思い切り踏んづけたペダルは 

まるで空を飛べそうなくらい 勢いをつけて回った  

後ろに乗せた君の回した腕が 

僕のこといつもより強く抱きしめた気がした 

 

あの日の風の色は思い出せるけど 

あのときの夢と日々はずっとくすんだまま 

 

明日をまぶしいくらいに上手く描こうとして 

僕らは綺麗な色を塗りすぎたみたい 

ちょっとかっこ悪いことも壊れた夢の色も

パレットに広げ もう一度明日を描こう 

 

川沿いずっと下って立ち入り禁止のサクをこえ 

河川敷の先までペダルをこいだ 

自転車を投げ捨てて見上げた空 

鮮やかなその色は心から消えないのに 

 

あのときの君の笑顔思い出そうとしても 

なんかうまくいかなくていつもとぎれてしまう 

 

悲しいページなんてなかったことにしようとして 

僕らはいくつもの色を重ねてしまった 

きっと塗りすぎた色って白にもどれないけど 

それでいい 新しい色で明日を描こう

 

明日をまぶしいくらいに上手く描こうとして 

僕らは綺麗な色を塗りすぎたみたい 

ちょっとかっこ悪いことも壊れた夢の色も 

パレットを広げ もう一度明日を描こう

 

きっと塗りすぎた色って白に戻れないけど 

それでいい 新しい色で明日を描こう 

 

 

AD