メッセージはこちらからもどうぞ!


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月23日 00時08分05秒

日曜練習こぼれ話

テーマ:ブログ


先日の練習で
チームのYZさんは新車で登場!

メーターやホイール、コンポ、クランクのパワー計まで完全新車!

フレームは
アルゴン18
(弱虫ペダルの中では49巻で東堂が乗ってます)

写真ではあまり伝わらないですが実物は
細部のフレームワークがカッコイイ!
軽い!

納車まで時間がかかったそうですが
待ちに待つとその分楽しみですよね!


そんなアルゴン18を容赦なく振り回してガンガン乗るYZさんも凄いです(笑)


写真2枚目は
山で休憩中に遠藤選手が摘んだ補給食(笑)
野イチゴ
一人3つづつです(笑)


キツい練習の中での
酸っぱ甘い山の恵み



さて
本日23日(金曜)は

全日本選手権TT(タイムトライアル)

日曜日25日は

全日本選手権ロードレースです

日本一を決める
年に一度の戦い!
昨年はブリジストン勢が席巻
西園選手と初山選手劇的勝利でした!


誰が手にするのか!

楽しみですね!!

毎年開催地は変わりますが今年は

青森県八戸の近く
階上町で行われます!


お近くの方は是非
観戦に行ってみて下さい!


女子のジャージをかけて絶好調の唐見選手も出走します!


楽しみですね!


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年06月21日 19時33分48秒

王滝レース密着取材のバイクラさん発売中です!

テーマ:ブログ


先日ワタシが出場した5月の王滝100kmレース

ひたすらオフロードの山道を100km
制限時間10時間で走るという過酷なレース


そこで密着して頂いた
自転車雑誌
バイシクルクラブさん

記事の載った
8月号出てます!

20日発売でした!

どどーんとカラーで
6ページに渡って特集して頂いてます!
ワオ!ありがとうございます!

皆さんチェックです!
インタビューもたっぷり載ってます!


読んでね!!


ブログのレポート1、2、3と合わせて読むと更に楽しく読めると思います!


雑誌の表紙は
ロードレースの司会や解説でおなじみの白戸太郎さんです!
トライアスロンアスリートでもあります。
さすが
体が絞れてますね!
2017年06月19日 20時59分44秒

日曜日筑波山練習

テーマ:ブログ




5月の王滝レースから約1ヶ月


4回あった日曜日の天気はおおむね晴れ。

もちろん
練習してました(笑)!


山練習で
筑波山を走ってました

それぞれ
走行距離105km
獲得標高2106m
消費カロリー2351kcal


走行距離103km
獲得標高1924m
消費カロリー2134kcal

走行距離61km
獲得標高1511m
消費カロリー1774kcal
(この日は那須ロードレース出走のためチームの皆さんは不在で単独練習)


走行距離91km
獲得標高2237m
消費カロリー2396kcal

でした。

天気もよくて
半袖半パンジャージすっかり夏の服装です
(昨日はちょっと肌寒い日で袖のウォーマーをつけて調整)

ジャージが軽いと気持ちも軽くなりますね(笑)

登りを満喫。


平日のスキマ練習も
キッチリ走ってます!

王滝の疲れもすっかり回復!

もう
完全に日焼け止め必須の季節ですね!

皆さんも走る時は日焼け止めを忘れずに~!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2017年06月14日 08時17分13秒

51巻!

テーマ:ブログ

6月に入って
出ました!

弱虫ペダル
51巻!

発売中です!

先日まで50巻達成の
記念のいろいろイベント等やってたような気がしますが
もう次のコミックス!
週刊連載は早いですね~(笑)

巻末まけも
たくさん描き下ろしました!

是非皆さんチェックです!



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017年06月05日 19時45分18秒

石垣光太郎

テーマ:ブログ

石垣光太郎や!

みんな元気か?

がまんは大事や!
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2017年06月04日 20時55分15秒

2017春.王滝MTB100kmレースレポートその3

テーマ:ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

お待たせしました!

 

2017春 王滝MTB100kmレースレポート

その3完結編です!

