沖縄県議会の超党派議員団が11日午前、国会内で北沢防衛相と会い、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に反対し、国外・県外移設を求める意見書を手渡した。

 防衛相は「大変重い決定だと思う」としながらも、「移転先は(政府・与党の)検討委員会で近々集約する。私からどこだと申し上げるわけにいかない」と述べるにとどめた。

 今後の対応については、「(政府として)内定したものについては沖縄の皆様方としっかり話し合いをしながら進めていきたい」と語った。

 県議会は2月24日、全会一致で意見書を可決した。議員団は11日午後、首相官邸や外務省などを訪れ、鳩山首相、岡田外相らにあてた意見書を提出する。

<クロマグロ>「半減」の危機 完全養殖が日本の食卓救う?(毎日新聞)
1票の格差、違憲状態=衆院定数訴訟で4例目-福岡高裁支部(時事通信)
自民・園田幹事長代理、辞任の意向伝える(読売新聞)
鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議(産経新聞)
札幌の老人介護施設で出火=入居者7人死亡の情報-北海道警(時事通信)
AD