東京都足立区の金券ショップで先月18日、現金約32万円が奪われた事件で、警視庁竹の塚署は16日、強盗致傷容疑で、住所不定、自称とび職の少年(19)を逮捕した。同署によると、「金が欲しかった」と述べ、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は先月18日午後7時半ごろ、足立区西竹の塚のビル3階にある金券ショップで、男性経営者(51)に対し、「金を出せ」と脅し、手提げ金庫から現金約32万円を奪った上、粘着テープで経営者の両手を縛り、顔面を数回殴って1週間の軽傷を負わせた疑い。 

【関連ニュース】
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕
手柴死刑囚が病死=建設会社社長ら2人殺害
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑

「メール下さい」のノエビア元副社長、初公判(読売新聞)
安協女性部長、交差点で安全指導中はねられ死亡(読売新聞)
<雑記帳>ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)
ツヤツヤイチゴをどっさり乗せて イチゴのタルト(産経新聞)
園田氏、郵貯・簡保の完全民営化「絶対守る」 (産経新聞)
AD