東陽町のジャズピアノ指導♪最短距離で楽しく弾けるようになる秘訣

はじめまして!江東区の音楽教室ドリーム・ミュージック・講師のヨッシー・佐藤です。
このブログではポピュラー音楽指導や演奏が上達するためのヒントについて書いております。


テーマ:
● いやいや練習をしているときと楽しく遊んでいるときの脳の働きの違い

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

昨日は、ドリームミュージックのピアノレッスンでした。

夏休みで元気いっぱいに遊んでいた子どもたちが、いつも以上にニコニコでレッスンにやってきました。

いっぱい遊んでいるので、こどもたちの集中力がすごいです。

プレキッズポピュラーのテキストも7ページも進んでしまう生徒さんもいました。

楽しく遊んでいる子どもたちは、じつはものすごく頭を使っています。

楽しんでリラックスするので、脳にアルファー波が生まれ、それが学習効果に非常に有効と言われています。

逆に、いやいやお勉強している子どもたちの脳には、ベータ波が生まれ、学習効果を下げてしまうと言われています。

レッスンでは、譜読みの導入のほかに、即興演奏や聴音、作曲などを行っています。

即興演奏では、なぜか「おじさん!」「おばさん!」と言いながら、メチャメチャ弾きをしている生徒さんもいました。

僕も一緒になって「おじさん!」「おばさん!」と言いながら、メチャメチャ弾きをしたところ、生徒さんが大笑いしながら、即興演奏をしていました。

あ、そうそう。

生徒さんがメチャクチャ弾きをしているのを「ダメ~」とおさえつけるのは、NGです。

むしろ、メチャクチャ弾きを、先生も一緒になって遊んであげるのが正解です。

まさか!と思われた方は、こちらの動画をご覧ください。



ジャズの有名なプロミュージシャンたちの演奏です。

大の大人たちが、メチャクチャ弾きのアンサンブルをしていますね。

デタラメ弾きをしているときの、ピアノのおじさんの表情をよ~く見てください。

子どもたちがメチャクチャ弾きをしているときの笑顔と、どのような違いがあるでしょうか?^^

ちなみに、この音楽はフリージャズと呼ばれ、ミュージシャンたちは、この演奏でお金をもらっています。

メチャクチャ弾きをしていたお子さんが、その後どうなるか?はこちらです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 東京からもたくさんのファンの方が遊びに来てくださいました!名古屋、大阪ライブ

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

バンドの名古屋、大阪のライブ、とても盛り上がりました!



感謝なことに、たくさんのファンの方たちが、わざわざ東京から駆けつけてくださいました。



ここでしかできないライブに、メンバー全員に気合が入ります。



会場に遊びにきてくださったみなさんも、最高に盛り上がってくださいました。



ライブには、お金に変えられない価値があります。

また、お金では買うことのできない「想い」や「気持ち」を体験することができます。

暑い中、遠くからお越しくださったみなさん、ありがとうございました。

東京でのファイナルも楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● 生徒さんの心を育てることは、生徒さんの演奏レベルが上がらないことの言い訳にはなりません。

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

音楽のレッスンを通して、生徒さんの心を育てることは大切ですが、それと同時に生徒さんの音楽の実力を上げることも大切になってきます。

生徒さんがピアノを習いに来ている以上、生徒さんがピアノが上達するように指導するのは先生の責任になります。

ポピュラー音楽のミュージシャンたちの中には、独学で音楽を学んで、バリバリ上手に演奏している人たちもいます。

ということは、わざわざ貴重なお金を払って習いにきてくださっている生徒さんには、独学で学ぶよりも効率的に学べる環境が必要になるということです。

そして最短距離で、しっかりとした音楽の実力が身につくレッスンをするのが、先生の責任になります。

こうした最短距離で、生徒さんが楽しく音楽の実力をつけるための方法をキッズポピュラージャズ講座でご紹介していますが、早くも「生徒さんの実力が凄いことになっています!」という報告がありました。

講座を卒業された先生が、最短距離で音楽を楽しみながら実力がつく方法をレッスンで実践されつづけたところ・・・

なんと、小学3年生の生徒さんが、ショパンの幻想即興曲を弾いているそうです。

ステキですね。^^

しっかりとした「正しい音楽の考え方」を身につけた先生たちが、正しいやり方でレッスンを始めているので、今後はこうした生徒さんはどんどん増えてきますよ。

生徒さんの心を育てることは大切ですが、それは生徒さんの演奏技術が上がらないことの言い訳にはならないのです。

こちらに、生徒さんがしっかりとした音楽の実力を身につくための秘訣が書かれていますよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 最高に気持ちのよいライブでした!サマーフェスティバル in 海ほたる

