東陽町のジャズピアノ指導♪最短距離で楽しく弾けるようになる秘訣

はじめまして!江東区の音楽教室ドリーム・ミュージック・講師のヨッシー・佐藤です。
このブログではポピュラー音楽指導や演奏が上達するためのヒントについて書いております。


テーマ:
● 年少さんの生徒さん、やる気満々でピアノを弾いてくれました。東陽町のジャズピアノレッスン

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

昨日は、ドリームミュージックのピアノレッスンでした。

レッスンにやって来た年少さんの生徒さん、やる気満々でした。

ピアノを弾きたくてしょうがなかったのでしょう。

ソとファの音だけの即興演奏、なんとピアノの色々な音域で弾いてくれました。

また、作曲のレッスンでは、自分で書いた譜面をしっかり読んで、弾いてくれました。

オリジナル曲に、「ぶどうのうた」という素敵なタイトルをつけてくれました。

これまで大手のピアノ教室にいらっしゃった生徒さん、レッスンが退屈で、途中で嫌になってしまっていたそうです。

ママが心配されて、大手のピアノレッスンを辞めて、東陽町のピアノレッスンに来てくださることになりました。

30分のレッスンですが、生徒さんはしっかり集中してくださり、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

弟くんもママに付き添ってレッスンを見学されていましたが、レッスンの合間をぬって、色々な遊び道具をお渡ししました。

生徒さんが音符を書く時間を使って、一緒に遊びました。

小さな男の子でも、自分の存在を認めてもらいたいですからね。

途中でぐずることなく、最後まで静かにしていてくれました。

レッスンが終わってから、弟くんは、ニコニコの笑顔で、自分から「バイバイ~」と言ってくれました。

レッスンが終わってから、小林先生と、近所のお好み焼き屋さんに行きました。



美味しいもんじゃ焼きをいただきました。

楽しいレッスンで一日が過ぎ、美味しいご飯を食べながら、小林先生と楽しいお話をしました。

幸せ~^^


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● コードは年長さんでもわかるくらい簡単であることが、判明いたしました。東陽町のジャズピアノ

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

年中の生徒さん、プレキッズの2冊目のテキストが終わりました。



レッスンでは、「ママのうた」というオリジナル曲をつくってくれました。

ママもニコニコです。

年少さんと年中さんの生徒さんたちは、ソとファの音で即興演奏してくれました。

ソとファだけなのに、素敵な音楽になっているのを聞いていたパパが、ビックリされていました。

プレキッズのテキストを一番長く使っている年長の生徒さんは、すでにBOOK5の太陽と月のコードが終わりました。

ト音記号もヘ音記号の譜読みもできるようになって、音階も終わっています。

生徒さんが8小節のコード進行をつくって、弾いたら、とっても楽しくなったようで、16小節のコード進行をつくって、自分で弾いていました。

楽しいので「もっと!」と遊びながら、しっかり音楽の力がついています。

ところで、今までコードは小学生でもわかります。とブログでお伝えしていましたが、どうやら間違っていたようです。

コードは年長さんでもわかるくらい簡単であることが、判明いたしました。

ところで、コードは導入時には基本形を使いますが、ダイアトニック進行での即興演奏の場合、右手はコードの転回形が大切になってきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● こんな私が、まさか即興演奏ができるなんて!とても信じられません!東陽町のジャズピアノレッスン

