東陽町のジャズピアノ指導♪最短距離で楽しく弾けるようになる秘訣

はじめまして!江東区の音楽教室ドリーム・ミュージック・講師のヨッシー・佐藤です。
このブログではポピュラー音楽指導や演奏が上達するためのヒントについて書いております。


テーマ:
● 生徒さんたち1人1人がステージで輝く発表会になりました!ポピュラー科総合発表会

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

先日はドリームミュージックのポピュラー科の総合発表会、大人の総合発表会でした。

演奏している方も、ご覧になっている方たちも笑顔がいっぱいでした。



年長さんのカッコいいドラムの演奏に、会場からは驚きの拍手がわきあがりました。



きれいなドレスを着て、でもドラムはパワフルな演奏でした。



小林先生とアコースティックギターの弾き語りに挑戦しました。

会場からは、自然に手拍子が起こりました。



オリジナル曲を披露してくださった小学生の生徒さん。



大人の部でクラシックのソロを演奏された生徒さん。楽屋では、先生のギャグに大爆笑でした。



ステキなオリジナル曲をバンドで演奏された生徒さん。



ご家族も演奏に参加されました。



バンドの演奏に合わせて、本番はバッチリ!でした。



サックスの音色に合わせて、ご家族でイパネマの娘を演奏される生徒さん。



癒しのウクレレの演奏を披露してくださった生徒さん。



講師の先生たちも、心から演奏を楽しんでくださいました。



今回の発表会では、色々な楽器のアレンジで、クラシック、ジャズ、ボサノバ、アニソンなど様々なジャンルの音楽が演奏されました。

ほぼ全員の方が、最後まで演奏をご覧になり、自分の演奏だけではなく、他の生徒さんたちの演奏を聴くのも楽しみにしている方々も多かったようです。

発表会では、このような嬉しい感想をいただきました。

「自分の生徒さんがあんな笑顔になっているのを初めて見ました!」

サックス科の佐々木先生から、このような感想をいただきました。

普段は個人レッスンですが、アンサンブルを通して、生徒さんは、本当の音楽の楽しさを体験されたようです。

「本番で一番いい演奏ができました!」

リハーサルのときに上手くいかなかった大人の生徒さんから、このような嬉しい感想をいただきました。

バックバンドの小林先生が、リハーサルのときに色々なアドバイスや考え方をお伝えしました。

本番の演奏には、練習をいっぱいするだけでなく、プロの現場でミュージシャンたちが持っているマインドがあります。

1週間で、生徒さんの演奏がとてもよくなっていて、生徒さんも小林先生もとても喜んでくださいました。

「生徒さんのオリジナル曲がジブリみたいでステキでした!」

小学生の生徒さんの演奏には、このような感想をいただきました。

演奏を聴いたお母様も、とっても喜んでくださいました。

自分のオリジナル曲が、他の人たちに喜んでもらえるなんて、嬉しいですね。

生徒さんたち1人1人がステージで輝く、最高の発表会になりました。

スタッフの先生たち、ポピュラー科の先生たち、お疲れ様でした。

そして、何より演奏を頑張ってくれた生徒さんたち、そして生徒さんを応援してくださっているご家族のみなさま、本当にありがとうございました。












AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● ポピュラー科の発表会のリハーサル、楽しく盛り上がりました!

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

ポピュラー科の発表会のリハーサル、楽しく盛り上がりました。



生徒さんだけでなく、親御さんも楽しみにされています。



ギタレレ、ちょー楽しい!



ニコニコの笑顔で、スーパーマリオに挑戦!