 

 

65km第二チェックポイント。

ノンストップで行く予定だったが

さすがに止まった方がいい。と判断。

 

スタートして初めて足のペダルのクリートをはずす。

10時40分。

スタートして4時間40分。

 

残りは30kmほど

自転車から素早く降りて寝かせ(競技用のバイクにはスタンドがついてないので横置きになる)

補給所で水を二杯飲んで

ボトルに水を満タンにして

リュックからゼリー系の補給食を取り出して

背中のポケットに入れる。

 

2分くらいで再スタート。

 

ペダルを回す。

攣りやすい足も休ませれば回せる。

第二チェックポイントの100mくらい先で

バイシクルクラブの方がカメラを向けて構えていてくれてる

 

笑顔を見せるが実は余裕ない。

 

ゼリー系の補給食を補給するが

しばしば

足が攣る。

 

長い下りで回復させ登りをいくつかこなす。

これまでこの段階だと疲労で乗車で行けなかった登りを乗車で

クリア。

 

そして75kmすぎ

地点

第三チェックポイント。

11時40分。

ここは通過。

 

ボトルの水は半分くらいだがタイムロスの方を考え止まらない。

 

後半の一番キツい斜度の坂がこの後にある。

いつも疲労から押し歩く登りだ。

入った瞬間両足が攣る!

しかし乗車のままごまかす!

収まれば回せる。

回して登る。

今回は乗車でいける。

密かに感動していた。

この坂はいつも鬼門。どうしてもつらくなって押し歩きなる坂を乗車でいけてるというのは自分のパフォーマンスが上がってる証拠である。

嬉しいが....足が攣って痛い。(笑

 

体の調子はいいのに

軽い脱水でとにかく足が攣りやすい。

ペダルを緩めながら乗車のままごまかす。

ごまかしながら、攣るとペースをおとし、治るとペースを上げる。という感じで走る。のぼる。

登りが終わって長い下り。

 

下りはひたすら足を休ませる。

我慢の時間が長い。

 

細かいアップダウンの区間に入る。

斜度はそんなにないので

攣らなければもっとペースが上げれるのに・・・!と思うが

とにかく

今ある現状の中で

前に進むしかない。

 

短い草が生えてるジープロードに辿り着く。

ここは前回5月の時に13時を迎えた場所だ!!と思う。

13時を迎えるということは7時間切りができなかったことを意味する。

時計を見ると12時30分だ。

行ける!!

と思う。

 

でも足は痛い。

もうドリンクも水もない

 

しかし、水を補給してる時間はもったいない。

 

走る。

 

できるだけ足を動かす。

 

我慢の時間。

つらい。

頑張る。

下りに入る。

 

最後の下りだ。

 

ここからはほとんど下り。

残りは5km強

くらいだ。

 

パンクしないように。落車しないように慎重に下る。

でも直線はハイペース。

時間は12:40

 

思う。

すでにこの段階で

7時間切りが確定している。と!!

 

 

思うが想像してるより気分が上がらない

 

きつかった~~~と

ばっかり思う。

きつかった~~と言いながら下る。

 

トルクをかけると攣るので慎重に回しながら走る。

手の平が攣る。

 

下りは楽しいものだが

なかなかつらい。

 

きつかった~~~。と思いながら砂利道に入る。

見覚えのある砂利道は

もうゴールが近い証拠だ。

 

 

やった。

終わる。

きつかった。

 

小さなコーナーを曲がるとゴールが見える。

 

もし7時間切れてゴールできたらこうしよう、とゴールのポーズを途中で考えていた。が

 

ゴールが見えた瞬間すっかり忘れて両手を横に上げていた。

 

 

 

 

ゴール!!!!

 

嬉しい。

 

切った。

 

2分切りとかギリギリではない。

 

10分以上余裕を持ってのゴール!!!

 

 

目標の乗車ままクリアと7時間切りを達成した!

 

 

ゴールはすべてを肯定してくれるゲートだ。

 

ここを通過すると不思議と

いままでの全ての行動が正しかったと言われている気がする。

きつかった気持も吹き飛んでいた。

 

 

終わった・・・・・!

 

記録は6時間48分25秒

 

王滝村のhpによると今回参加人数は過去最高1400人超!

 

100kmのカテゴリーでは839人がスタート

時間内にゴールしたのは649人

 

途中リタイアの選手が200人くらい出た計算になる。

いろいろな理由もあっただろうが

暑さにやられた方も多かったのでは!?

 

晴れても過酷なレースでした。

 

 

気になる順位はフィニッシュ649人中

135位。

 

前回5月の順位が289位だったのでかなりのジャンプアップ!

 

100位以内も見えてきた??!!(笑

 

リザルトとしては個人的にはかなり満足なリザルトでした!

 

 

ゴールもバイシクルクラブさんに撮影して頂きました。

ありがとうございます。

 

ゴールの撮影をすませてスタート地点に戻る。

 

足は痛いが気持ちは元気。

 

がレース後ちょっと固形物がのどを通りにくかった。

やはりダメージがないわけではない。

ファンの方や参加者の方と写真を撮ったりいろいろお話したりしました。

 

1700会場を後にして

温泉入って夕食を食べて(こちらはしっかり食べれました)

高速をひた走り(休みながらね!)

