姿勢トレーニングコーチ/ 姿勢矯正士のブログ

京都で、姿勢トレーニングコーチ/姿勢矯正士として、姿勢矯正・体の動き作り・姿勢作りの専門として指導しています。
また、ケガをしてもすぐに早期回復・復帰できるような施術も行っています。


テーマ:
今回は、股関節を動かすには? まとめですにひひ

姿勢が良く、オリンピックなどで、個人やチームで、日本が毎回の様に結果を出しているスポーツは何かわかりますか・・・?



それは、体操です。

体操選手は、姿勢が良く、股関節も柔らかいですよね。

ストレッチにより、股関節が柔らかいのかはわかりませんが、柔らかくする為に、トレーニングを積んでいる事でしょう。

他のスポーツで、骨盤側から股関節が動いていない場面を目にする事があります。

例えば、ラグビーのスクラムは、ぶつかる場面でわかると思うのですが、骨盤が後傾していて、腰の反りがない選手が多いです。

筋トレによりつけた筋肉で勝負している傾向がまだまだ強いので、骨盤側から股関節を動かす事は中々理解してもらえないと思います。

ラグビーのスクラムに近い場面ですが、相撲の最初の立会いやアタリでも、腰の反りがなく、骨盤が後傾している力士が多いです。

しかし、ここで疑問があると思いますが、力士はケガをしない為に、股割りで体を柔らかくすると聞いた事がありませんか?

テレビなどで、開脚してストレッチをしている力士を見た事があります。

聞いた話しによれば、最初にケガをしない為に、無理やり後ろから抑えられて股割りをするという事もあるそうですね。

その方法では、筋肉を伸張させすぎて切れてしまい、体は柔らかくなっても、力が入りにくくなるので、股割りではなく、股裂きですよね。

無理に筋肉を伸張させすぎて、柔らかくしただけなので、もちろん股関節は動いてません。

その証拠に、骨盤は後傾していて、腰椎の反りがない力士が多いです。

他には、野球のバットを振る場面です。

昔、巨人の監督だった長嶋さんは、選手を指導する際に、腰辺りを回転させる様なしぐさで、指導していました。

腰の回転も大事ですし、背骨を軸としての回旋も大事ですが、股関節からの回転から、それらを連動させ、体を動かす事が出来れば、バッターも変わっていくと思います。

今回、骨盤側から股関節を動かす事について話してきましたが、まだまだ骨盤側から股関節を動かせていない選手が日本には多く、認識されていません。

この取り組みを行わないと、日本のスポーツの世界では中々結果が出ないと考えています。

そんなはずはない!と、思う方が大半だと思いますが、どこどこの筋肉を鍛えればというトレーニング方法であっても、成果や結果も出る事もあるでしょうが、レベルが上がると、それでは通じていない事が殆どです。

もし、骨盤側から股関節を動かせる様になると、さらに違う成果が見え、結果も変わってきます。

骨盤側から股関節を動かすトレーニングをしていけば、各競技、必然的に結果が出ると思うので、ケガが多い方、一生懸命取り組んでいるのに結果が中々ついてこない方、またスポーツをしていない方、その他色々な症状で体の悩みを抱えている方は、一度考えてみて下さい目
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。