキテイルノ?」って母はびっくり。土曜日の午前中前日にスーパーで買った食材でおかずをいくつか作り、キャベツなどを下ごしらえして冷凍し簡単にお弁当や日曜日のごはんが作れるようにしてきました。(共有の流しにある1口コンロをフル稼働して3時間・・・)土曜日の授業を終えて、午後からの部活前に帰宅したムスメが、潤った冷蔵庫を見て喜んでくれた時、汗だくで作った甲斐がありました。ムスメが学校に行っている間に洗濯もしておこうと、洗濯機の使い方を教わると、「200円で60分だから、おいそぎコースの15分で4回回しているの!!」と言い、ツラッと、柔軟剤投入口に洗剤を投入した我が娘。(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)おいそぎコース=流水1回すすぎ柔軟剤⇒すすぎ時に投入つまりこの3カ月、水洗いをしていたムスメ(=◇=;)どうりで、スポーツソックスがやたら汚いわけだよ。この間違いに、2人で爆笑。洗濯は、きちんとできていると思っていたら、思わぬ落とし穴。やっぱり我が娘抜けてるわ。同期にこの話をしたら、もう1人も同じことをしていたらしい!!!仲間がいてよかったね♪今回、初めて下宿生活をチェックしたけど、「こんなんでも生きていけるんだね!」が、ワタシと主人で一致した感想(笑)。今までだったら、ガミガミアレコレ言っていただろうけど、離れて暮らし、明らかにこれまでのムスメのキャパを越えた勉強量とトレーニング量をなんだかんだ言いながらこなして元気にやれていることを考えたら、干物女子な冷蔵庫の中身も洗えていない洗濯物も「ぜーーんぜん問題なし!」やれてる、やれてる。彼女にしたら上出来です。というのも、下宿のおばさんに(美人)「13人の中で、お風呂に入る時もなにするときも挨拶をしてくれるのは〇〇ちゃんだけですよ」と言われたから。うちでは、怒られ隊長だったけどきちんと外ではできている。それが分かれば十分です。温かくおいしい食事を作ってくれ、ムスメの行動もみていてくれるそんな下宿にお世話になれて本当にありがたい。(病院にも連れて行ってくれます)日々の電話で、相変わらずイラっとくる態度をとることもありますが、それは、家族への甘えなんだろうね。一歩進んで二歩下がっていたこれまでから、二歩進んで半歩下がるそんな成長に変わった気がします。高校生、制服変わると中身も変わる。実感した下宿訪問なのでした。

