2014-04-21 03:30:29

egg休刊とギャルカルチャーの今後。

テーマ:Culture
知っている人も多いと思うけど、ギャル雑誌の金字塔[ egg ]が5月31日をもって休刊する。



1999年にも50万部を発行していたにも関わらず、一度休刊になっているが、あの頃とは訳が違いそうだ。

更にこのタイミングで偶然にも、インフォレスト社の事業停止により「nuts」「小悪魔ageha」も公式には発行の目途が経っていない。

平成生まれのギャルには分からないだろうけど、昔の「egg」は全種類のギャルの“源”が載っていた。

俺が知っている範囲で語れば、今で言う「egg」「Pop teen」「nuts」「JELLY」「BLENDA」「S Cawaii」「小悪魔ageha」系ギャルが、総括して載っていた。

現に「egg」から生まれた有名人が他社さんの雑誌に移籍し、メインモデルになった子も多い。

それだけ影響力があったし、前途した雑誌のようにギャルが細分化された。

細分化した事でのメリットは、雑誌イメージにあったアパレルブランドの多様化。

109がギャルの館になった。

デメリットは、各々の雑誌推しでカリスマを生んだ事で“真”の絶対的ギャルのカリスマが居なくなった。

雑誌の垣根を越えたカリスマが居なくなった事で、カルチャーとしては弱くなったんだと思う。

あとは、昔は「ギャルのカリスマ」と言ったら高校生迄の歳だったんだけど、ギャルカルチャーが定着した事で「ギャル卒業の概念」が無くなり、20歳を越えてカリスマとなる子が多くなった。

20歳を越えたギャルは、10代の時に比べ、完成度も高く、パンチも無く、化粧も薄くなり、肌を気にして焼くのを止め、身に着けているものも読者には真似出来ないような高価な物になって行き、大人の事情で仕方なく付けている物、読者には到底真似できない格好、物に変化。

これじゃ読者が真似出来る訳無い。

その結果、読者モデルが「モデル」になり、大人の事情により普通の「綺麗なお姉さん」になってしまった。

そしてギャルのシンボル渋谷と言う街から、ギャルが減った。

昔は渋谷で目立っていたギャルが雑誌の目に留まり、雑誌に載っていったが、今のギャルは載れる雑誌に雰囲気に合わせて雑誌に登場する。

流れが逆になっている。


勿論、前途した要素にプラスしてSNSの存在も大きい。

昔は街に出て、ファッションセンスを盗み、雰囲気を盗み、人脈を広げていった。

イケてる集団に入りたくて、ファッションで「仲間入りたい」アピールをした。

現代は、ファッションでアピールでは無く、SNSでアピールの時代だ。

街にわざわざ出て自分アピールして、リスクを負う事も無い。

渋谷センター街を、、、、、、失礼、バスケットボールストリート(笑)を歩けば分かる。

何処にでもある、大手資本の店が立ち並び、他の街となんら変わりが無い。

スクランブル交差点から見える駅前の看板は、主要都市には必ずあるであろう、店の名前の看板が立ち並ぶ。

地方の街では、大手資本のモールが出来て、便利になった一方、地元密着方でお店をやって来た商店街には客足が減り「シャッター通りになりつつある」と、言う話を良く聞く。

その各々の“街”の良さが、渋谷に限らず、消えかけようとしている。

近い将来「ギャル」が死語となり「渋谷って、イケテル街だったの?ウケる。」と発言する若い子達が出てくるのかな(笑)

「古き良き昭和時代」を描いた「3丁目の夕日」のように「あの頃の日本って良かったよな」って、時代が来るのかもしれない。



納得行かないけど、節目の年かもね~。

話は戻るけど「egg」→「men's egg」に出ていた俺には胸が締め付けられる出来事でした。

俺のBlogを観ているアラフォー、アラサーの皆さん。

5/31売りの「egg」は是非買って下さいね<(_ _)>









17年間に渡り“渋谷カルチャー”を牽引してきた、カリスマ読者モデルの壮絶半生!
本書は1990年代後期、まだ治安が悪かった渋谷で後ろ指を指されながらも、
己を貫き通し、成り上がっていった元「メンズエッグ」カリスマ読者モデル
ピロムの自伝です。
田舎者だからこそ抱えるコンプレックス、栄光と挫折、渋谷人との人間関係
等々、「チャラい」の一言では済まない「ギャル」「ギャル男」カルチャーが詰まった
一冊です!



[ 渋谷(ピロム)と呼ばれた男 ~ギャル男の終焉~ ]
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

植竹拓(ピロム)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

6 ■egg一度目の休刊の時は

高校生でした。

eggが復活した時は本当に嬉しかった事を覚えています。

二度目の休刊、寂しいですね。

ひとつの時代が終わってしまう気がします。


メンエグも最終号はもちろん買いましたしeggも最終号は買おうと思います。

5 ■残念(/ _ ; )

ショックです…T_T今は母になり正直eggは読んでないけどeggを書店やコンビニで見ると懐かしい気持ちになった…eggが出た当時から毎号かかさずeggを買い、渋谷まで高速バスで行ってeggの撮影を見て興奮したり、洋服もマネして買ったりeggに出てるみんなに憧れていた!私の青春!!

4 ■men's eggは・・・

結構カリでスマなマイ・バイヴルでした♪☆♪

僕的にはメンエグ(特に2000年代前半)≧メンナク≒メンスパ的な方程式が成り立っておりまする~♪☆♪

3 ■(;´д`)

アラサーだもんでeggで生きてきた人間には辛いですわー(T_T
メンエグも無くなるわついにeggまで、、、(;´д`)

2 ■( ゚▽゚)/コンバンハ

eggは、私がコギャル時代の中、突然出た一番のギャル雑誌だったので残念です・・・。
もう一度、蘇えってほしいです。
コギャルが変な目で見られていた頃の時代から。

1 ■節目の時に

僕は出版社学芸舎代表になり、出版革命をやります!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み