他の生徒さんの演奏も楽しみにしていて、リハーサル後にも観覧される親御さんたちもいらっしゃいました。



生徒さんたちのカッコいい演奏に、先生たちも大喜びでした。



「ベースが入るだけで、こんなに演奏がカッコよくなるなんて最高!」

生徒さんたちも大喜びです。



先生が見ている楽譜は、こんな感じです。



今週土曜日がいよいよ本番です。

生徒さんたちや親御さんたちの笑顔が、とっても楽しみです。^^


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 発表会でオリジナル曲と即興演奏を披露してくださいます!最近ご入会くださった大人の生徒さん。

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

先日は、スペインに旅行に行っていた大人の生徒さんのレッスンでした。

最近ご入会してくださった生徒さんですが、発表会ではオリジナル曲を披露してくださいます。

レッスンでは、スペインでのステキな旅行話をしてくださいました。

東陽町のジャズレッスンでは、作曲が初めての方でも、すぐにスペイン風のカッコいい音楽をつくることができます。

前回のレッスンで、やり方をご紹介したので、発表会までは、他の先生たちと合わせるリハーサルで準備完了です。

最短距離で、コードと即興演奏のやり方を学んでくださった生徒さん。

カンタンな方法で、シンプルな考え方を理解すると、即興演奏も作曲もカンタンにできるようになります。

生徒さん、本番では、ジャズのスタンダート曲と同じく、曲中で即興演奏も披露してくださいます。

楽しみです。^^

夏の発表会では、他にもこんなステキな生徒さんたちが演奏を披露してくださいます。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 面白いアイディアに爆笑でした!プレキッズポピュラー講座の東京STEP2の認定試験

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

昨日は、プレキッズポピュラー講座の東京STEP2の認定試験でした。



和やかや雰囲気の中、とても素晴らしい模擬レッスンを披露してくださいました。

ステキな感想をいただきましたので、ご紹介しますね。

試験で自分のレッスンの問題点をたくさん知ることが出来ました。

また、他の先生のレッスン方法を学ぶ、とても良い機会でした。

こんなに有意義で、前向きな試験を初めて感じさせてもらいました。

試験の合否ではなく、これからの自分に必要な物を得る事の出来る有意義な試験、ありがとうございました。

これからも勉強会で自分のレッスンの振り返り、他の先生のレッスン見学など出来たら良いなと思いました。

高橋智美先生より

ポピュラー音楽のメリットは、「みんなアイディアが違う」ところです。

即興演奏も伴奏も、それぞれが違うからこそお互いにヒントを得ることができます。

なので、一緒に遊べば遊ぶほど上達しますよ~^^





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 演奏の上達に欠かせないライブの数稽古の次に「進むべきステップ」とは?

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

11月に発売されるミニアルバムに向けて、バンドのレコーディングがスタートしました!

朝から終電までスタジオで作業をしていましたが、楽しい時間なのであっという間でした。



場所は都内某所にあるメジャーレーベルのスタジオです。



録音を前に、メンバーも入念に準備しています。

楽器の音色を調整したり、マイクとの距離をセットしたり、マイクに向かって何か叫んでみたり・・・



エンジニアさんが作業しているコントロールルームにて。



サポートで手伝ってくれているドラムのタクト君。



自分たちが演奏した音源を真剣になって聴いている様子。



1日のレコーディングが終わると、心地よい疲れと興奮で、ちょっと変なテンションになるメンバー。



振り返ってみると、僕が初めてレコーディングスタジオでレコーディングしたのが、約20年前。

先輩ミュージシャンから、リード譜(一段譜)の書き方がなっていないとか、リズムが悪いとか、色々怒られてきました。

今でも、様々なことが要求されます。

レコーディングは形に残るものなので、ライブよりもさらに神経を使い、頭を使います。

自分が演奏した録音は、自分自身が聴くだけではなく、ディレクターやメンバーも聴いて、客観的に判断されます。

まるで、人前で丸裸にされるようなものです。^^

ちょっとしたリズムのずれや、フレーズの音域、音色の変化など、しっくりいくまで何度も録音をし直していきます。

さらに録音されたものを何度も聞いて、みんなで、もっとよい答えはないか?を考えます。

こうした客観的に自分の音を聴く作業を一つ一つ乗り越えていくことで、演奏が上達していきます。

演奏の上達には、人前で演奏するライブの「量」をこなした後に、レコーディングでの「質」を追求することが不可欠になります。

さて、レコーディングの後は、録音されたそれぞれの楽器の音をまとめる「ミックスダウン」の作業、その後に曲と曲の音量や音質をまとめるマスタリングがあります。

さらにCDプレス、ジャケットデザインや印刷などの作業が待っています。

今回は、それぞれの専門家の方たちが担当してくださいますが、完成が待ち遠しいです。

CDは全国の流通にのりますので、お近くのタワーレコードなどでお買い求めいただけます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● お医者さんから「ピアノを弾くことをあきらめてください。」と言われた生徒さんのレッスン

