子どもたちに笑顔を!

紛争・貧困・病気で苦しむ、未来を担う世界の子どもたちが人間らしく生きるための生活の支援をします。


テーマ:

 

ドイツ国際平和村の今後の予定について、本日は皆さんに大変残念なお知らせをしなくてはなりません。

 

ドイツ国際平和村の支援で渡独した子どもたちがその怪我や病気の治療を受けるためには、無償での治療を引き受けてくれるドイツ各地の病院の存在が欠かせません。しかし、これまでに何度もお伝えしてきた通り、その病院を見つけることは難しくなる一方です。また、このところ様々な国において、パスポート情報の電子化が進められていますが、それに伴い、怪我や病気を抱えた子どもたちが渡独するための手続きに、さらに時間がかかるようになってしまいました。加えて、20175月に発生した大規模な爆弾テロ事件以来、アフガニスタンのカブールにあるドイツ大使館は閉鎖されており、外務省に何度も問い合わせてみましたが、今後数週間の間に大使館がその業務を再開することはとない、ということが明らかになりました。

 

この決定は私たちにとって本当につらいことですが、上記の理由のため、20178月については、たとえその怪我や病気の治療が緊急に必要とされていたとしても、新たなアフガニスタンの子どもたちを治療のためにドイツと連れてくることはできない、という判断に至りました。

 

アフガニスタンのパートナーからは、数え切れないほどの重症の子どもたちについて聞いているだけに、そのやるせなさは増すばかりです。しかしながら、私たちは今回、通常の形でのチャーター機による援助飛行を実行することができないのです。

 

一方で、中央アジアおよびコーカサス地方の国々の怪我や病気を抱えた子どもたちについては、路線便を使用して予定通りの時期にドイツへと連れて来る予定です。また、ドイツでの治療を終えた、アフガニスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、キルギス、コーカサス地方の子どもたちについても、全員、路線便にてそれぞれの母国へと連れて帰ります。すでに母国へ帰国した子どもたちが継続服用を必要としている薬についても、しっかりと現地へ届けます。しかし、現地へと運ぶことができるその他の援助物資については、通常よりも大幅に少なくなってしまう見込みです。

 

各国のパートナー、とりわけアフガニスタンの赤新月社には、この状況への理解をお願いすることしかできません。入国のためのビザがなくては、アフガニスタンの子どもたちのドイツへの渡航はかなわないのです。

 

今後も引き続きドイツ国際平和村は関係各所に掛け合い、20182月に予定している援助飛行については通常通りチャーター機にて実施できるよう、全力を注いでいきます。

 

写真:ウリ・プロイス

2017年7月25日
PEACE VILLAGE INTERNATIONAL
(FRIEDENSDORF
INTERNATIONAL)
ドイツ国際平和村
宍倉 妙子 (Taeko Shishikura)
金巨 未来 (Miki Kaneko)
中岡 麻記 (Maki Nakaoka)

FRIEDENSDORF INTERNATIONAL≪ドイツ国際平和村≫
Lanterstrasse 21, 46539 Dinslaken, Germany
TEL +49-(0)2064-4974-131
FAX +49-(0)2064-4974-999
E-MAIL:  japanpeace@friedensdorf.de
HOMEPAGE: http://japan.friedensdorf.de
FACEBOOK: http://www.facebook.com/friedensdorf.jp

寄付金口座:
三菱東京UFJ銀行 本店 普通口座
口座番号:0152887
口座名:ドイツ平和村またはAktion Friedensdorf e.V

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2017年7月6日、ドイツ国際平和村は設立50年を迎えました。

多くの方々に支えられ、活動を続けてこれたことに感謝するとともに、

今なおもドイツ国際平和村の活動が必要である世界の実情をあらためて認識し、

未来へ続く平和のために、これからも活動を続けていきます。

 