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

昨日は、サマーフェスティバル in 海ほたるでのライブでした。



東京湾の西と東を結ぶ東京湾アクアラインのちょうど真ん中に位置する海ほたる。

東京湾を360度眺めることができます。

時間帯によって美しく変化していく景色を眺めることができます。







色々なレストランも併設されているので、海を眺めながらご飯も食べられます。



きれいな夕日を見ながらのライブは、とてもテンションがあがりました。



会場にはたくさんの人が集まっていました。





ライブが終わると同時に、4000発の花火が打ち上がりました。

花火は、実際に見たほうが何倍も素敵なので、写真は撮りませんでした。

毎年この時期の木曜日に、海ほたるのサマーフェスティバルが開催されます。

ライブや花火のほかにも、地方の物産展が開かれていたり、ゆるキャラが登場したり、お子さんも楽しめるイベントになっています。

クライアントさんから、「また来年もよろしくお願いします。」とのことでしたので、今回残念ながら見逃した方は、来年こそは是非遊びにいらしてくださいね。

近場で、ちょっとしたリゾート気分を味わうことができますよ。

さて、明日はいよいよ名古屋、そして明後日は大阪です。

ライブの詳細はこちらです。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 歌詞にメロディーをのせるときの自然なやり方

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

前回のレッスンで宿題を出したところ、生徒さんが10曲も、なんと歌詞までつけて作曲してきてくださいました。



楽しい歌詞に、レッスンでは思わず大爆笑してしまいました。

作詞の才能もあるなんて、素晴らしいことだと思います。

ところで、歌詞とメロディーを一緒につくるときに気をつけたいことがいくつかあります。

1.イントネーションの一致

2.言葉のフレーズとメロディーのフレーズの一致

3.歌詞の1番と2番の文字数を、なるべく一致させることです。


これらの3点です。

1.イントネーションの一致

例えば、「ユキ」という歌詞があったとします。

「ユキ」が「雪」の場合、「ユ」と「キ」では、どちらが「上がって」聴こえるでしょうか?

そうですね、「キ」の方がイントネーションが上がって聴こえます。

ところが、「ユキ」が「行きます」の「行き」の場合、「ユ」も「キ」も同じ高さに聴こえます。

なので、「雪が降る」という歌詞の場合、「ユ」よりも「キ」の方が、少なくとも同じ音程か、メロディーを高い音にするほうが自然です。

「雪が降る~、あなたは来ない・・・」という有名な歌のメロディーも、「ユ」よりも「キ」の方が音的が高くなっていますね。(ちょっと古い・・・汗)

2.言葉のフレーズとメロディーのフレーズの一致

たとえば、「夏がくれば思い出す~」という歌詞があったとします。

これに対し、メロディーが、「夏がく」でフレーズが終わり、「れば思い出す。」で新しいフレーズになっている場合、不自然です。

「れば~思い出す。」が、「レバー思い出す~」という風に聴こえてしまいますね。

どんだけレバー食べたいんか?と突っ込まれます。笑

歌詞をメロディーにのせて作曲をする場合は、まずは日本語の言葉のフレーズをしっかり分けて考える必要があります。

3.歌詞の1番と2番の文字数を、なるべく一致させる。

例えば、1番のAメロの歌詞が40文字なのに対し、2番のAメロの歌詞が80文字の場合、明らかにメロディーを変えなくてはいけません。

メロディーを変えると、同じAメロなのかどうかがわからなくなり、曲としての統一感が失われてしまいます。

以上、作詞とメロディーを同時につくる時に、気をつけたい最低限のポイントをご紹介しました。

レッスンで作曲を導入される先生たちが増えてくると、そのうちに作詞もしたい!という生徒さんが増えてきます。

そういったときに、ママが聴いて不自然に感じないオリジナル曲に仕上げたいですね。

そうそう。

歌詞にメロディーをのせるときに自然なやり方があります。

まず4小節くらいのコード進行を先につくって、それを繰り返し伴奏しながら、生徒さんに歌詞の1フレーズを朗読してもらいます。

つぎに音程をつけて、即興で歌ってもらいます。

何回も繰り返し歌っていく中で、自然な日本語になるように、メロディーがはまってきますよ。

これは、ポピュラーの歌い手さんが、作曲をするときに、よく使う方法です。

ちゃんとした歌い手さんほど、歌詞の意味を大切にします。

ぜひ生徒さんの素敵なオリジナル曲で、たくさんの人に喜んでもらいましょうね~




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 名古屋、関西にお住まいの方!おすすめライブのご案内です。