背中をシートヒーターで暖めながら体をケアもしながら帰りました。

0時には自宅に帰り着きました。

 

長い一日だった~。

 

また、思い出に残る楽しい時間になりました。

 

 

 

 

後日この日の王滝の写真やインタビューの模様がバイシクルクラブさんで掲載されると思いますのでお楽しみに〜!

 

 

バイシクルクラブの方々もご苦労様でした。

ありがとうございました〜!!

 

大会を運営してくださってる皆様、王滝村の皆様にも

感謝です!

ありがとうございます!!

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2017年06月02日 13時01分26秒

2017春.王滝MTB100kmレースレポートその2

テーマ:ブログ

 

 

 

 

 

 

お待たせしました!

 

2017春 王滝MTB100kmレースレポート

その2です!

 

右足の内側の筋肉が一度攣る。

暑い日など汗でミネラルが体の外に出てしまうと筋肉が攣りやすくなる。

背中のドリンクを飲む。

 

どうやら思った以上に汗をかいてるようだ。

ドリンクをこまめに飲む。

 

50km地点を通過。

 

 

その後も快調

 

50kmあたりにダムの周りを走る平坦のラフロードがあるが

ここも快調にペースがあがる。

今までの10回以上出た王滝の中でも一番ペースが速く走れてる。

 

足が回るイメージ。

 

ダムが終わり登りに入る。

登りはちょっとペースが上がらず疲労が出てきたと思ったが

想定済み

ペースは落ちるが淡々とこなす。

 

精神的には60kmまでが遠く感じた。

 

ここへ来て

 

今度は左足の内側の筋肉が攣る。これも乗車のままごまかす。

 

しかし更にここで問題発生。

 

背中のドリンクがなくなってしまう。

いつも王滝で使う分量だったのだが(いつもだと少し余る)

予想以上の暑さにドリンクがなくなってしまった。

まだ半分過ぎたあたりだ。

 

そして

ドリンクホルダーには水をボトルに満タンに入れていたが

こちらも体にかけたり飲んだりして使う果たしてしまっている。

 

気温は上がる。

 

木陰がないところでは暑い。

 

天気がいいのがこんなところで牙をむくとは!と思う。

しかしペダルは回し続ける。

60km地点を通過。

 

雨だと嫌だと思っていたが

晴れでも過酷。

何が起こるかわからないそれが自転車レース。王滝MTBレース!

 

のどが乾く。

 

ちょっと足が攣りやすくなっている。

強く足に力を込めると攣り始める。

パワーをかけないで回して進む。

ヤバいと思う。

 

補給食も固形がのどを通らなくなる。

ちょっと胸が痛い。

 

軽い脱水症状だ。

 

足がちょっと力を入れると攣る

両足だ。

かなり攣りやすくなってる。

 

背中のドリンクはチューブでつながってるが吸っても出てこない。

完全になくなったようだ。

 

王滝のコース上には

小さな滝や水がたくさんある。

止まって水を補給することはできるが

ロスタイムだと思う。

 

 

65km地点には第二チェックポイントがある。

ここまでノンストップ。

ペースはいい。

 

どうする。

 

ノンストップで行くプランだったが

このあとを走るために

止まることを決意。

 

止まって背中の予備のジェル状の補給食を取り出し

ボトルに水を満タンにつごうとストップ。

 

時間は10時40分

スタートしてから4時間40分

 

果たして7時間を切ってゴールできるのか。

 

 

その3完結編に続く

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2017年06月01日 20時15分30秒

2017春.王滝MTB100kmレースレポートその1

テーマ:ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

お待たせしました!

 

2017春 王滝MTB100kmレースレポート

です!とっても天気のよかった今年の春の王滝

MTBで長野県王滝村の標高1000m前後の山の中を100kmひたすら走るという

全国のMTB乗りたちが集う伝統のトップレース!

制限時間10時間の過酷なレース!

ワタシは9年目すでに13回このレースを走ってます!

 

そんな王滝MTB100kmレースレポート

その1です!

 

2017年5月21日

 

天気予報でもすでに土日は晴れの予想。

 

快晴の中MTBで走れるイメージというのは最高である。

とこのときは思ってた・・・・!そのイメージは後に覆される・・・!!