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

今週からバンドのレコーディングに入り、ブログを書く時間もないくらいバタバタしておりました。

作品は、かなり面白い仕上がりになってきていて、完成がとても楽しみです。

ところで、レコーディングには、米米クラブのサックスを担当されていた先輩が遊びにきてくださり、色々なアドバイスをしてくださいました。

自分たちでは思いつかない管楽器のアレンジのアドバイスをもらえて、メンバーも非常に喜んでいました。

ところで、この先輩は、残念なことに、ご病気でサックスの演奏ができなくなってしまったそうです。

それにも関わらず、今も音楽の世界でバリバリ活躍されています。

これまでの演奏経験を活かし、アレンジやプロデュースなど、演奏以外のところで活躍なさっているそうです。

音楽を楽しむのは、演奏だけではないのですね。^^

さて、レコーディングがバタバタしていましたが、レッスンは通常通り行いました。

先日は、指の関節を痛めてしまい、ピアノが弾けなくなった生徒さんのレッスンでした。

指のご病気のため、お医者さんから「ピアノを弾くことをあきらめてください。」と言われたそうです。

でも、音楽が好きで、どうしても音楽がやりたい!とのことで、レッスンに通ってくださっています。

普通のピアノのレッスンでは・・・

音楽を楽しむ=ピアノが弾ける

になってしまいます。

ですが、僕のレッスンは

音楽を楽しむ > ピアノが弾ける

になります。

別にピアノが弾けなくても、音楽を楽しむ方法はいくらでもあります。

この生徒さんのレッスンでは、作曲やアレンジ、コンピューター音楽をご紹介しております。



生徒さんが作曲した曲を、譜面作成ソフトでメロディーを打ち込み、そのメロディーをアレンジソフトで開くための方法をご紹介しました。

ご自身が作られたオリジナル曲が、アレンジされて、カッコいいバンドの演奏になったらステキですね。

ステキなサウンドを聞いた生徒さんは、とても興奮されて、喜んでくださいました。

「指の病気になったときに、好きな音楽もあきらめなければいけないのか・・・と、とても悩みました。」

そんなつらい思いをされた生徒さん。

今は、作曲やアレンジをして音楽を楽しんでくださっています。

そして、今度の発表会では、ご自身がつくられたオリジナル曲をバンド演奏で披露してくださいます。

しかも歌詞つきの歌曲です。

とても美しい、ステキな曲に仕上がっています。

ところで、もしこの生徒さんが、指の病気になったときに、病気のことばかりで頭がいっぱいになってしまっていたら、おそらく音楽をやめてしまっていたと思います。

でも、今、目の前にあることにとらわれるのではなく、もっと先に目を向けることができました。

その結果、ネットで僕のレッスンを発見して、レッスンに通ってくださるようになりました。

ピアノのレッスンも、目先のピアノのことばかりではなく、もっと音楽という広い視野をもつときに、新しい世界が広がってきます。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 「これが本当の音を楽しむことだと改めて感じました!」キッズポピュラージャズ講座東京STEP2終了

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

キッズポピュラージャズ講座東京STEP2の全日程が終了しました。

キッズポピュラージャズ講座は、即興演奏の基本から、作曲、コード理論、コンピューター音楽、STEP3では音響(PA)、アレンジ法、モードジャズ理論、ライブの実践方法まで、ポピュラー音楽に必要なすべてを学びます。