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

日曜日は、横浜でバンドのワンマンライブでした。



即日でチケットが完売してしまい、キャンセル待ちが出ていたそうです。

今回は、席に座ってご覧いただけるライブでしたので、ちょっと大人な雰囲気の選曲とアレンジでお届けしました。



でも、最後のアンコールでは・・・



やっぱり、立って踊りたくなりますよね・・・汗

ご覧になったファンの方々からは・・・

「超感動しました!」

「めっちゃ楽しかったです!」

「演奏まじカッコよかったです!」

など嬉しい感想をたくさんいただきました。

メンバーが変わったり、色々なトラブルを乗り越えて、今バンドが一つになっています。

僕もメンバーになって8年目くらいになりますが、今が音楽的にもサウンド的にも最高にカッコよくなっていると感じています。

11月にはミニアルバムもリリースされる予定です。

さて、今週木曜日は東京湾アクアライン「海ほたる」でのライブです。

ライブ後には、花火も打ちあがります。

そして、今週末は名古屋、大阪でライブです。

詳細をご案内させていただきますね。

8月6日(土) 名古屋 ell.SIZE
 
スキップカウズ presents
『イマフェス 2016』
■Open 17:00 / Start 17:30
■Ticket 前売り3,000 / 当日3,500(D代別途)
■出演:スキップカウズ / Empty Black Box / ノムライズ /
アシガルユース / ナードマグネット
■プレイガイド【5/29(日)一般発売】
チケットぴあ(Pコード:298-291)
ローソンチケット(Lコード:43182)
(問)ell SIZE:052-211-3997
ライブハウスのホームページはこちら

8月7日(日) 大阪 ROCKTOWN
 
スキップカウズ presents
『イマフェス 2016』
■Open 14:30 / Start 15:00
■Ticket 前売り3,000 / 当日3,500(D代別途)
■出演:スキップカウズ / Empty Black Box / ノムライズ / アシガルユース /
ナードマグネット / 森山公一 the sokai / BOZE STYLE
■プレイガイド【5/29(日)一般発売】
チケットぴあ(Pコード:298-347)
ローソンチケット(Lコード:56469)
イープラス
(問)ROCKTOWN:06-6632-6900
ライブハウスのホームページはこちら

ライブでは複数のバンドが出演しますが、大阪ではトップバッターで出演します。

おすすめのライブなので、お時間のある方は、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

来れそう!という方は、メッセージいただけたら、チケットお取り置きさせていただきますね。

ライブでお会いできるのを楽しみにしております。^^

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 即興演奏とコードは、小学生でもわかるカンタンなもので、ジャズは中学生でもわかります。 

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

中学生になった優子ちゃん、本格的なジャズの勉強に入りました。



「ジャズ興味ある?」と質問したところ・・・

「うん!ジャズやりたい!」

というわけで、いよいよジャズの世界に突入です。

生徒さんは、小学生のうちに、ポピュラー音楽の勉強がすべて終了しているので、コードやテンションはほとんど頭に入っています。

レッスンでは、ジャズの難しいコードを学びましたが、音符を並べ変えて、コードの音とテンションの音に並べかえて、コードの名前を考えてもらいました。

最初は色々悩んでいた優子ちゃん、並べかえていくうちにあることに気づきました。

パズルが解けたようです。

「あっ!もしかして、これEm11?」

はい、正解です!

コードの音も、きれいなお団子ではない並べ方で、カッコいい響きになることを体験できたようです。

1つの法則に気づいた優子ちゃん、次々と他のコードの名前を当てていきます。

1つの考え方を知って、10のアイディアを導き出すマインドは、これからの時代にとっても大切な能力になりますからね。

ところでレッスンで使用しているテキストは、僕がアメリカで使っていたリアルブックという本のみです。

いわゆる教則本は、一切使わない予定です。

昨日は早速、ジャズのスタンダード曲を2曲、即興演奏してもらいました。

「ジャズって難しそう・・・」と言ってた優子ちゃん。

しっかり即興演奏ができたので、ビックリしていました。

フフフ。

ジャズは、ちゃんとした順番で学べば、そんなに難しくないのですよ~笑

目標は、中学生のうちにセッションデビューかな。

いろいろ夢が広がります。

さて、即興演奏とコードは、小学生でもわかるカンタンなもので、ジャズは中学生でもわかります。

色々研究を続けてみたところ、最近になって、さらに最短距離が見つかりました。

詳しい内容は、こちらでご紹介しますね。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 自分で書いた音符を、しっかり自分から読んで、ピアノを演奏していました。3才と4才の生徒さん

