花鳥風月を遊びとす

テーマ:

東京に引っ越してから約3ヶ月ぶりに江ノ島へ行った。ちょうど去年の今頃から江ノ島によく通うようになったのを思い出した。私はどうやら海を心の拠りどころとしているようで、海を目の前にすると、そこはかとない安心感に抱かれることができる。

 

 

「なんでそんなに海が好きなの?」と聞かれると、理由は自分でもよくわかっていない。「私は実は泳げないのです」と言うと、さらに意味がわからないという顔をされるのだけれど、泳ぎたいから海に行くわけではなく、ただ波の音を聴いて、ただただ海を眺めているのが好きだと答えることしかできない。

 

砂浜のサラサラとした砂。

一歩足を踏み出すと柔らかいフカフカとした感触が足を覆う。

 

波のキラキラとした水のしぶき。

一つとして同じではない波の形と煌めきが目を楽しませる。

 

子ども達のキャハハハという笑い声。

波打ち際を走り回っている子ども達の楽しそうなあどけない笑い声が耳をかすめる。

 

潮のほのかな香り。

風に乗って運ばれてくるツンとした潮の香りが鼻をつく。

 

コーヒーのほろ苦い味。

海の近くのスターバックスで買ったコーヒーの苦さが口いっぱいに広がる。

 

何をするでもなく、自分の五感で目の前の大きな大きな自然をひたすらに感じる。ただそれだけで、幸せな気持ちになることができる。

 

ひとは何かを目指したり、問題を解決したがるけれども、私はたぶんただ幸せを感じていられればそれだけで十分なのだと思う。何かをしなければいけない、誰かの役に立たなければいけない、そう考えれば考えるほどに焦燥感と強迫観念に囚われてどんどんどんどん息苦しくなる。

 

時間は有限であり、時間を使うことは命を使うことなのだからと、その時間を無駄にすることなく使うことが素晴らしいとよく言われるけれども、無駄とはいったい何なのだろうか。何かを為さなければ無駄にしているのだろうか、何もしない時間があってもいいのではないのだろうか、なぜ一分一秒も惜しがって予定を詰め込む必要があるのだろうか、私には甚だ理解できない。

 

今私はデトックストレーナーという仕事をしているのだけれど、(こんなことを言ったらトレーナー仲間に殺されかねないが、)正直デトックスを広めたいとは微塵も思っていない。やりたい人がやればいいのだと思う。デトックスの素晴らしさを知ってはいるけれども、求めていない人にまで「やったらいいよ」とおせっかいを焼くことが私はどうも苦手だ。求めていないのならば、それでいいじゃないか。きっと私は、その人の選択を尊重したいのだと思う。誰もが自分の人生を意識的であれ無意識的であれ選択して生きていることには他ならない。苦しみたい人は苦しむことを選択しているし、楽しみたい人は楽しむことを選択している。現状を変えたいと思っている人に対して、「デトックスという手段もありますがいかがですか?」と一つの手段として提案することができればそれでいいのだと思う。その提案にアグリーするかどうかも全てはその人次第なのだと思っている。

 

私は坂爪圭吾さんの『奇跡は余白に舞い込む』という言葉が大好きで、自分のこころにも思考にも予定にも常にスペースを空けておきたい(余裕を持っていたい)と思っている。詰め込んでしまっては、別の何かが入る余地はない。ふたご座は自由を追い求める気質があるというけれど、5月26日生まれのふたご座の私も例に漏れず、常に自由を追い求めている。これだというものにのめり込むタイプではなく、常に新しい何かを探している。何かに集中することも素晴らしいことだと思うけれども、新しい誰かや何かに出会う奇跡を待ちながら、『いま』というこの瞬間を最大限にリラックスした状態で味わいきることが私という人間の地球での遊び方なのだろう。

 

海が私の最大のパワースポットだけれども、自然全てが実はそうで、昔の人が花鳥風月を遊びとしていたように私もまた、花鳥風月を遊びとするタイプの人間のようだ。ゲームやテレビや映画やマンガといった娯楽が溢れた現代において、私のような人間はだいぶマイノリティーに属しているように思う。時に寂しく孤独を感じることもあるけれども、マイノリティーだろうが何だろうが、私は自分のこの個性を抱き締めて生きていきたい。

