2010-08-25 19:40:32

PYLON - フィリップ・A・ミラー -

テーマ:Blog

今から約10年前に渋谷にClub PYLONと言うハコがあった。


そこで俺はオーナーのフィリップ・A・ミラーに拾ってもらい、DJデビューを果たした。


HIROMU オフィシャルブログ powered by ameba


そこで出会った人々は数知れず、渋谷のリアルクローズがPYLONにはあった。


PYLONから発信されたカルチャー・・・ルミカライト、ガン黒、レイ、パレオなど、当時、ギャルの流行はこのハコから発信されていたと言っても過言ではない。


そこのオーナーだった、 フィリップ・A・ミラー、通称フィルはエンターテイメントの天才だった。


酒、女が大好きで、酒が入ると人が変わり、酒が入って無い時はスゲー良い人。


そんなギャップが人に愛され、多くの人々を魅了した。


フィル自らシャンパンなどを開けて客に振る舞いフロアーを盛り上げる。


「PYLONツアー」と言う名目で全国のClubを周った位、人気Clubを作ったフィル。


CDもPYLON名義で3枚リリース。


各10万枚以上売り上げるHit!


そのエンターテイナーが昨日、亡くなった。


俺は約10日前 に「青山velours」で会ったばかりだ。


HIROMU オフィシャルブログ powered by ameba


その時にフィルが俺に「また、一緒に仕事しよう」と言ってくれた。


彼はその時「ピスト(自転車)のあるパーツの独占権利を取ったから、ヒロムのブランドとコラボしよう」と言ってくれた。


電話番号が変わっていた為、番号を交換してその場を後にした。


まさかあれが最後の会話になろうとは夢にも思わなかった。


田舎者の俺を渋谷と言う大都会での“原点”を作ってくれたフィル。


今でも信じられない。


あなた無しでは今日の俺は居ませんでした。


天国でゆっくり休んで下さい。


心よりご冥福をお祈りします。


元PYLON DJ PIROMU

植竹拓(ピロム)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

1 ■★

こんばんは
お疲れ様です


PYLONがあり
フィルさんがあり
ヒロムさんの原点となる場所だったのですね


心からご冥福をお祈りします

2 ■御冥福をお祈りいたします。

フィルさんとは直接の係わりは御座いませんが

当時、僕が初めてクラブシーンに感動を

覚えた箱はPYLONでした。

まだお若いのに惜しい人がお亡くなりになり

とても残念です。

御冥福をお祈りいたします。

3 ■無題

地方に住んでる私にとって
PYLONは、憧れであり未知の場所でした。
田舎者の私は勇気がなくて行けなかった。

そんな時、ツアーで浜松に来てくれた☆
あの憧れのPYLON!!Σ(=°ω°=;ノ)ノ
いつも以上に日サロへ通い
毎日パラパラの特訓をし、
気合入れて挑んだPYLON night!!
本当に楽しくて
いまだに宝物のチケットを見るたびに
青春時代に戻ります☆

大人になった今、
知り合ったばかりの人と昔話をしていた時に
【PYLON】という言葉だけで
いっきにその人との距離が縮まった事がありました。
偉大なるPYLON。

ご冥福をお祈りします。

4 ■無題

HIROMU君覚えてるかな?
渋谷PYLONのイベントでよく映像出してた者です
PYLONに関わる前から、クラブイベントの映像を撮ったり作ったりしてきて、今だにそんなこと仕事にしてるけど、渋谷PYLONとフィル以上の奴には出会った事はない‥‥フィルの訃報を聞いて、当時の映像を見返してみて、改めて感じます‥
最高の時間に一緒にいられた事を幸せに思います‥‥
フィルとは去年、マドラウンジのイベントの撮影中に偶然会ったのが最後でした‥‥

5 ■偶然・・・

フィル、亡くなったんですね・・・
なんか空虚感というか・・・
信じられないというか・・・

 PYLONが青山ウェンディーズの地下にあった頃、地下に降りる階段の前に座っていた彼。
毎週毎週笑顔でハグしてくれた。。。

シャンパンは振る舞うというより、ぶっかけられてた感じだけど、楽しませる天才だったとおもう。。。

大人になってしまった今、clubカルチャーと離れてしまい、それでもあの頃の様にアガる曲だけでも聴きたいと彷徨っていたら、偶然HIROMUさんのブログに巡りあいました。

フィル、亡くなったんですね・・・

信じられないです。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み