即興演奏はあくまでもスタートラインです。

講座では、それ以上に高度な内容をシンプルに学びますので、講座が終わる頃には、即興演奏は「当たり前」にできるようになります。

さらに膨大な内容を最短距離で学ぶ「学び方」を勉強するので、卒業してからは、先生たちは自分で学んでいくことができます。

「マニュアル」ではなく、「考え方」をお伝えするので、卒業をされたほとんどの先生たちが、ものすごい勢いでアイディアを生み出し、演奏も上達されています。

講座を卒業された先生たちの中には、オリジナル教材を出版される方や、プロの演奏のお仕事をされたり、即興演奏の独自のレッスン方法を開発されたり、作曲のお仕事を依頼される方もいらっしゃいます。

時間がたてばたつほど、卒業された先生たちが、どんどん素晴らしいご活躍をされていくので、本当に嬉しく思います。

さて、STEP2を受講された先生たちから、すてきな感想をいただきましたので、ご紹介しますね。

5日間の『キッズポピュラージャズ講師養成講座2nd』、大変お世話になりました。

初経験の事ばかりで、理解していくのが大変な時もありましたが、非常に楽しく過ごさせて頂きました。

ポピュラージャズと言う事から想像していなかった『日頃 私達が学んでいるクラシック作品』よりもさらに古い時代の音楽から、さらに多岐に渡る内容まで学ばせて頂けるとは!、驚きの講座でした。

ポピュラー音楽には、人々(人類)の暮らし(文化・歴史)などの全てが凝縮させている事にも、改めて気付かされました。

なんと言っても『右脳』を使う事の大切さ。

即興や作曲など音楽を通して、これは生徒達に是非とも伝えられるように、私自身の学びをさらに深めて行きたいと考えております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

「鈴木紀子先生より」

ヨッシー先生 お忙しい中時間を取って講座を開いて下さりありがとうございました。

プロのミュージシャンの方から直々に極意を伝授して頂き貴重な時間でした。先生の超カッコいい演奏もたくさん聴けて田舎から出てきた者にとっては なかなかない機会でした。

全5日楽しくあっと言う間でした(内容が濃すぎて消化不良もありますが)

作曲もコードもアドリブも前知識ほとんど無いまま受講したので内容についていけるか実は不安でした。

やはり理論や楽典的な話しになるとポカーンとしてしまいましたが 一緒に受講した先生方に教えて頂き助かりました。

そんな私ですが今では作曲を楽しみ曲について分析してみたり考える事調べる事にワクワクしています。

世界の音楽スタイル地図や音で遊ぶ方法など私が今まで知りたいと思っていたものが たった5日で得られ 後はどんどん楽しんでこの楽しさを生徒さんやその家族と分かち合う日が早くくるよう今は講座の内容を消化吸収しようとしています。

スタイル練習ではアンサンブルをしてビートを身体で感じめちゃくちゃなアドリブを弾き、子供に戻って楽しみました。

これが本当の音を楽しむだと改めて感じました。

それと この講座の卒業生の皆さんはキラキラと輝き 笑顔で生き生きとしているのも感じました。

私も先輩方に近づけるようになりたいと目標ができ またまたワクワクしています。

音楽活動お忙しい中 講座の内容考えて何とか私達に伝えようとして下さり 本当の音楽する を伝えて下さりありがとうございます。

「シダ先生より」

「この講座の卒業生の皆さんはキラキラと輝き 笑顔で生き生きとしているのも感じました。」って、とても嬉しいです!^^

そうなんです。

卒業生の先生たちは、みなさん生き生きとされていて、とっても仲良しなんです。

音楽の本当の楽しさ、自由、そして喜びを日々体験されているので、どんどん開放され、アイディアが生まれ、レッスンが楽しくてしかたがなくなるそうです。^^

さらに、みなさんが自主的に集まって、それぞれのアイディアを交換する勉強会をされているので、どんどん成長されています。

あと3年くらいしたら、一体どこまで行ってしまうのか?と思うくらいのスピードです。(笑)