本メールでは、設立50年関連のニュースと写真をまとめてお送りしています。

ご覧いただけましたら幸いです。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2017年7月13日
PEACE VILLAGE INTERNATIONAL
(FRIEDENSDORF
INTERNATIONAL)
ドイツ国際平和村
中岡 麻記 (Maki Nakaoka)
宍倉 妙子(Taeko Shishikura
金巨 未来 (Miki Kaneko)

FRIEDENSDORF INTERNATIONAL≪ドイツ国際平和村≫
Lanterstrasse 21, 46539 Dinslaken, Germany
TEL +49-(0)2064-4974-131
FAX +49-(0)2064-4974-999
E-MAIL:  japanpeace@friedensdorf.de
HOMEPAGE: http://japan.friedensdorf.de
FACEBOOK: http://www.facebook.com/friedensdorf.jp

寄付金口座:
三菱東京UFJ銀行 本店 普通口座
口座番号:0152887
口座名:ドイツ平和村またはAktion Friedensdorf e.V

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月21日~7月2日まで、カンボジアで運営されています「スナーダイ・クマエ」孤児院さんと合同での、パネル展示を開催いたします!

また、6月25日にはスナーダイ・クマエ代表「メアス博子」さんと、NPO法人ペイ・フォワード倶楽部理事「田川 純子」によります講演会も開催いたします。

この機会に是非、今までの活動を知ってください!

 

日時:6月21日~7月2日(講演会:6月25日)

場所:吹田市立市民公益活動センター ラコルタ(千里ニュータウン6F)

時間:10時~17時(最終日は15時まで)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ明日に迫って参りました、チャリティコンサート!

 

まだお席はございますので、是非皆様お越し下さいませ!!

 

 

日時:6月18日(日) 13:00開場 13:30開演
場所:千里寺(吹田市千里山駅徒歩約3分)
参加費:1,800円
ゲスト:わたなべゆう
オープニングアクト:どらわこ、A JOYFUL GOSPEL...
ブース出展:おのくん
パネル展示:NPO法人ペイ・フォワード倶楽部

参加費は経費を除く全額をカンボジア王国、ドイツ国際平和村での募金、運営資金とさせて頂きます。

当日は先日訪問しました「ドイツ国際平和村訪問研修会」「カンボジア訪問」のご報告もさせて頂きます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日時:6月18日(日) 13:00開場 13:30開演
場所:千里寺(吹田市千里山駅徒歩約3分)
参加費:1,800円
ゲスト:わたなべゆう
オープニングアクト:どらわこ、A JOYFUL GOSPEL...
ブース出展:おのくん
パネル展示:NPO法人ペイ・フォワード倶楽部

参加費は経費を除く全額をカンボジア王国、ドイツ国際平和村での募金、運営資金とさせて頂きます。

当日は先日訪問しました「ドイツ国際平和村訪問研修会」のご報告もさせて頂きます。
是非、皆様お越し下さいませ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

1925年から多くの国で、6月1日が子どもたちのための日と制定されました。国際子どもの日は、子どもたちの権利を守ることを改めて意識する日です。世界中で子どもたちの人権が守られることを願って、この日を子どもの日としている国は145カ国あります。同時に、多くの国で、子どもたちが人権とかけ離れた状況下で暮らしているという現実があります。

ドイツ国際平和村は、紛争や危機地域の子どもたちの受け入れを50年にわたって行っている中で、この現実を目のあたりにしています。

十分な医療、教育、健康的でバランスの良い栄養は、多くの国では一部の富裕層のみしか手にすることはできません。ドイツ国際平和村は、2017年だけで、8カ国から100人以上ものケガや病気を抱えた子どもたちをドイツに受け入れました。彼らは母国では十分な治療を受けることができませんでした。子どもたちの母国を例に挙げると、ガンビアでは平均寿命が60歳であり、アフガニスタンでは新生児1000人のうち117人は死亡し、アンゴラでは1000人の人口当たり1人しか医師がいない状況です。しかしこれらの事実も氷山の一角なのです。2017年5月、ドイツ国際平和村は、援助飛行活動をガンビアとアンゴラに向けて行いました。子どもたちが人生のチャンスを得て、健康を取り戻すという人権を守るために。