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

「こんな私が、まさか即興演奏ができるなんて!とても信じられません!」

ジャズピアノのレッスンで、初めてアドリブに挑戦された生徒さんから、また嬉しい感想をいただきました。

生徒さんは、自分の性格はアドリブに向いていないと思われていたようです。

いえいえ、そんなことはありません。

どんな人でも、日常会話ができれば、誰でも即興演奏ができるようになります。

譜面を読んで演奏するのは、演劇の台本を読むようなこと。

即興演奏は、ふだんの日常会話。

そして、作曲は、結婚式などの祝福のスピーチにたとえることができます。

日常会話であれば、4才のお子さんも普通に行っていますね。

なので、インターナショナル保育園の生徒さんたちは、全員即興演奏ができます。

即興演奏は、特別なものではなく、誰でも当たり前にできるものなんです。

ところで、中学生の生徒さんは、今ジャズのアドリブに挑戦しています。

ジャズのアドリブでは、同時に色々なことを考えて指を動かす必要があります。

左手は、テンションの入った難しいコードを弾き・・・

右手は、コードが変わるたびに、違う音階を弾き・・・

そして、音楽的なフレーズも意識し・・・

さらに、リズムに合わせて演奏をし・・・

さらに、小節を数える必要があります。

一度に、複数の複雑なことを考えなければならないので、非常に頭を使います。

台本を読んでいるときとは、全く違う脳を使います。

ジャズのアドリブは、あたかも会社の重要なプロジェクトを進めていく上での会議で、発言しているみたいなものです。

なので、アドリブに挑戦すればするほど、確実に頭がよくなります。^^

台本を音読することは、とても大切です。

ですが、実社会では、会話を通したコミュニケーション能力が大切になってきます。

また、新しいアイディアを生み出す「考える力」が必要になってきます。

なので、ぜひ、アンサンブルの中の即興演奏で、どんどん頭を使って、コミュニケーション能力を高めていきましょうね。^^



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 自分からハ長調の音階の上にできるコードを全部発見してしまった年長さん。東陽町のジャズピアノ

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

先日は、ドリームミュージックのレッスンでした。

年長さんの男の子の生徒さん、プレキッズポピュラーのテキストのハ長調の音階が終わったので、レッスンで即興演奏をやっていました。

鍵盤のあえて弾かない音にシールをはって、ゲームみたいに遊んでいたところ・・・

「オレ、先生の弾いているのやりたい!」

と言われました。

「えっ?でも、まだコードは習ってないじゃん。」

と言うと、「オレできる!」とただならぬ自信が・・・

「じゃ、やってみる?」

と、カンタンなCのコードだけを説明すると・・・

何と、自分からハ長調の音階の上にできるコードを全部発見してしまいました!

一生懸命指を広げて、全部演奏してくれました。

テキストでも、これからコードの導入に入るところだったので、ビックリです。

レッスン後に、コードを弾いている息子さんの姿を見て、ママもビックリされていました。

コードを教えなくても、普段からコードの伴奏をつけて一緒に演奏をしていれば、子どもたちは自然に音を聴いて、コードを認識できる「すぐれた耳」を持っているのですね。

ちなみに、この年長さんの生徒さんは、大のイタズラっこです。

イタズラがひどすぎて、他の先生が対応できず、最終的に僕のところにきました。

レッスンは、時々かくれんぼになったりしています。

姿は見えているのですが、「あれ~?どこいったのかな~?」と言いながら、僕は、あえて別の場所を探しています。

そんな僕の姿を見て、生徒さんはクスクス笑っています。

生徒さんの視線と同じレベルで、僕も遊ばさせていただいております。

遊びたいときは、目いっぱい遊んでもらったら、こどもたちの脳は活性化するからです。

なぜなら、楽しいとき、リラックスしているときに、脳に学習能力を促すアルファー波が生じるからです。

特に、感受性が豊かな子、頭がいい子は、楽しいことをしたので、頭をフル回転させてイタズラを考えます。

それに対し、頭がカチカチになった大人は、予期しないことが起こるので、イタズラをするこどもたちを、「躾」という大義名分によって、自分がコントロールしやすいように、怒っておさえつけようとします。

よ~く考えると、予期しないことが起きると、それに対処するために、頭を使わなくてはなりませんからね。

頭を使うことは、労力がかかります。

なので楽なんです。^^

つまり、大人にとっては、「面倒なこと」なんですね。

なので結果的に、怒鳴って子どもたちを押さえつけるか、もしくは刑罰を与えて、頭をフル回転させてイタズラをする子どもを𠮟ります。

これが、こどもたちがイタズラをすることに対し、大人の権威を使って拒否反応を示す理由です。

怒られた状況では、こどもたちの脳にストレスと不自由さを生み出し、結果的にベータ波を生み出します。

ベータ波は、学習能力を阻害します。

もちろん、子どもたちが何か危険な行為をしたり、本人やまわりの子どもたちに危険がせまるときは、本気になって怒る必要があります。

その見極めが肝心なのですね。

こどもたちは自分で考える力が養われる「あそび」をすることで、自然に自分から何かを発見する力がついていきます。

この部分を、大人がどこまで理解できるか?