そのうちレコーディングをしてCDをリリースされたり、ライブを主催される先生たちも現れるでしょう。

さて、藍澤先生が開講されるキッズポピュラージャズ講座東京STE2が、7月10日(日)より始まります。

STEP2のお申し込みに間に合わなかった方は、お急ぎくださいね~


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● ひまわりの約束♪ガールズバンドの演奏動画

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

今日はガールズバンドのメンバーのレッスン風景をご紹介します。

ガールズバンドのメンバーは、ドリームミュージックのポピュラー科の生徒さんたちです。

レッスンでは、あるテーマに沿って、生徒さんたちに即興演奏で表現してもらっています。

弾き方はすべて自由。そのときに思いついたことを、音で表現してもらっています。

今回のテーマは、遊園地でスイーツを食べているときの気持ちを表現してもらいました。

使う音階や表現方法は、すべて生徒さんたちに自分で考えてもらいます。

その一部が、こちらです。

生徒さんたちの表情をご覧ください。^^



一見、遊んでいるように見えますが、じつは、これが上達の秘訣です。

普段あそんでいるように見えるガールズバンドのメンバーですが、発表会では、このような演奏を披露してくださいました。

練習の合わせは、2,3回だけ行っただけです。

ちなみに、譜面はこれだけです。



そして、こちらがガールズバンド(当時小学生たち)の演奏動画です。



(なぜか何度アップしても、動画が途中から、映像がエラーを起こしてしまっています。

音声のみお楽しみください。汗)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 自信満々、満面の笑顔になりました!インターナショナル保育園のキーボードアンサンブルレッスン

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

昨日は、インターナショナル保育園のレッスンでした。

ポジション移動が終わったキーボードアンサンブルクラスの年長さんたち。

昨日は、プレキッズポピュラーのテキストから、音階の導入で使う、「指のトンネル」を学びました。

「指のトンネルをつくってみよう!」と言うと、生徒さんたちは色々な形の指のトンネルをつくってくれました。

指のトンネルの後に、親指のターンの譜面を見せたところ・・・

「わかんな~い・・・」と、ほとんどの生徒さんが困った顔をします。

すぐには、答えを言いません。

「よ~く考えてごらん!指のトンネルがヒントだよ!」

生徒さんたちは、色々考えながら、譜面とにらめっこしています。

すると・・・

「わかった!」と、ひとりの女の子が、気づいたようです。

指のトンネルの秘密がわかったようです。

「すごい!よくわかったね!バッチリだよ!」というと、女の子は自信満々、満面の笑顔になりました。

そうだよね~。誰かに教えてもらうんじゃなくて、自分でよ~く考えて、何かを発見する喜びって格別だよね!

こうした自分で何かを発見する体験は、生徒さんたちの自己肯定感を高めます。

時間ギリギリまで、残りの生徒さんたちに考えてもらいましたが、最終的には、ほとんどの生徒さんたちが自力で秘密を解いていきました。

答えを言うのは、簡単です。

ですが、考える力を身につける指導をすることは、難しいです。

ちょっとした生徒さんたちの成長に、とても嬉しかった昨日でした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● コードが分かれば、海外のミュージシャンとも一緒に演奏することができるようになります。

こんにちは。ヨッシー佐藤です。

東陽町のジャズピアノレッスンでは、ちいさなお子さんにもコードの聴き取りを行っています。

聴いたコードを、ゲーム感覚で当てていくので、小さなお子さんたちにとっては、お勉強ではなく「遊び」になります。



変な顔の真似をする生徒さん。^^

遊び感覚でコードを聴き分けていくので、どんどん難しいコードも聞き分けられるようになります。

最近では、大人でも聞き分けられないような、ジャズの難しいコードを聞き分けられるようになっています。

小さなうちに自然にコードに親しんでいけば、将来とっても役立ちますね!

そうそう。

高校生でメジャーアーティストに楽曲提供の決まった生徒さんは、小学生のときに、よくコードで遊んでいました。

ポータブルキーボードのコードを表示する機能を使って、F13はこれ?Gm9はこう?とか、コード遊びが大好きでした。

ビートルズやサザンの桑田さんなど、ポピュラー音楽のミュージシャンは、譜面を読めない人もたくさんいますが、みんなコードで曲をつくっています。

独学で学んできたミュージシャンたちも、コードはわかります。

コードが分かれば、海外のミュージシャンとも一緒に演奏することができるようになります。

とっても便利なコード、こちらでも学べますよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。