      10
      2
      テーマ:
    • ムスメのところ ~進路決定を思い出す~

      この春から下宿生活な15歳の一番姉さん。初日から大ホームシックというスタートでしたが、持ち前の社交性を武器に⁉︎同級生350人キャラ濃厚でハードな部活高校生活の荒波の中思いの外元気に楽しく生き延びてます(笑)。GWのオフで帰宅し一旦心を充電。それからの2ヶ月は、部活の山場2ヶ所にテストの洗礼・・・インフルエンザにおびえ、風邪でダウンし、ものもらいもできかなり気弱に心細くなりながらもよく乗り切った!!!「お母さんに会いたいよ~!」のラブコールにお応えし、夏の地獄合宿前に心の充電させてあげるか♪ワタシの札幌行きの日程にくっつきで【一年生対象進路説明会】ナイス👍1日延泊決定です。七夕🎋だったのでこんなご褒美スイーツをお土産にムスメの下宿にお泊り!札幌から、下宿に向かう途中で自炊用にニトリでフライパンなどを買いコープで食材をたくさん買いえんやこらえんやこらと向かったのでケーキはこんなありさま(^▽^;) 見てくれは悪いけど、味に変わりなし!!!同期3人娘がでフォーク片手にほっくほくの笑顔で「いっただきまーーす♡」念願のホール食い。女子高生(一応)×スイーツ一番美味しく食べるお年頃♪見ているだけで微笑ましい。ケーキの後は、3人のお疲れ満載な脚をオイルマッサージ!2人の脚は立派に鍛え上げられ、すごかった!一番姉さんはやっと筋肉がついてきたところ。2人に比べたら、まだまだです。冬までに2人に追いつけるかな?足裏をぐいぐいもんでふくらはぎと太ももをマッサージ!翌朝、脚がかるーーい♪と3人揃って喜んでくれました。同期の2人は道外っ子。彼女達のお母さんはそうそう会いには来れないので、2人のお母さん代わりに、できることはやってあげたいなぁ。気がつけばいつも3人集合!学校でも、部屋でも、お風呂でも!?ダチョウ倶楽部か森三中か!?な絶妙な組み合わせです。去年のちょうど今頃、顧問の先生から電話あり。「下宿の空きが3人のところ、すでに2人の入部希望者がいるけれど、どうしますか?」と。その電話のさらに1年前・・・反抗期ど真ん中の中2の夏に、進路も定まらず、そもそも勉強もせず母のため息ばかりが深まっていた時、「えい!!」と、一番姉さんを今の高校のオープンキャンパスに連れていきました。9割が3年生という中で2年生で参加。この時は、陸上部の部活体験もできました。スキー部の体験こそなかったけれど、顧問の先生を探し、ご挨拶。これが、功を奏した。本人のやる気スイッチはその後も全然入らなかったけれど(-。-;)2年生の夏に高校に行き、今の顧問の先生にご挨拶できたのが、先ほどの1年前の電話につながる。1年前の電話の直前、中3のムスメは、反抗期ピークでワタシや主人ともしょっちゅう衝突し、「スキーなんて絶対やらない!!!!」どうする進学!?(勉強全然してないよね?)という状況の時の一本の電話。強豪校の先生が、自分のことを覚えていてくれたのが嬉しかったのか何なのか、「絶対やらない!」から「続けたい!行きたい!」にガラッとコロッと変わりました(笑)。それからは、心が決まり親子二人三脚で冬を乗り越え春になり今の同期2人との奇跡の出会いにつながります。子どもの人生、子どもがこれから決めていくのだけど、親のアシストも時には必要だなぁと。過保護や過干渉とは違うアシスト。充満した悶々とした気持ちにプスっと小さな風穴を開けてやるそんなアシスト。高校生になり、親元を離れたムスメの頑張りやれている姿を見るとあの時、オープンキャンパスに連れて行き顧問の先生を探して挨拶した母親としてのワタシ、ナイス!!とひそかに思っています( ̄▽ ̄)。アシストした先の選択肢は、子ども自身が決めていけばいい。あとは、子どもが迷ったときにどこを目指しているのかをクリアーにしてあげればいい。ちょうど親子で進路と向き合う時期に子育てコーチングを学ぶ機会を得たのも「なんてラッキー!!」(この時も、めちゃくちゃ忙しくかなり「えい!!!!」と受講を決めました)一番姉さんの子育ては、教えられること気がつくことがいっぱいです。(むかつくこともいっぱいでしたが!)久しぶりにムスメに会って改めて彼女の存在が今のワタシを形成していることを感じたのでした。