 

そんなに自然が好きならば田舎に引っ越せばいいじゃないかと言われそうだけれども、たぶんそれはそれでつまらなくなってしまうのだと思う。完全に矛盾しているが、自然が好きだけれども刺激もほしい。だからこそ普段は首都圏に身を置いているのだけれど、せわしなく動き続ける人々の中で、焦燥感や強迫観念に囚われてしまうことは多い。そんなときは、自分のペースを取り戻す(自分をチューニングする)ために、これからも何度となく自然の力を借りたいと思っている。

 

今日の夕日は薄い雲に覆われて、その輪郭を直視することができた。真っ赤に染まったまん丸の太陽が、雲で霞んだ淡い藍色の富士山の後ろに少しずつ沈んでいく光景は非常に神秘的で、真っ赤なまん丸のその光が欠けていって見えなくなるまでただただずっと眺めていた。

 

 

-○-●-○-●-○-●-○-●-○-●-○- 

小出 麻友美 

 

Facebook: https://www.facebook.com/mayumi.koide.96

Twitter: https://twitter.com/mayumin_0526

Instagram: https://www.instagram.com/mayumi_0526

E-mail: peace451112@yahoo.co.jp 

-○-●-○-●-○-●-○-●-○-●-○-

AD

一昨日は「死生観について語る」という『デスカフェ』なるものに参加してきた。

「不老不死の薬があったら、飲むか飲まないか」という話や「余命1年と宣告されたらどうするか」という話をした。

 

~*~*~*~*~

 

私はありがたいことに、祖父母以外の身近な人の死を経験しているわけではないけれども、「生きるとは何か」とか「死ぬとは何か」を考えることの多い人生を歩んできたように思う。

 

私は子供の頃から「死んで自分という意識が消えるってどういうことか」とか「生まれてくる前の無の感覚ってどんな感じなのだろうか」とかを考えることが多かったし、宇宙とか神様とか集合意識みたいなものを空想しながら眠りにつくことが多かった。

 

私の母親は無宗教だけど、いろんな宗教や精神世界について勉強するのが好きだったため、母親の勉強に興味を持って話を聴くことも多かった。

 

小学6年生の時に結核の疑いで半年間薬を飲んだ時期もあり、江戸時代に生まれていたら私は12歳で死んでいたんだなと思ったし、今の時代に生まれた感謝や生かされている感覚もその頃から感じていた。

 

生きていてごめんなさいと思ったこともあるし、死にたいと思ったこともあるし、具体的な自殺方法についてガチで考えたこともあった。

 

こんな風にして、私の死生観は形成されていったのだと思う。

 

~*~*~*~*~

 

生きていることは奇跡

 

最近、よりスピリチュアルに触れるようになってから、この地球上で生きていることがどういうことなのかとか、生まれる前や死んだ後はどうなるのかが明確になってきた。

 

それは、もともとみんな一つの大きな魂的な塊だったところから、分裂してきて地球上に生まれてきたということ。そして、地球上に体という「借り物」に入って生まれてくることも、生きていることも全ては奇跡なのだということ。死んだら元の一つの大きな魂的な塊に戻るのだということ。その一つの大きな魂的な塊は完全すぎて、何も無さすぎて、つまらないから、地球に遊びに来ているのだということ。辛い人生も、楽しい人生も、全てその一つの大きな魂的な塊が体験したくてしているのだということ。

 

誕生日は「誕り(いつわり)で生まれた日」という意味で、命日は「命に還った日」という意味なのだと仕事の仲間に聞き、日本語を作った古来の日本人は知っていたのかもしれないと鳥肌が立った。これはあくまで一つの説でしかないし、100%これしか信じないというわけではないけれども、何となく今の自分の感覚として、一番しっくり来ている。

 

~*~*~*~*~

 

生と死には必ず意味がある

 

私は「生まれてこなければよかった」と思ったことがあるし、そう思ったことがある人も結構いるのではないだろうか。しかし、生まれてきただけですごいことだし、生きているだけで価値があるし、必ず意味があって生まれてきているのだと、私は最近思っている。

 