しかしヨーロッパでも、テロ事件によって治安が脅かされています。数週間前には、イギリス・マンチェスターの人気コンサートでティーンネージャーたちが殺害されたという卑劣な事件も起きました。戦争や暴力はただ対立のみを引き起こし、平和な世界を築くという夢には近づけません。ドイツ国際平和村の創始者は1967年の設立当初からこの夢を抱いてきました。今日50年が経っても、世界はその夢から近づくことができていません。それでも、あきらめずにドイツ国際平和村は無実の傷ついたこどもたちのために活動を続けます。未来ある全世界の子どもたちに、今日の大人たちがより良い世界を受け渡していかなければならないからです。

 

ドイツ国際平和村は、子どもたちのヨーロッパでの治療支援や現地プロジェクト活動で子どもたちに未来を与え、同時にドイツ国内で多くの人たちに平和について伝える活動をしています。平和教育活動では、より広く世界を見て、異文化について理解を深める活動を行っています。

写真:Torsten Silz

 

2017月2日

PEACE VILLAGE INTERNATIONAL

(FRIEDENSDORF INTERNATIONAL)

ドイツ国際平和村
中岡 麻記(Maki Nakaoka
宍倉 妙子(Taeko Shishikura

金巨 未来 (Miki Kaneko)

FRIEDENSDORF INTERNATIONALドイツ国際平和村

Lanterstrasse 21, 46539 Dinslaken, Germany

TEL +49-(0)2064-4974-131

FAX +49-(0)2064-4974-999

E-MAIL:  japanpeace@friedensdorf.de

HOMEPAGE: http://japan.friedensdorf.de

FACEBOOK: http://www.facebook.com/friedensdorf.jp

 

寄付金口座

三菱東京UFJ銀行 本店 普通口座

口座番号:0152887

口座名:ドイツ平和村またはAktion Friedensdorf e.V

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

第61回目のアンゴラ援助飛行とほぼ同時に、病気やケガを抱えたガンビア出身の子どもたちも治療を受けるため渡独しました。新しくドイツへ子どもたちを受け入れる際に、ヨーロッパでの治療を終えた子どもたちの帰国も同時に行います。アンゴラ、そしてガンビアでも、帰国できた子どもたちとその家族の喜びで包まれました。

 

人道的支援を必要としているという点以外でも、ガンビアとアンゴラには共通していることがあります。それは、大統領選挙です。アフリカ大陸南西部に位置するアンゴラでは、2017年8月に新大統領が選ばれます。ガンビアでは、ようやく平和的に大統領選挙と政権交代がなされ、ここ数ヶ月間、世界の
メディアをにぎわせました。今年2月、南ドイツ新聞は「ガンビアという国は小さく、貧しい国である。そして、自らの国を自らの力で独裁者から解放した国でもある」といった見出しとともに状況を伝えました。22年間続いたジャメ大統領の独裁に代わり、新大統領バロウ氏が人口約2百万人のこの国を率いています。帝国による植民地支配の時代が終わった後、アフリカ大陸の国家政府の中ではじめて独裁者を退陣させたのです。

 

ドイツ国際平和村のガンビア現地パートナーは、今回治療の必要な子どもたちとともに渡独し、数日ドイツ・オーバーハウゼンに滞在しています。彼が、この西アフリカに位置する国・ガンビアの進展を語ってくれました。電気配線に投資がされ、税金を抑え基礎食品の価格が下がっています。主要道路に数多くあったチェックポイントは閉鎖され、医療・保健の分野を拡張する計画があります。そして、22年続いた独裁の後、人々はようやくオープンに自身の意見を言えるようになりました。旧政権による非道な行為が徐々に明らかにされ、人々が恐れていた以上ものであることが危惧されますが、同時に希望と楽観主義の波もこの国に押し寄せています。“Gambia will be a better place in the very near future(ガンビアは、近い未来、もっと良い国になります)”と現地パートナーが最後にまとめました。この言葉通りになり、多くの国民の生活や医療状況が改善されることを願い、ドイツ国際平和村はこの国への活動を続けていきます。



