大阪大(大阪府吹田市)の入学式が5日、大阪市の大阪城ホールで開かれ、新大学院生も含め計約6500人が新たなスタートを切った。

 入学者数が過去最大規模となったことに加え、同席を希望する保護者も多く、手狭なキャンパスから離れて18年ぶりに同ホールでの開催となった。

 3000人近く集まった保護者が見守る中、鷲田清一総長は教養の重要性などを強調。「眼からうろこが落ちるような経験をたっぷりして」と激励した。

【関連記事】
世間の風潮と小学校教育
国旗・国歌 新政権も「尊重」は当然だ
眞子さまがICU入学式ご出席
教科書を父親が事前に目を通しておく
「教養と責任あるプロに」…阪大が初、大阪城ホールで卒業式
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

地震一報時に「映画見てる場合か」 佐藤議員が中井担当相批判(産経新聞)
「ダイエット中だから…」小沢氏告白(産経新聞)
<お別れの会>大西祥平さん=24日、東京の千日谷会堂(毎日新聞)
無駄削った職員、人事で高評価=10年度予算執行で-財務省(時事通信)
<BPO>意見公表 TBS「報道特集」の郵便物開封問題で(毎日新聞)
AD