結局は、ノウハウやネタではなく、こうした根本的な考え方がレッスンでは必要になります。

やっていることは同じでも、大きな違いが生まれる原因はここなんですね。笑

こどもたちが真剣に考えてイタズラをしているのであれば、それに真剣になって対応させていただくのが大人の「人としての礼儀」になります。

人としての礼儀を果たすことは、見本となる大人の責任になります。













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 演奏に対する集中力が高まり、やる気がどんどんアップします!レコーディングレッスン

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

中学生の生徒さんの本格的なレコーディングレッスンが始まりました。

レコーディングといえば、これまでも録音をしてCDにしたりしていましたが、どちらかというと「記念に・・・」という感じでした。

これからは、毎回のレッスンでレコーディングを行う予定です。

レコーディングレッスンは、これまでの様々なレコーディングの経験を元に、僕が新しく開発したレッスン指導法です。

レコーディングではバンド演奏のバッキングに合わせて、生徒さんがピアノを演奏します。



バンドの演奏は、どんどん進んでいくので、途中で演奏がつっかえたり、もたったりすると当然合わなくなります。

なので、生徒さんは演奏にしっかり集中していきます。



テキストの譜面は、メロディーとコードしか書かれていません。

なので、弾きやすいように、生徒さんが自分で運指を考えます。

また、コードもさっと見て、すぐに弾けるように神経を使います。



また、強弱やアーティキュレーションも、生徒さんが自分で考えて、譜面に書き込んでいきます。

つまり、アレンジの楽しさを生徒さんに体験していただきます。



レッスン室のピアノには、マイクを2本使って、ステレオ録音します。

録音が終わると、生徒さんには自分の演奏を聴いてもらいます。

自分の演奏したピアノが、ちゃんとした音で録音されるのを聴いて、生徒さんはニコニコの笑顔になりました。

さらにエフェクト処理をして、簡単にミックスしたのを聴いてもらったところ、生徒さんは、とっても感動してくださいました。^^

自分の演奏した音楽が、まるでアーティストのCDを聴いているかのようになれば、誰でも嬉しいですね。

ところで、録音を聴く段階では、僕はあえて何も指摘をしません。

客観的に自分の演奏を聴くことで、生徒さんは自分自身で、色々なことに気づいてもらいたいからです。

自発的に何かに気づいて、それに対して、自分はどう対処するのか?

生徒さんには、自分で物事を考える力を養ってもらいます。

録音を聴いた生徒さんは、「即興演奏の部分をもっと良くしたい!」ということだったので、もう一度録音をします。

またその演奏を聴いて、生徒さんが何かを発見し、満足いくまで録音を繰り返します。

1回のレッスンで1曲を仕上げ、10曲たまったらアルバムにしてCDを生徒さんにお渡しする予定です。

レコーディングをすることで、演奏に対する集中力が高まり、また録音された演奏を聴くことで、やる気がどんどんアップしますよ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 出来あがった作品に、「こんな素敵な曲をつくったのね!」と、お母様がビックリされていました。

こんちは。ヨッシー佐藤です。

生徒さんから、嬉しいお土産をいただきました。



東北の実家に、帰省されていたそうです。

お気遣いありがとうございました!

さて、この生徒さん、夏休みの自由研究に作曲をされました。

レッスンでは、作曲をされた作品に対し、アーティキュレーションや強弱を生徒さんに考えてもらいました。

出来あがった作品に、「こんな素敵な曲をつくったのね!」と、お母様がビックリされていました。

生徒さんは、作曲が大好きです。

大好きなことをして、誰かに喜んでもらえたら幸せですね~

ところで、東陽町のジャズピアノレッスンでは、どんどん新しい発見があります。

レッスンでは、この新しい発見を元にレッスンプランを考えていきますね。

今までに知られていなかった、ものすごい発見がありましたよ。^^

東陽町の生徒さんたちは、楽しみにしていてくださいね~



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● いやいや練習をしているときと楽しく遊んでいるときの脳の働きの違い