2017年月26日

PEACE VILLAGE INTERNATIONAL

(FRIEDENSDORF INTERNATIONAL)

ドイツ国際平和村
中岡 麻記(Maki Nakaoka

宍倉 妙子(Taeko Shishikura

金巨 未来 (Miki Kaneko)

FRIEDENSDORF INTERNATIONALドイツ国際平和村

Lanterstrasse 21, 46539 Dinslaken, Germany

TEL +49-(0)2064-4974-131

FAX +49-(0)2064-4974-999

E-MAIL:  japanpeace@friedensdorf.de

HOMEPAGE: http://japan.friedensdorf.de

FACEBOOK: http://www.facebook.com/friedensdorf.jp

 

寄付金口座

三菱東京UFJ銀行 本店 普通口座

口座番号:0152887

口座名:ドイツ平和村またはAktion Friedensdorf e.V

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

アンゴラから現地入りスタッフが帰国。夜行便での飛行、そしてドイツ到着後すぐの朝早くに、様々な部署のスタッフが集まりミーティングをします。今回も同様です。今までにこの流れが何回あったでしょうか?61回…。これまで61回も、元気になった子どもたちと家族との再会や嬉し涙がありました。また、治療が終わらず帰ることができなかった子どもたちの家族には、子どもたちからの手紙を届けました。しかし、61回嬉しい喜びもあれば、61回もどかしさもあります。ドイツでの治療を必要としているケガや病気を抱えている子ども。現地入りスタッフにとっても動揺するくらいの病状。ドイツに来ることができなかった子どもたちとその家族の絶望感。61回目の援助飛行であっても、今回のミーティングも「いつもの通り」では片づけられませんでした。それぞれの奥深い感情が言葉として表れました。

「嬉しい感情と悲しい感情の両面があります。」と、平和村代表トーマス・ヤコブスが今回のスタッフミーティングを切り出しました。「今回良かったことは、アンゴラへとガンビアへの2つの援助飛を同時に首尾よく進められたことです。しかし私たちは、ドイツ各地の病院からの支援、協力が以前よりも受けにくい状況であることを認識しなくてはいけません。」

治療を必要としている子どもたちに、無償での治療を提供するのはもちろんこれまでも容易なことではありませんでした。しかし状況はかなり深刻です。子どもたちがドイツへ到着する前夜、ある協力病院から得ていた子どもの入院受け入れの了承が、取り消しになったのです。よりによって、取り消された2人の子どもは、特に緊急な治療を必要としていました。

「これまで私たちは、子どもたちとその家族に支援と希望を届けられるというポジティブな気持ちでアンゴラへ向かっていました。」と、現地入りチームを取り仕切ったケビン・ダールブルフは言います。「しかし今回は、はじめから悲しい複雑な気持ちを抱いていました。私たちは、待っている治療の必要な子どもたち全員を連れて来ることができません。私たちは支援ができないことを伝えなくてはいけません。それは私にとってとても辛く、悲しいことでした。」

 

ダールブルフと一緒に現地へと赴いたマリア・ティネフェルドは61回もの援助飛行の多くをこれまで経験し、こなしてきました。「アンゴラの状況はどんどんと悪化しています。治療を必要としている子どもたち全てを連れて行くとしたら、私たちは100機もの飛行機を満席にすることができます。しかし、私たちは現在、ドイツ各地の病院から計45人分のみの治療承諾しかありません。」病院の受け入れが少なくなっているのは、私たちが抱えている問題の氷山の一角でしかありません。「ドイツ側の要件がどんどんと膨らんでいます。それは、アンゴラの現状とは合いません。アンゴラでは、必要とされている情報全てを入手するのは全くの不可能です。詳細な血液検査結果、医療的採取物、そして細部にわたる医師の診断書自体、ほとんどの家族にとって手に入れることはできません。ましてやそれらを手に入れるために支払いすることができないのです。」

