鳥取県警捜査1課は16日、車のガラスを割ったとして同県米子市の20代の男性会社員を器物損壊容疑で誤認逮捕していたと発表した。

 発表によると、14日午前2時過ぎに110番通報があり、警察官が米子市内の現場に駆け付けた。フロントガラスなどを割られた車の運転手から事情を聴いたところ、現場にいた男性を指し「助手席に乗り込んでガラスを割った」と話したため、男性を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。男性は「身に覚えがない」と反論したという。

 逮捕後、複数の目撃者から事情を聴いたところ、ガラスを割ったのは、それまで男性と一緒に飲酒していた別の男だったことが判明。同日午前2時46分に逮捕された男性は午前5時に釈放された。

 枡本慎二・捜査1課長は「指導を徹底し、再発防止に努めてまいりたい」と陳謝した。【遠藤浩二】

【関連ニュース】
万引き:40代女性を誤認逮捕 東京・足立
誤認逮捕:万引き容疑で女性を 警視庁、裏付け捜査不十分

運転見合わせ JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)
「偽証なければ無罪の可能性」道に賠償命令(読売新聞)
【風の間に間に】論説委員・皿木喜久 浪花節で聴く「乃木将軍」(産経新聞)
鳩山首相の金銭感覚、政治家としてどうなの?(産経新聞)
首相、贈与税3470万納付 「実母分」6億円上回る(産経新聞)
AD