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

いよいよ本格的な夏がはじまりましたね。

発表会も終わり、ホッとしていますが、今週末はバンドのワンマンライブ、来週は名古屋、大阪のツアーもあり、まだまだバタバタしそうな様子です。

さて、先日のレッスンでは、小さな姉妹の生徒さんがいらっしゃいました。



プレキッズのテキストを使って、音符を覚えてもらいました。

カタカナやアルファベットを書いたり、鍵盤で覚えた音を探したり、音を聴いて区別したり、また2音の作曲にも挑戦してもらいました。

自分で書いた音符を、しっかり自分から読んで、ピアノを演奏していましたよ。

できた曲には、それぞれタイトルを考えてもらいました。

ご覧になっていたママも、ニコニコの笑顔になりました。

楽しい「あそび」で脳をフル回転させて、どんどん頭をよくしていきましょうね。^^

さて、キッズポピュラーを体験レッスンで行ったところ、遠く福島でも盛り上がり、生徒さんが即入会されたそうです。

智美先生に教えて頂いた事体験レッスンで使って、即入会して頂きました。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 生徒さんたち1人1人がステージで輝く発表会になりました!ポピュラー科総合発表会

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

先日はドリームミュージックのポピュラー科の総合発表会、大人の総合発表会でした。

演奏している方も、ご覧になっている方たちも笑顔がいっぱいでした。



年長さんのカッコいいドラムの演奏に、会場からは驚きの拍手がわきあがりました。



きれいなドレスを着て、でもドラムはパワフルな演奏でした。



小林先生とアコースティックギターの弾き語りに挑戦しました。

会場からは、自然に手拍子が起こりました。



オリジナル曲を披露してくださった小学生の生徒さん。



大人の部でクラシックのソロを演奏された生徒さん。楽屋では、先生のギャグに大爆笑でした。



ステキなオリジナル曲をバンドで演奏された生徒さん。



ご家族も演奏に参加されました。



バンドの演奏に合わせて、本番はバッチリ!でした。



サックスの音色に合わせて、ご家族でイパネマの娘を演奏される生徒さん。



癒しのウクレレの演奏を披露してくださった生徒さん。



講師の先生たちも、心から演奏を楽しんでくださいました。



今回の発表会では、色々な楽器のアレンジで、クラシック、ジャズ、ボサノバ、アニソンなど様々なジャンルの音楽が演奏されました。

ほぼ全員の方が、最後まで演奏をご覧になり、自分の演奏だけではなく、他の生徒さんたちの演奏を聴くのも楽しみにしている方々も多かったようです。

発表会では、このような嬉しい感想をいただきました。

「自分の生徒さんがあんな笑顔になっているのを初めて見ました!」

サックス科の佐々木先生から、このような感想をいただきました。

普段は個人レッスンですが、アンサンブルを通して、生徒さんは、本当の音楽の楽しさを体験されたようです。

「本番で一番いい演奏ができました!」

リハーサルのときに上手くいかなかった大人の生徒さんから、このような嬉しい感想をいただきました。

バックバンドの小林先生が、リハーサルのときに色々なアドバイスや考え方をお伝えしました。

本番の演奏には、練習をいっぱいするだけでなく、プロの現場でミュージシャンたちが持っているマインドがあります。

1週間で、生徒さんの演奏がとてもよくなっていて、生徒さんも小林先生もとても喜んでくださいました。

「生徒さんのオリジナル曲がジブリみたいでステキでした!」

小学生の生徒さんの演奏には、このような感想をいただきました。

演奏を聴いたお母様も、とっても喜んでくださいました。

自分のオリジナル曲が、他の人たちに喜んでもらえるなんて、嬉しいですね。

生徒さんたち1人1人がステージで輝く、最高の発表会になりました。

スタッフの先生たち、ポピュラー科の先生たち、お疲れ様でした。

そして、何より演奏を頑張ってくれた生徒さんたち、そして生徒さんを応援してくださっているご家族のみなさま、本当にありがとうございました。












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● ポピュラー科の発表会のリハーサル、楽しく盛り上がりました!

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

ポピュラー科の発表会のリハーサル、楽しく盛り上がりました。



生徒さんだけでなく、親御さんも楽しみにされています。



ギタレレ、ちょー楽しい!



ニコニコの笑顔で、スーパーマリオに挑戦!



他の生徒さんの演奏も楽しみにしていて、リハーサル後にも観覧される親御さんたちもいらっしゃいました。



生徒さんたちのカッコいい演奏に、先生たちも大喜びでした。



「ベースが入るだけで、こんなに演奏がカッコよくなるなんて最高!」

生徒さんたちも大喜びです。



先生が見ている楽譜は、こんな感じです。



今週土曜日がいよいよ本番です。

生徒さんたちや親御さんたちの笑顔が、とっても楽しみです。^^


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。