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

昨日は、ドリームミュージックのピアノレッスンでした。

夏休みで元気いっぱいに遊んでいた子どもたちが、いつも以上にニコニコでレッスンにやってきました。

いっぱい遊んでいるので、こどもたちの集中力がすごいです。

プレキッズポピュラーのテキストも7ページも進んでしまう生徒さんもいました。

楽しく遊んでいる子どもたちは、じつはものすごく頭を使っています。

楽しんでリラックスするので、脳にアルファー波が生まれ、それが学習効果に非常に有効と言われています。

逆に、いやいやお勉強している子どもたちの脳には、ベータ波が生まれ、学習効果を下げてしまうと言われています。

レッスンでは、譜読みの導入のほかに、即興演奏や聴音、作曲などを行っています。

即興演奏では、なぜか「おじさん!」「おばさん!」と言いながら、メチャメチャ弾きをしている生徒さんもいました。

僕も一緒になって「おじさん!」「おばさん!」と言いながら、メチャメチャ弾きをしたところ、生徒さんが大笑いしながら、即興演奏をしていました。

あ、そうそう。

生徒さんがメチャクチャ弾きをしているのを「ダメ~」とおさえつけるのは、NGです。

むしろ、メチャクチャ弾きを、先生も一緒になって遊んであげるのが正解です。

まさか!と思われた方は、こちらの動画をご覧ください。



ジャズの有名なプロミュージシャンたちの演奏です。

大の大人たちが、メチャクチャ弾きのアンサンブルをしていますね。

デタラメ弾きをしているときの、ピアノのおじさんの表情をよ~く見てください。

子どもたちがメチャクチャ弾きをしているときの笑顔と、どのような違いがあるでしょうか?^^

ちなみに、この音楽はフリージャズと呼ばれ、ミュージシャンたちは、この演奏でお金をもらっています。

メチャクチャ弾きをしていたお子さんが、その後どうなるか?はこちらです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 東京からもたくさんのファンの方が遊びに来てくださいました!名古屋、大阪ライブ

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

バンドの名古屋、大阪のライブ、とても盛り上がりました!



感謝なことに、たくさんのファンの方たちが、わざわざ東京から駆けつけてくださいました。



ここでしかできないライブに、メンバー全員に気合が入ります。



会場に遊びにきてくださったみなさんも、最高に盛り上がってくださいました。



ライブには、お金に変えられない価値があります。

また、お金では買うことのできない「想い」や「気持ち」を体験することができます。

暑い中、遠くからお越しくださったみなさん、ありがとうございました。

東京でのファイナルも楽しみです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● 生徒さんの心を育てることは、生徒さんの演奏レベルが上がらないことの言い訳にはなりません。

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

音楽のレッスンを通して、生徒さんの心を育てることは大切ですが、それと同時に生徒さんの音楽の実力を上げることも大切になってきます。

生徒さんがピアノを習いに来ている以上、生徒さんがピアノが上達するように指導するのは先生の責任になります。

ポピュラー音楽のミュージシャンたちの中には、独学で音楽を学んで、バリバリ上手に演奏している人たちもいます。

ということは、わざわざ貴重なお金を払って習いにきてくださっている生徒さんには、独学で学ぶよりも効率的に学べる環境が必要になるということです。

そして最短距離で、しっかりとした音楽の実力が身につくレッスンをするのが、先生の責任になります。

こうした最短距離で、生徒さんが楽しく音楽の実力をつけるための方法をキッズポピュラージャズ講座でご紹介していますが、早くも「生徒さんの実力が凄いことになっています!」という報告がありました。

講座を卒業された先生が、最短距離で音楽を楽しみながら実力がつく方法をレッスンで実践されつづけたところ・・・

なんと、小学3年生の生徒さんが、ショパンの幻想即興曲を弾いているそうです。

ステキですね。^^

しっかりとした「正しい音楽の考え方」を身につけた先生たちが、正しいやり方でレッスンを始めているので、今後はこうした生徒さんはどんどん増えてきますよ。

生徒さんの心を育てることは大切ですが、それは生徒さんの演奏技術が上がらないことの言い訳にはならないのです。

こちらに、生徒さんがしっかりとした音楽の実力を身につくための秘訣が書かれていますよ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 最高に気持ちのよいライブでした!サマーフェスティバル in 海ほたる

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

昨日は、サマーフェスティバル in 海ほたるでのライブでした。



東京湾の西と東を結ぶ東京湾アクアラインのちょうど真ん中に位置する海ほたる。

東京湾を360度眺めることができます。

時間帯によって美しく変化していく景色を眺めることができます。







色々なレストランも併設されているので、海を眺めながらご飯も食べられます。



きれいな夕日を見ながらのライブは、とてもテンションがあがりました。



会場にはたくさんの人が集まっていました。





ライブが終わると同時に、4000発の花火が打ち上がりました。

花火は、実際に見たほうが何倍も素敵なので、写真は撮りませんでした。

毎年この時期の木曜日に、海ほたるのサマーフェスティバルが開催されます。

ライブや花火のほかにも、地方の物産展が開かれていたり、ゆるキャラが登場したり、お子さんも楽しめるイベントになっています。

クライアントさんから、「また来年もよろしくお願いします。」とのことでしたので、今回残念ながら見逃した方は、来年こそは是非遊びにいらしてくださいね。

近場で、ちょっとしたリゾート気分を味わうことができますよ。

さて、明日はいよいよ名古屋、そして明後日は大阪です。

ライブの詳細はこちらです。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。