カブ日記

海外ネタ、地元ネタ(阪神間某所→湘南某所)、キリスト教ネタ、思った事をあれこれ。
※食べるカブも売り買いする株も好きですが、あまり日記には登場しないと思います。乗る方のカブは・・・多分登場しないはずです。


テーマ:
蒲郡と聞いてピンと来る人は関東にはあまりいないかもしれません。

しかし今の職場は中部地方の創業で社員さんも愛知県出身者が多いので、「ああ、あの温泉と蜜柑で有名な。」とすぐに分かってくれました。

そんなわけで関東ではマイナーでも中部ではメジャーな蒲郡。
前日に引き続いてまたも水族館へ行きましたが、過疎っている紀伊半島南端とはうって変わって夏休みの子供とその保護者でごったがえしていました。
時間の関係でラグーナテンボス等の温泉にはいかなかったのですが、おそらくそちら方面も混雑していたのではと推測されます。

そして出港前には地元の方々による太鼓と手筒花火。


また蒲郡は温泉地にも関わらず工場もたくさんあるので、工場夜景もとても綺麗でした。

船だけでも完結できる、移動が楽(寝ている間に目的地に着く。荷物も持ち歩かなくていい。)な他に普段行く機会のない場所に行ける、船からしか見えない景色が見えるというのが客船の魅力と言えるでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
七月中は思いがけず読みたかった本を六冊も読むことができました。
忘れないうちにまずは一冊目。
これは自分の感心がある要素がたくさんつまっていて読んでいて楽しかった。

オーガニック、オムツなし育児、ブロガー、ノマドワーク、タイニーハウス等々。
他にも日本にはないホームスクーリングについての言及もあった。

アメリカで近年、キャリアを捨てて家庭に入る女性が増えているそうで、仕事で昇進・昇給する代わりに家事・育児・自給自足・DIY などで自己実現を図っているという。
ブロガーとして広告収入を得る人や手芸品を売っている主婦もいる。

日本でも同じような主婦はたくさんいるけど、アメリカほど女性の社会進出が進む前に不況で疲れて家庭回帰しているというのが個人的な印象。
ついでにいうと主婦のブロガーや手芸品クリエイターやノマドワーカーが一部を除いて小遣い稼ぎ程度しか稼げていないのは日本もアメリカも変わらないようだ。

自分自身、二十代は外資系でキャリアを積みたいと願っていたものの、今はノマドワーカーに憧れつつ経済的に自立できるレベルまで稼げるか不安で踏み出せません。

少数の高学歴高収入女性に頑張って欲しいと思いつつ、やっぱりしんどいよなあと思ってしまうのもまた事実です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回の船旅は串本と蒲郡というあまり耳慣れない場所だったので、下船時のプランをどうするか、夫婦で(主に夫が)頭を悩ませました。

夫「串本がねえ。オプショナルツアーでアドベンチャーワールド行けるけど、片道2時間で滞在3時間かあ。」

夫「他はトルコ記念碑と太地町のクジラ館と海中公園か。」

私「海綺麗だし海水浴だけでいいと思うよ。」




私「それと新宮の友達に会いたいな。」

…という訳で前日の自転車レースで疲れている大学時代の友人に車を出してもらってしまいました。

食事だけの予定が海中公園にも連れていってもらいました。
海亀にふれあえたり、海底の珊瑚礁を見られたりと、満足度は高かったです。

甲子園に住んでいた頃も一度、新宮まで片道3時間半かけて日帰りで遊びに行ったのですが前回にもまして慌ただしい訪問。
ごめんよ~。

しかし何度見てもきれな海です。(写真の奥に見えるのは橋杭の岩です。)
この時期人だかりの湘南の海なんて目じゃありません。

あとこの辺りは海産物が安くておいしい‼
南紀、おすすめです。
また来るぞ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、一年を通して横浜の大さん橋によく停泊する大型クルーズ客船は三隻ほどです。

フレンドリーで初心者向けと言われるぱしふぃっくびいなす。
料理が一番おいしいと言われるにっぽん丸。
そして日本一豪華と言われる飛鳥Ⅱ。

我々が大さん橋に到着したときには飛鳥Ⅱへの搭乗が始まったばかりで大層賑わっていました。
「この中で実際に船に乗る人はどれくらいいるんだろう。」
そんなことを考えながら飛鳥Ⅱの巨大な船体に圧倒される我々。
そして飛鳥Ⅱの大さん橋を挟んで向かい側には飛鳥Ⅱより若干小さめな船が。
我々が乗るぱしふぃっくびいなすです。
いや、こちらも十分豪華で綺麗です。

船の手荷物を預けに行ってびっくり。
なんとクルーがフィリピンの方でした。
「え?国内航路だよね?。」
船の中はさらにフィリピン人だらけ、ラウンジはロシア人だらけでした。
なんでも船内では10か国以上の人達が働いているとか。

考えてみれば漁船やコンテナ船はとっくに人材が国際化しているのに、客船もそうなっていないはずはありません。
後で知ったのですがフィリピン人船員は人気があるので世界中で人材争奪戦だとか。
英語が準公用語で出稼ぎが多いと聞いていましたが、すでに日本でもあまり知られていない所で活躍していたんですね。

うーん、フィリピンという国に俄然、興味がわいてきました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
事の発端は地域フリーペーパーに載っていた広告でした。

夫「夏休みの子供向けクルーズがあるらしいよ。串本・蒲郡コースと小笠原コース。」

私「ふーん。(高いんだろうなあ)」

夫「あ、船内マジックショーもやってる(※夫はマジック好き)。子供にも見せたいなあ。」

私「三人で三泊四日か四泊五日で…高くない?

夫「行きたかったなあ…。行きたかったなあ…。しくしく。」

私「面倒くさいなあ‼行こう‼」

という訳でクルーズ行きが決定しました。
私は船でしか行けないし前から行きたかったので小笠原がよかったのですが、平日4日も休めないので串本・蒲郡になりました。

ちなみに決まったあとは何故か私が申し込んだ事にされ、事あるごとに「奥さんの無駄遣い…ぷぷぷ。」と言われています。

むかつく。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。