ピア精神保健福祉士として

ADHD(発達障害の一種)の当事者であり、精神保健福祉士でもあります。当事者性を持つ専門職として、そして、専門性を持つ当事者として、「当事者」と「専門職」の架け橋になっていきたいと思います。


テーマ:

最近になり、新たな目標が2つできました。

 

1つ目の目標は、「ストレスチェック実施者」もできるようになること、2つ目は「キャリアコンサルタント」の資格を取得することです。

 

目的はどちらも、「労働」や「会社」に対する知識を深めるためです。

 

また、キャリアコンサルタントの方は、「話を聴くスキル」を高めたいという理由もあります。

 

正直、ADHDと勉強って相性が悪いなと感じることはあります。

 

しかし一方で、ADHDという障害があるからこそ、障害特性をカバーするためにも知識や技術を身につけたい、というのもあります。

 

目標は言語化したり、人前で話たりするほうが叶いやすいと言われています。

 

なので、まずは言語化して公開しました。

 

今はまだリサーチ段階ですが、目標に向かって進んでいきたいと思います。

とはいえ、これ以上「タスク」を増やすのも危険なので、資格取得を目指す間の数ヶ月間は、当事者会活動を休止することも視野に入れています。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は「つむぎ 発達障害当事者会」にて、初の試みであるADHDの会を開催しました。

そこでやはり、ADHDの薬(ストラテラやコンサータ)の話も出てきたのですが、その話を聞いていると、自分自身が服薬していた頃の話を思い出しました。

 

服薬した感想としては、
 ①注意力が増して、集中できるようになった。
 ②今までになく心が落ち着いた。
 ③頭がスッキリして、今まで気がつかなかったことに気がつくようになった。
 ④頭の回転が良くなって、今まで言えなかったことを言い返すことができた。
など、プラスの意見もある一方で、
 ①食欲が落ちて一気に痩せた。
 ②薬が切れた後に異様に疲れる。
 ③薬が切れる時にイライラする。

 ④心拍数が上がる。
など、副作用に対する訴えも多々ありました。

実際に私自身、コンサータを服用してみて両方体験しました。

 

服用していた頃は、副作用よりもADHDそのものの症状が辛くて、副作用に耐えながら、飲む回数を調整して頓服で服用していました。

正直今でも、不注意を連発したり、頭がぼーっとして言いたいことが言えなかったりしたら、
「副作用が辛くても、薬を服用したほうがいいのかな。」

って思うこともあります。

でもやっぱり、副作用が辛くて、今は服薬をストップしています…。
(※医師からは、自己調整して下さい、と言われています。)

 

症状を取るか、副作用を取るかについては、本当に難しい問題だと思います。

だけども、薬以外でも「具体的対策」や「成功体験」、「思考を変える」などで、乗り超えられる部分もありますので、薬以外の方法も考えていきたいと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

7/18(月・祝)に開催された「発達障害当事者会フォーラム」の記事がYahoo!ニュースにも掲載されました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/masakiikegami/20170731-00073946/

このフォーラムには、「つむぎ 発達障害当事者会」もパネリストとして参加させていただいたのですが、改めて、Yahoo!ニュースにも掲載されたようです。


ここで改めて、参考までに、「つむぎ 発達障害当事者会」からのご報告と御礼の記事のリンクを貼っておきます。

 

●当事者会フォーラム① ~団体紹介~
http://tsumugi-peer.com/archives/1745
 

●当事者会フォーラム② ~フォーラム質問内容~
http://tsumugi-peer.com/archives/1747

さて、前置きが長くなりましたが、この記事に書かれている
 

「運営を手伝ってくれた人から2年にわたってネットで中傷を受けた。直接、指摘すると“事実を書いているだけだから”と言われ、認知をどうしても変えられない。会を閉じるしかなかった。本人が障害特性を自覚していないと周りが振り回されてしまう」


について、これは別団体の発言ですが、私たちも同じような経験があることを、発言者の方にフィードバックしました。
 

そうしたら、
「あなたにも同じ経験があるんですね。安心しました。
やはり、当事者会運営者で集まって話し合う会が必要ですね。」
と言って下さり、私の方もとても安心しました。
 

改めて、「同じような経験を持つもの」のピアサポートする場の必要性を感じました。
 

私自身、当事者会フォーラムの後半で発言させていただきましたが、
「傷つけるのも人だけど、それを癒やすのも人」
です。
 

現に上記のようなことに遭遇したときは傷つきましたが、それを癒やしてくれたのもまた人でした。

同じような経験をもつ仲間、会を必要としてくれた人たち、そして、運営に対してアドバイスをしてくださった方々…。


そんな人たちに支えられて、新たに立ち上げた会が「つむぎ 発達障害当事者会」です!

 

改めて、皆さまには心より感謝申し上げます。

 

今回の経験により、「苦悩や困難の経験」は自分のためだけでなく、人のためにも役立つということを改めて認識しました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。