政府は、第2次世界大戦中の1942年4月、日本軍がフィリピン・ルソン島で米軍などの捕虜約7万人を約100キロ歩かせ、多くの死者を出したとされる「バターン死の行進」で生き残った元米兵捕虜について、順次、日本に招待する方針を決めた。

 政府が米国の元捕虜を招くのは初めて。

 招待するのは、「死の行進」で生き残った元捕虜とその家族、元捕虜の介助者ら。政府は、記念行事への参加や一般家庭へのホームステイなどを通じ、「日本への反感を払拭(ふっしょく)してもらいたい」(外務省)としている。沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で悪化した対米関係の改善につなげる狙いもある。

 時期については調整中で、年内にも十数人を招き、来年度から招待の規模を拡大していく方針だ。

父親殺害後?長男の車がバスと衝突、4人けが(読売新聞)
秋田産リンゴ、青森産と表示 青森の業者販売(河北新報)
<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)
路上たばこ逃がしまへんえ~ 京都市、面的に禁止区域拡大(産経新聞)
<冷え込み>関東中心に冬の寒さ 4月末まで低温傾向続く(毎日新聞)
AD