      13
      4
      テーマ:
  • 09 Jul
    • 子育てコーチング

      ご縁があって出会った子育てコーチング。その札幌での講座を自分の目で見て耳で聴いて心で感じてみたくて「えいっ!」と、行動。子コcafe は、一期6回2週間に一度の開催。普段は木曜日開催なようですが、95期だけ金曜日開催!それゆえ、ワタシにも参加できるチャンス到来✨とはいえ、我が家からは最短でも5時間の道のり。一泊は必須だし4月末〜7月上旬の日程小・中・高校生のいる我が家一番忙しい時期だよね(T▽T;)何度もスケジュール帳とにらめっこし行程をシュミレーションしここなら行けるかも!と、行けたのが1回目と最終回。行って良かった!得るもの多し。じつは、子育てコーチングのコーチ養成講座を昨秋受けていてふっちゃんこと石谷先生の教え子の1人。(かなりなんちゃって・・・ですけど(^▽^;)我が町のプロジェクトでふっちゃんの講座を16人で受講しました。⇒コチラ我が町版!ということで正規の養成講座とステップや内容が異なります。そのため、子育てコーチングを実際にどんな方がどんなきっかけでどんな雰囲気の中学んでいるのか。そこを体感したかった。昨秋に我が町で一緒に養成講座を受けた仲間は、同じ子育て世代あり先輩世代あり、若い世代あり、子育てはされていないけれどお母さん以上に愛あふれる方あり。小さな町ゆえにほとんどが顔見知り。それでもね、知らないことがたくさん。こんな想いを持っていたんだ!こんな経験を経ての今なんだ!講座の前と後で自分もみんなも変わる様子を目の当たりにし子育てコーチングを北のはじっこでも【伝えたい】【広めたい】【サポートしたい】気持ちが🌱ました。ワタシができることから小さな一歩を、それが札幌での子コcafeに参加してみることでした。たまたま1回目と最終回に参加するという結果になりましたが、これが大正解‼️参加者のみなさんのBefore→Afterを鮮明に体感できました!一言で言えば「きれいになってた✨」表情だけでなく服装や話す言葉や行動がびっくりするくらい明るくやわらかく優しさと自信に満ちていました!本当にびっくり‼️最終回にはランチ会もあり これまた、貴重な体験。子育てコーチングcafe で自分の心のフタがパカっと開いたみなさんは、次のステップに向かって色々な話に花を咲かせていました。⇒コチラうん、すごい。このパワーを来週我が町のお母さんにもお伝えできるチャンス到来✨ふっちゃんのご配慮で我が町で特別講座をしてくれます!!⇒コチラありがたすぎます‼️感謝☆感激☆彡若いお母さん達の申し込みあり!ふっちゃんのコーチングエステに行くよりきれいになれる💕お楽しみに〜

      13
      テーマ:
  • 08 Jul
    • 修学旅行

      前記事の日我が子の通う、ワタシも通う?小学校の6年生がたまたま、ほんとにたまたま札幌に修学旅行!前日がちょうど小学校での週に一度の放課後子ども教室の日だったので、スタッフをしているワタシは小学校に。広場に来ていた6年生から自主行動の時間を聞いていて、集合が《6時テレビ塔》だったので、そりゃー行くよね。マクラメレッスンが終わって札幌駅に着いたの5時半。🏃🏃🏃大通り駅からテレビ塔へ!って、ワタシテレビ塔に地下鉄から行ったことない!調べている時間なしひたすら直感で突き進み地上に出たら、見えたよその下にいましたよく知る面々が!🏃で通りを渡り添乗員さんを先頭に出発!ってところを引き止めたよね〜、ワタシ。引率の先生方がそれはそれはビックリ‼️校長先生なんてもっとビックリ‼️(前日に夕方会議でご一緒していたので)我が子の学年ではないけれど6年生とは、色々な場面で関わることが多くお友達のお子さんもたくさんいる学年なのでそんなみんなの初めての修学旅行に遭遇(狙いましたが)できてなんだか嬉しい♪ワタシも3回子ども達を修学旅行へと送り出すドキドキした親の気持ちを味わっているので、そんなお母さん達の代わりに!?かるくストーキング(笑)。前日に真ん中姉さんから、「会えたら集合写真を撮ってあげな!お母さんがシャッター押したら先生も入れて全員写れるから!」と指令あり。自分達の時に、退職されて札幌にお住いの先生がテレビ塔まで会いに来てくれ、そうやってシャッターを押してくれたんだって!姉さんがそう言うなら遠慮なく!ってことでカメラマンをしたワタシ。なんだかいつもと変わらぬ光景!?せっかく札幌来たのにいつものおばさんがいつものように写真を撮ってくれ修学旅行の非日常感なくしちゃったか^^;でも、いい子揃いな6年生と愉快な先生達はワイワイと奇跡の遭遇を楽しんでくれました♪みんな元気に帰宅できたかな?テレビ塔の下の再会はもう一つあり、先程の真ん中姉さんが言っていた退職された先生が、今年も会いに来てくれていてワタシも再会できました。ワタシも大好きな先生で子ども達もお世話になりお会いしたかった方。つもる話がたくさんあったのでテレビ塔の下で🍻札幌初日からとっても濃厚な1日でした。テレビ塔でバンジージャンプができるらしい!やりたかった〜!

      7
      テーマ:

プロフィール

ペネロペ母さん

性別:
女性
お住まいの地域:
北海道
自己紹介:
北海道の北のはじっこの町で暮らす うっかり屋のお母さんです。 温暖な小田原育ちが 極寒の地へ嫁...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。