まだ子供のうちに亡くなる人もいるし、まだ子供が小さいうちに亡くなる親もいる。悲しみばかりに目が行きがちだけれど、本当は意味があって起こっているのだと思う。命の大切さを身をもって周りに教えてくれているのだと思う。そう思うと、自分のこの命、自分で断つという勿体無いことをするのではなく、最期の最期まで全うしたいと心から願う。

 

~*~*~*~*~

 

生きた証を残す

 

デスカフェでお話しした女性が教えてくださった『ぞうのさんすう』という絵本では、象が毎日自分の糞を並べてゆくのだという。1年でする糞の数は50歳まで増え続け、その後は減り始める。それが何を意味しているのか象は悟る。100歳になったときに糞の数はゼロになり、象も生涯を終える。

 

「こういうお話しなんだけどね、その象が並べた糞はその後も残って、土壌の肥やしとなり、緑を育むでしょ。象が無(ゼロ)に還って行っても、その生きた証は必ず残っているっていうのがこの本の伝えたいことなのかなって私は想像しているの。」

 

この言葉を聞いて、私は自分の仕事場で浸透している『Leave a Legacy(生きた証を残す)』という理念を思い出さずにはいられなかった。私は、少しでも多くの人が本来の自分を想い出して輝くきっかけになること、それが自分の生きた証なのだと思っている。

 

~*~*~*~*~

 

どう死ぬかは、どう生きるか

 

命とは「意(い)志を乗(の)せて散(ち)る」という意味なのだと聞いた。桜の花がその役目を終えていくとき、花びらがハラハラと散っていくように、命というものも散っていくものなのだと思う。桜の散り際が美しいように、命というのも散ってこそ潔く美しいのだと思う。

 

どんなふうに散る(死ぬ)のかは、それまでに自分がどう生きてきたかで決まるのではないだろうか。どう散りたいか(死にたい)かが明確にあれば、どう生きたいかは自ずと決まってくる。

 

私は最期まで自分のやりたいことをやり続けて死んでいきたいと思っている。血縁どうこうは関係なく大好きな人たちに囲まれて、大好きなことをして、「本当に楽しかった」と心からの笑顔ですっと息を引き取りたいのだと思う。

 

だからこそ、心が死んだ状態で生き続けたいとは私は思わない。生活のために、心を殺して自分のやりたくない仕事をやるのは嫌だし、自分の意志で動けなくなってからも延命治療で生き続けたいとも思わない。

 

私はこの↓CMがものすごく胸に来るのだけれど、日々の自分の選択が晩年の自分の生き方を決めるのだとしたら、今、自分はどんな生き方を選択したいだろうかととても考えさせられる。

 

 

~*~*~*~*~

 

死生観を持つことの意義

 

死は怖い・痛い・悲しい・考えたくないというイメージが強いけれども、それでもいいのだと思う。死は自分が捉えたいように捉えればいいのだと思う。

 

私もずっと、死ぬことは怖いし痛いものだと思ってきた。しかし、死について明確なイメージを持つようになってから、死ぬことは怖くなくなった。明日死んでもいいように、今この瞬間の自分を最大限に大切にすることが、未来の自分や自分の子孫に繋がっていくのだと私は思っている。

 

 

-○-●-○-●-○-●-○-●-○-●-○- 

小出 麻友美 

 

Facebook: https://www.facebook.com/mayumi.koide.96

Twitter: @mayumin_0526

Instagram: https://www.instagram.com/mayumi_0526

E-mail: peace451112@yahoo.co.jp 

-○-●-○-●-○-●-○-●-○-●-○-

AD

お金以上に大切なもの

テーマ:

「あれ?まゆゆさん、なんか良いことあったんですか?」

昨日、仕事の仲間にこう話しかけられた。

 

私はものすごく単純な人間なので、素でいられる環境では感情がそのまま顔に出る。

落ち込んでいると、苦虫を噛み潰したような渋い顔をしているか、明らかに生気のない顔をしているし、嬉しいことがあると、明らかにニヤニヤしながら幸せオーラ全開でふよふよしてしまうのだ。

 

昨日は本当に本当に本当に嬉しいことがあって、今の仕事を始めてから最上級の喜びに満ち溢れていた。

 

 

 

~*~*~*~*~

 

私はデトックストレーナーという仕事をしているのだけれど、最近仕事が思うように行っていなかった。

 