フランクフルトの近くの病院で勤務し、何年もアンゴラへの援助飛行で現地入りしているトビアス・べクステン医師はこのように言います。「病院の何軒かはスポンサー企業に属していて、慈善活動より経済効果がある運営を好みます。しかし平和村の協力病院は、そのような方針を持っている傾向は少ないかと思います。多くの協力病院は、単に空いているベッドがないのです。なぜならドイツの病院では一般的な緊急時対応ですでに四苦八苦しているからです。しかし私たちは、今このミーティングで落ち込んで、諦めてはいけません。ドイツ全土には3700軒の病院があり、1900軒の病院は潜在的な協力病院になりえます。支援の輪を広げるチャンスはまだあります!」

 

(ドイツの病院とのつながりがある方、ドイツ国際平和村が病院の協力を必要としている旨を病院側へお伝えいただけましたらありがたいです。ドイツ語ホームーページには、協力病院に関するページ「 https://friedensdorf.de/kliniken/ (ドイツ語)」がありますので、是非そちらをお伝え下さい。)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

暖かい日差しがドイツ国際平和村施設に差す中、子どもたちの発表が始まりました。アンゴラ出身の子どもたちが故郷の歌を披露したり、ドイツの童謡を様々な国から来た子どもたちが揃って歌ったり。スタッフがアンゴラ出身のマニュエルと一緒に、歌「Zuhause ist dort wo deine Familie ist(家族のいるところが帰る場所)」を披露した時は、他の子どもたちも拍手喝采でした。ドイツ国際平和村の子どもたち、特にもうすぐ帰国できる子どもたちは感情が入り、この歌のサビの部分を一緒になって歌っていました。

 

毎回のお別れパーティでは、スタッフの発表で第一部が終わりますが、今回はサプライズがありました。アンゴラ出身のアデリーナと数人の女の子達が、スタッフやボランティアたちを舞台に呼び、感謝の言葉を述べ始めたのです。「ドイツに来たときは病気やケガを抱えていました。そして、今は元気になってもうすぐ家に帰ります。関わってくれた全ての人々に感謝します」と言いながら、子どもたちが描いた2枚の絵をプレゼントしました。これ以上インターナショナルな絵はないだろうというくらい、子どもたちの母国の国旗に加え、たくさんのハートやバラが描かれていました。「私たちが家に帰ってもこの絵を見てまた思い出してね。」 その場にいた全てのスタッフの涙腺がかなりゆるくなってしまいました。

 

このお別れパーティは、子どもたちの大好物である「ピザ」の登場で締めくられました。様々な国々出身の子どもたち皆で、大好きなピザを楽しみました。

 

写真:ドイツ・オーバーハウゼン市の平和村施設で開催されたお別れ会にて

 

2017月12日

PEACE VILLAGE INTERNATIONAL

(FRIEDENSDORF INTERNATIONAL)

ドイツ国際平和村
中岡 麻記(Maki Nakaoka
宍倉 妙子(Taeko Shishikura

金巨 未来 (Miki Kaneko)

FRIEDENSDORF INTERNATIONALドイツ国際平和村

Lanterstrasse 21, 46539 Dinslaken, Germany

TEL +49-(0)2064-4974-131

FAX +49-(0)2064-4974-999

E-MAIL:  japanpeace@friedensdorf.de

HOMEPAGE: http://japan.friedensdorf.de

FACEBOOK: http://www.facebook.com/friedensdorf.jp

 

寄付金口座

三菱東京UFJ銀行 本店 普通口座

口座番号:0152887

口座名:ドイツ平和村またはAktion Friedensdorf e.V

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドイツ国際平和村設立から50年
医療の保障 ―世界人権宣言25条―