 

前日土曜仕事をして長野県まで300km車で移動。

20時前に宿に入り食事とお風呂を済ませて就寝

ホテルの人にもしかして漫画家の・・・と言われ

二枚サインする(笑)。

 

就寝。

朝早起きして移動。4:30に現地

スタート地点。王滝村松原スポーツ公園に到着。

コンディションはいい。

 

ストレッチを入念にやる。今回はありがたいことに自転車雑誌バイシクルクラブさんの取材が

入る。

写真を撮りと意気込みを語る。

「前回よりもいい記録で。そしてできれば5月のコースでの7時間切りを」

 

前回5月は体調が不調で体があんまりよく動かなかった

前回の記録は7時間38分

それを超えることと

できれば7時間を切る事。

 

王滝100kmは制限時間は10時間

早い人で4時間台(トップ選手)

一般参加の王滝での「7時間切り」はひとつの指標で、

秋の「最強カテゴリー120km」にエントリーするために必要な条件。

すでに2015年秋に7時間を切ってゴールしてるのでワタシは権利は持っているのだが

やはり5月も。

両方のコースで7時間を切りたいと。(笑

「完全な120km出走権利」を手に入れたい、なと。

 

 

エントリーを済ませてゼッケンをバイクに取り付け

写真に写ってるのはハンドルに取り付けたゴミ用の袋。

走行中、背中のポケットの補給食を食べて

この透明なゴミ袋に入れる。

ゼッケンで隠れるので見栄えはオッケー!

 

6時スタート。

 

天気もいいので楽しそうなライドになりそうと思いながらスタートラインにならぶ。

 

舗装路の4kmくらいパレード走行。

 

見送る人もいるので手を振りながらスタート。

 

服装は

上下総北ジャージ

インナー

アームウォーマー

レッグウォーマー(短いもの)

前回までは8Lのバックパックだったが今回のために6Lのバックパックを新しく購入。

ドリンク1リットルとパンク修理材と予備の補給食を入れる。

軽くていい感じ。

パレードをすぎて未舗装路のオフロードの登りに入る。

 

最初は5kmほどの登りだ。

70~80%のパワーで回す。なるべく足を使わないように体幹を意識しながら回す。

フツウに回してるイメージだが速度計の速度が微妙に速い。

 

いつもより多く他の選手を抜ける。

よし!と思う。いつもより調子がいい感じがする。

心の中でニヤリとなる。が油断は禁物、集中する。

 

 

心拍は175くらい(普段の練習の登りよりは高い)だがいつも王滝の登りはこれくらいなのでオーバーペースではない。

これ以上

上がらないように気をつけながら登る。

 

実は昨年末あたりから練習を計画的に進めていて

パフォーマンスが上がっている気がしていたが

それが王滝で確認できた。

 

最初の登りをクリア。5kmくらい。

ペースはいい。

下りに入る。

路面が乾いててコーナーの砂利が滑る。

 

コーナーは攻め過ぎないように慎重かつ

なるはやで速く下る。

抜ける選手は抜く。

 

数度登りがあってペースを保つ。

 

第一チェックポイントが35km地点にある。

 

ここを8時半までに通過できれば7時間台が見えてくる。

 

5月の王滝と9月の王滝は周りが逆で

9月の方が斜度の関係でタイムが出やすいと言われている。

走った実感も9月の方が楽である。

 

5月の方がタイムが出にくいのだ。

しかし目標は5月の7時間切り。

足を休めないで登りを登る。

登り下りを繰り返し

 

遠くにチェックポイントが見えてくる。

 

時計を見ると8時35分。いけるかも!と思う。

この段階ではかなりいい感じ。

タイムも体調も今までの中で一番いい!

 

チェックポイント通過。

チェックポイントには水やトイレもあるが

ロスタイムなので止まらない。

 

今回のプランは一度も止まらないでゴールの予定。

全部乗車(斜度がきついところを押し歩きしないで乗ってクリアする)でいけば

7時間切りが現実のものとなる。

そうイメージして走った。

 

登る。

ペースを上げすぎず登る。

 

40km

ここまで早く感じる。

ペースもいい。

45km

ここで一回右足の内側が攣る。

たまたまか。と思ってMTBに乗ったまま

走りながらなんとかおさめる。

おさまった後は快調に走る。

 

ミネラルが不足すると攣りやすくなるので

背中のボトルからドリンクを多めに飲む。

しかし快調。天気もいいし気分もいい。気温もちょうどいい。

 

50kmの看板を見て通過。

 

かなりいいペースだ!!

 

 

しかし

 

このあと「晴天」が牙を剥く。

 

その2に続く。

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017年05月31日 21時11分00秒

待宮栄吉

テーマ:ブログ

ワシじゃ

呉の闘犬

待宮栄吉じゃ

みんなモッとるか?

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2017年05月29日 22時21分55秒

真波山岳

テーマ:ブログ

やあ!

全力で生きてる?
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。