デトックスをやると、すごく体がキレイになることで長年の体の悩みが吹っ飛ぶし、心も軽くなって人生を丸ごと肯定する勇気が湧いてくるので、「もう最高!みんなやったらみんな幸せやん!」と思ってトレーナーをやっているのだけれど、それがなかなかうまく伝えられずにいた。

 

「高すぎじゃーん、無理じゃーん」とか

「今忙しいから後でねー」とか

「デトックスってあれやろ?ネットワークやろ?」とか

 

いろんなことを言われて「ぐはーっっ」となっていた。

 

 

何かをやりたいと思ったとき、そのひとの前にほぼ100%立ちはだかる障壁がある。

 

それは、お金、時間、健康の3つだ。

 

「健康」とは「健体康心」というのが元の言葉であると言われるように、体も心も元気であること。

体がどんなに元気でも、自分に自信がなかったり、世の中の常識に埋もれていたり、誰かに嫌われたくないという想いから世間的なイメージにばかり囚われていたら、それは残念ながら健康とは言えない。

 

私はありがたいことに、この「健康」というハードルを軽く蹴飛ばすことのできるデトックスという手段を共有することができる立場にあるのだけれど、このデトックスでさえも、やるために「お金」「時間」「健康」の3つのハードルが立ちはだかる現状に打ちひしがれた。

 

トレーナー養成団体では、この3つのハードルを越えるために必要な方法を教えてくれるのだけれど、お客様の優先順位として「経済的にある程度余裕がある人が先」と教わる。

それはものすごく、ものすんごくごもっともなのだけれど、なんというか、私は世の中一般的には経済的弱者でも、自分を貫いている(貫こうとしている)人達が大好きで、そういう人達の応援をしたいと心底思っている節がある。だから、頭で考えたら100%正しい優先順位にさえも抵抗を覚えてしまうのだ。

 

 

~*~*~*~*~

 

 

そんな中、私が勝手に敬愛しているある女性が仙腸関節の炎症で入院された。

 

最初は「私の出る幕ではない」と華麗にスルーしていたのだけれど、「そんなことはない!」と急に思い立ってデトックスで使うサプリメントを自腹で送った。その結果、その女性はみるみる回復されて、松葉杖で3mも歩けなかったところから1週間ほどで二足歩行できるまでになった。

 

もちろん他の要因もあるのだけれど、その脅威の回復ぶりに「うそでしょ?!」と思ったのは他の誰でもなく私自身で、昨日「さっき、5億光年ぶりに二足歩行ができました…!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)」とメッセージをいただいたときには、もう、もう、言葉にできない喜びがぐわーっと上がってきて、外出先なのもお構いなしに涙が頰を伝った。

 

その女性には小学6年生の娘さんがいて、3月17日(明日)に卒業式を迎えるのだけれど、女性が無事に出席できることになり、「あぁ本当に良かったなぁ」と心の底から思った。女性から何度もありがとうと言っていただいたのだけれど、「何をおっしゃいますか!ありがとうはこちらのセリフです!」とずっと思っていた。

 

私はただ自分が知っているサプリメントを送っただけで、大それたことは何一つしていないのだけれど、それ以上に何億倍にもなって喜びが返ってきた。

 

 

~*~*~*~*~

 

 

自分の生計も大事だけれど、それ以上に大事な何かを私はいつも探していて、自分がどんなにギリギリでも、自分が前のめりに「素敵だなぁ」と思える人に自分が良いと思うものをどんどん共有していきたいのだと思う。

 

私はたぶん、お金を集めるために生まれてきたわけではなくて、ただひとと交流したくて生まれてきたのだと思う。感情や感動を共有するために生まれてきたのだと思う。

 

 

 

 

春だ。

私の中で、小さな小さな蕾が花を咲かせた。

私は、この心の中の小さな花をたくさんのひとと共有していきたいのだと改めて強く思った。

 

-○-●-○-●-○-●-○-●-○-●-○- 

小出 麻友美 

 

Facebook: https://www.facebook.com/mayumi.koide.96

Twitter: @mayumin_0526

Instagram: https://www.instagram.com/mayumi_0526

E-mail: peace451112@yahoo.co.jp 

-○-●-○-●-○-●-○-●-○-●-○- 

AD