4月30日、ベトナム戦争が終結してからちょうど42年が経過します。この戦争は、今日もまだその傷跡を残しています。汚染された大地や水。そして、戦争終結後42年も経った現在でも、先天的な形成異常や精神疾患を抱えて生まれる新生児がいるのです。

設立して50年が経とうとしているドイツ国際平和村とベトナムとの歴史は、切り離すことができません。1967年12月、ベトナム戦争で傷ついた子どもたちが初めてドイツ・オーバーハウゼンにやってきました。その子どもたちの多くは、ナパーム弾の被害を受けた子どもたちでした。そして1972年には、ドイツ国際平和村施設に約130人の子どもたちが生活していました。長い病院での治療を終え退院した後、子どもたちはドイツ国際平和村施設で滞在し、リハビリの傍ら、ベトナムに帰った時に自立して生活できるように、勉強をしたり職業訓練もしていました。最初にドイツ国際平和村に来た子どもたちは、1974年に家族のもとの母国に帰ることができました。1975年4月、550万人の命を奪った戦争がようやく終結し、平和村の子どもたちは、やっと家族のもとに帰ることができると期待していました。しかしその期待とは裏腹に、戦後のベトナム新政府は、ドイツに滞在している子どもたちの帰国を拒否しました。また、子どもたちをどのように母国に帰すということに関して、ドイツ国際平和村の団体内部でも意見の相違があり、ベトナム政府の決定を助長する結果となりました。それ以降、ドイツ国際平和村は、残されたベトナムの子どもたちのドイツ社会への融合という任務を抱えることになりました。現在も、当時の子どもたちの中で、ドイツに滞在している人もいます。ドイツにて、ベトナムとドイツの間で揺れ動く心に彼らなりの安定を築きました。

ベトナム戦争後の翌年、ドイツ国際平和村とベトナムとの関係は一度断たれ、その12年後にデュッセルドルフの別の支援団体「Hilfsaktion Vietnam」の仲介で再び関係が復活しました。1988年に再び、ドイツ国際平和村を通して子どもが治療のためドイツにやって来ました。

ドイツ国際平和村は、ベトナム戦争中にすでに現地でのプロジェクト活動を進めていました。その後に続くプロジェクトは、1989年に再開しました。11軒の平和村の病院やリハビリセンターを建設し、現在では現地の人々によって、管理、運営がなされています。また、ベトナムには100軒以上もの基礎健康診療所が建っています。

ベトナム戦争の惨事はすでに過去の出来事になり、今では他の地域や国で起きている様々な紛争が、メディアを通して私たちのもとに伝えられています。しかし当時も今も変わらないことは、政府や過激的なグループが、自分たちの権力や私利私欲を押し通していることです。軍事費は増加し、軍需産業が繁盛しています。一般市民のことは軽視され、犠牲者がでても、やむをえない被害として対処されています。しかし新たな世界を作っていくことは可能です。世界中の人々が人権を尊重し、人権が保障されれば良いのです。ドイツ国際平和村はこれからも、世界各地の紛争や危機に瀕している地域の子どもたちを支援し、少なくとも人々が医療を受けられるという人間としての権利を保障していきます。

2017年5月2日
PEACE VILLAGE INTERNATIONAL
(FRIEDENSDORF INTERNATIONAL)
ドイツ国際平和村

中岡 麻記(Maki Nakaoka
宍倉 妙子(Taeko Shishikura
金巨 未来 (Miki Kaneko)

FRIEDENSDORF INTERNATIONAL≪ドイツ国際平和村≫
Lanterstrasse 21, 46539 Dinslaken, Germany
TEL +49-(0)2064-4974-131
FAX +49-(0)2064-4974-999
E-MAIL:  japanpeace@friedensdorf.de
HOMEPAGE:
http://japan.friedensdorf.de
FACEBOOK: http://www.facebook.com/friedensdorf.jp

寄付金口座:
三菱東京UFJ銀行 本店 普通口座
口座番号:0152887
口座名:ドイツ平和村またはAktion Friedensdorf e.V

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。