Tascal PCサポート情報

自分のサポート情報の覚え書きならびに、
主にタスカルお客様に向けての、
サポートトラブルや、
PC関連サポート案内です。


テーマ:

昨日、お客様のところへ定期メンテナンスに伺いました。

 

このお客様は私と年1回のメンテナンス契約をなさって見えます。

 

1年ぶりのパソコンをチェックしようとすると早速びっくりすることが。

 

Windows10のバージョンがまだ1511(NovemberUpdate)のままでした。

 

このお客様は自動更新ONにしているので勝手にアップデートしても良いものなのですが、

 

忙しいし時間かかりそうだったから強引に電源切って全部拒否した

 

とのこと。

Windows起動ファイル壊れなくて良かったですf^_^;。

 

まあ、そのための定期メンテナンスなので、何の問題も無く、

私の方で無事AnniversaryUpdateバージョン1607を2時間かけてインストールし、

そのほかの問題点やパソコンの故障点検、アプリのアップデートやウイルス検査を行い、

無事作業は終了しました。

 

さて、Windows10はマイクロソフト曰く最後のWindowsと言う事で、次期Windowsのリリースは発表されていません。

いままでのWindowsはすべてサポート終了の期限が発表されていました。

 

Windows Vistaは、2017年4月12日

Windows7は、2020年1月14日

Windows8.1は、2023年1月10日

です。

 

実はWindows10は各大型アップデートのタイミングにより、サポート期限が切られます。

これをWindows as a Serviceと呼びます。

 

それによると、Windows10は、大型アップデートが行われてから6ヶ月+60日で2世代前のWindows10のサポートが終了します。

 

どういうことかと言いますと、今までWindows10は2回大型アップデートを行いました。

 

・2015年7月  Windows10 リリース

 

・2015年11月 Windows10 バージョン1511(NovemberUpdate)リリース

  

・2016年8月  Windows10 バージョン1607(AnniversaryUpdate)リリース

 

次期の大型アップデートは今のところ2017年4月(Creators0Update)の予定です。

と言う事は、その6ヶ月+60日後2世代前のWindows10がサポート対象外になると言う事なので、

 

初期Windows10はバージョン1607リリースから6ヶ月+60日後=2017年4月頃サポート終了

バージョン1511は(今のところの予定では)CreatorsUpdateのリリースから6ヶ月+60日後=2017年12月にサポートが終了します。

 

Windows10からWindowsUpdateを拒否できなくなりました(その代わり一時的な延期は出来る)。

延期してもコンシューマー版で4ヶ月、ビジネス版で12ヶ月後無条件でアップデートは適用されます。

このお客様のように始まったアップデートを時間がかかるから強引にキャンセルして見えた場合を除いて。

(アップデート、とても時間かかりますからね~~~~(-_-))

 

なので、普通にアップデートを行って見えれば何の問題もありませんが、インターネットにつながずパソコンを使用していたり、アップデート作業が始まったのを強引に再起動などしてアップデートをキャンセルしていると、気がついたらサポート終了していた。

と言う事になりますので、ご注意ください。

 

Windows10は常にメンテナンス・アップデートしないといけないWindowsなのです・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

お客様から下記の1枚の写真がLINEで送られて来ました。

 

 

デバイスを再起動する時間です。

デバイスは、17:36に再起動して更新プログラムのインストールを完了します。

この時間で問題がなければ[確認]を選択ください。

今すぐ再起動することも、アクティブ時間以外の時間にやり直すこともできます。
 

そして即電話が。

 

写真のようにWindowsが「再起動しろ」と言ってきてるんだけどこれどうしたら良いの?

信じていいの?それともウイルス?

 

なるほど、確かにそういう不安をお感じになるのは当然かと。

 

そんな翌日、私のパソコンの右下には下のような通知が。

 

 

再起動が必要です

お使いのデバイスをアクティブ時間外に再起動します。

アクティブ時間を変更するか今すぐ再起動するには、このメッセージを選択してください。

「今すぐ再起動」

 

これは、Windows10 の WindowsUpdate が発しているメッセージです。

共に、ウイルスやマルウェアーではないのでご安心ください。

Windows10から、ユーザーはWindowsUpdateを拒否することができなくなってしまいました。

 

その代わり、そのアップデートを行う時間を指定することができるようになりました。

(過去のWindowsUpdateにもこの機能の簡易版はついていました)

 

バックグランドでアップデートプログラムを自動ダウンロードすると、再起動が必要なインストールプログラムがある場合、WindowsUpdateは再起動を促してきます。

 

その際

今すぐ再起動

・アクティブ時間が終了後再起動

・カスタム再起動時間を使用する

の3つの選択肢があります。

 

これは スタートボタン → 設定 → 更新とセキュリティ にて下のように確認・設定ができます。

 

 

