メンタルチェック

テーマ:

そういえば去年もこういうのやったような・・・

今は職場(というか雇用者側)でメンタルヘルスの講習を受けたり、それにより休職する人や退職する人を減らすために未然に防ごうと色々やってくださる。

今回はネットで50問ほどの設問に答えてメンタルチェックを行う方式(そして初めて「点数」がつく形式だった)

 

私もね・・・薄々気づいてはいたんですけどね。

まぁ人生の中でも3本指には確実に入るハードな思いをこの1年ほどしたわけですよ。

なのに・・・やっぱり「健康体」なわけです(苦笑)

もう鋼のハートなのかしらね・・・

結構、自分では落ちたと思ってたんだけどなぁ・・・

 

まぁ回答に困る設問が2割程度あったんで、そこはそんなに真剣に答えていないし、そこを突きつめると本気で病みそうな気もしたので。

 

色んな質問の後で、

「この自身の問題(個人的な事、仕事の事とか)を家族に相談できますか?」

 

これ・・・困るんだよねぇ・・・

もちろん天涯孤独ではないので、伯母もいるし、姉家族もいるけど・・・基本「別世帯」なんで、家族とはいえるのかな・・・どこまでの相談をするのかな・・・って悩むわけです。

こんなことは無い方がいいけど、もし病気になってしまってってなると最終的にはお願いしなきゃいけないけど、そこは出来る限りを自分でやりきった上でしかお願いはできないし。

そういう意味での相談って中々ないんだなぁ・・・

 

今まで散々困ったことを自己完結してきているので、逆に「相談の線引き」が非常に難しい。

これは友達や同僚にもそうで。

相談できないわけではないけど、「ここまで頼るのは迷惑かなぁ」とつい考えてしまう。

 

それと正直後は「発つ鳥跡を濁さず」の生き方だけをしっかりやってこうと思ってるので・・・

 

それでもメンタルが強いというのはひたすら「諦観」と「妥協」と「順応力」の賜物しかないなぁと思う。今になって石にかじりついてでも何かを成し遂げたいとは思わないわけで。

生きていく中で「あぁこういうことができたなぁ」というのが少しでも多ければいいとは思うけど、もうがむしゃらになる年齢でもない。

それなら若い人に先を譲って、自分は自分の生きていけるだけの糧があればいいんじゃないかとも思う。(あまり無さ過ぎると親族に迷惑かけるので・・・そこはほどほどに)

 

常に深読みして、マイナス思考で生き過ぎた人間って、周囲がびっくりするくらい実は強いのかもね。

AD

コメント(2)