宇宙航空研究開発機構は6日、世界初航行を目指す宇宙ヨット「イカロス」の帆の展開作業を中断し、慎重を期して残りは8日以降に行うと発表した。イカロスは5月21日に種子島からH2Aロケットで金星に向けて打ち上げられ、2週間余りたつが、機体の状態は良好という。
 イカロスは、太陽の光の粒子を大きな正方形の帆(1辺14メートル)に受けて進む。帆はごく薄い樹脂膜で、十字形に束ねて円柱形の機体に巻き付けてある。帆の展開は、機体の回転速度を上げ、遠心力で広げる方式だが、途中まで展開した段階の機体の動きが予想と若干違うため、慎重に対応することにしたという。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
挙式前に、尿再生水で乾杯=環境デー、水の大切さ訴え

朝鮮学校、個人崇拝を強化 総連、金総書記の訪中映像上映指示(産経新聞)
<私大>初年度納付金 平均131万円 授業料も過去最高に(毎日新聞)
<動物虐待>くぎ刺された肉食べた犬が手術 大分県警が捜査(毎日新聞)
「淫」「彙」どう教えたら…(産経新聞)
自民、強気 衆院解散や集中開催を要求(産経新聞)
AD