一番手っ取り早いのが「今すぐ再起動」です。赤枠内ですね。

ただ、これが簡単なアップデートなら良いのですが、運悪く Anniversary Update の様なものをアップデートしてしまうと、そこから2時間弱パソコンが使えないと言う事態に陥ります。

 

・Windows10 AnniversaryUpdate , WindowsUpdate適用開始

  http://ameblo.jp/pctascal/entry-12203092784.html

 

アクティブ時間というのは、「仕事やパーソナルでこの時間帯はパソコン使っているから勝手に再起動しないで!」という時間を設定することです。

 

緑色枠のところです。

「アクティブ時間の変更」をクリックすると、ここでアクティブ時間を設定することができます(最大12時間)。

 

 

 問題なければ「今すぐ再起動」もしくは「確認」でOKですし、まだ仕事中などでパソコンを再起動されたくなければ「後でやり直す」をクリックします。

 

そしてアクティブ時間が無事終了すると・・・

 

 

 このメッセージが現れます。

 

注意点はこのメッセージが出た場合、このまま何もしない、もしくは「確認」を押すと表示された時刻に勝手に再起動されてしまいます

 

 最後に「再起動のオプション」です。オレンジ枠内ですね。

 

これは、すぐにこのアップデートプログラムをインストールしたくないときに、日程や時間を後日にずらせる機能です。

 

 例えば大きなアップデートや、業務用ソフトメーカーがOK言うまでアップデートを一時的に留めておきたいときなどに使用します。

設定しておくとその日その時間までは今回のWindowsUpdateプログラムはインストールされません。

 

 

  そしてその機能が働き、アップデートの時間になると・・・・

 

 

 やはり同様にこのメッセージが現れます。


つまり、私に出てきたメッセージもお客様に出てきたメッセージも内容的には同じだったわけです。

 

「今すぐ再起動」を押すとそのまま再起動してWindowsUpdateが始まります。

「後でやり直す」を押すとひとまず再起動は回避されます。

「確認」を押すと指定された時間(この場合は17:36)に勝手に再起動されWindowsUpdateが始まります。

 

 Windows10からはWindowsUpdateは絶対になりました。

日程を遅らせることはできますが、Windows8以前のように「インストールしない」という選択肢はありませんのでご注意ください。

 

そして、共にメッセージを無視ししてそのままにしておいてパソコンを使用し続けた場合、最後に電源を切ろうとすると、
 


・・・・と、いうメッセージが出て、どちらにしても更新しないといけないのですね。

ただ、更新してシャットダウンした場合、もしこれが大型アップデートだとすると、次回パソコンの電源を入れた時、とぉ~~~~~~~~~~~~っても時間がかかってしまい、Anniversary Updateのように1時間半なにもできない・・・という事態に陥ります。

 

仕事で毎日パソコンをお使いの場合、時間を有効に使うためにも、このアクティブ時間をうまく設定してWindows Updateを制御した方が良いかもしれませんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年8月4日にダウンロードができるようになっていた、Windows10の二度目の大型アップデート

Windows10 Anniversary Update が Windows Update 適用になりました。

 

見た目ではスタートメニューのマイナーチェンジが一番大きいでしょうか。

後は通知アイコンがタスクバー内から時計の右側(一番右端)に移動したぐらいでしょうね。

 

 

Windows10はWindowsUpdateの拒否はできませんから(日程を遅らせることはできる)、

これで遅かれ早かれ自動的に全員 Windows10 Anniversary Update の適用がされることになります。

 

アップデートに関して特に問題点はありませんので、勝手にアップデートされますが

最大の注意点はアップデートに1~2時間かかると言うことです

 

電源と切るとき、「更新してシャットダウン」とでたら要注意です。

 

スタートボタン → 設定 → 更新とセキュリティ → Windows Update

 

の順でクリックしていき、そこに 

 

Windows10 、バージョン1607の機能更新プログラム。

 

と出ていたら Annversry Update です。

 

 

Windows10のバージョンは年月で表現されますので、2016年07月バージョンというわけですね。

ちなみに1回目のバージョンアップは去年の11月。November Update といい、バージョンは1511でした。

2015年11月バージョンです。

 

 ということで、次回電源を入れるときアップデートが始まりますので、Windows起動までに1時間以上かかります。

 

仕事を始める朝一でこれを食らったら・・・たまらないですので、それならばいっそそこでアップデートを開始し、放置して帰途についた方が賢明でしょう。

 

また、まれに Windows10 Anniversary Update 非対応のプログラムがあるとエラーになります。

「問題の修正」をクリックするとなにが原因でアップデートされないかわかりますので、そのプログラム・アプリを削除・対応バージョン等へのアップデートを行ってから再度Windows Updateを行ってください。

 

 

 アップデートは絶対ですが、仕事やパソコン使いたい時にアップデートが始まり、今回のように予想以上に時間がかかるのは・・・勘弁して欲しいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。