Tascal PCサポート情報

自分のサポート情報の覚え書きならびに、
主にタスカルお客様に向けての、
サポートトラブルや、
PC関連サポート案内です。


テーマ:
私のパソコンで突如ノートンが驚異を検出し、そのファイルを削除しました。

   


最近のノートンはユーザーがパソコンを使っていないときにスキャンをしてくれ、動作が重くなるのを回避しています。

今回もそのアイドリングスキャンで検出されました。


驚異名は「WS.Reputation1」です。
ファイル名は「passmasinstall520.exe」

じつはこのファイル、私がVectorでダウンロードしたフリーウェアです。
Excel/Wordのパスワードを解析するソフトですね。
もちろんこのフリーウェアがウイルス・驚異ではないという保証はございません。

 ノートンが驚異として「WS.Reputation」と言う名前で検出、検疫・削除した場合、本当にウイルスではない可能性があります。

 そのファイルの収集データー数が少なく、完全にウイルス・驚異と判断できないんですね。
そういう場合、ノートンはSONAR機能が働き、疑わしいファイルは全て検疫・削除してしまいます。
これを未知ウイルスと呼びます。

この辺りは以前もブログに書きました。
・ノートンSONARが過敏に反応したら

バージョンが変わりましたので、今のノートンSONAR設定は、設定→ウイルス対策 です。

 


この未知ウイルス対策SONARの問題は本当に必要なファイルを削除してしまうことがあると言うことですね。

もし、SONAR機能に引っかかり必要なファイルを消されてしまった場合、復元することができます。

最新バージョンのノートンでは、

セキュリティ→履歴→最近の履歴

で検疫・削除されたファイルを調べることができます。

 


そこから最近のファイルで「検疫済み」を探します。
それがSONARで検疫・削除されたファイル、未知ウイルスWS.Reputation1です。

それを選択→復元 の順にクリック

 


そのファイルが絶対に問題ない場合、 このファイルIDを今後のスキャンから除外します・・・
に ×点を入れて 「はい」 。

 


これで、検疫・削除されたファイルが復元されました。

 



結論:驚異「WS.Reputation」で検出されたプログラム・ファイルは未知ウイルスであって、本当にそれが驚異かどうかはノートンはまだわかっていない。
驚異名が「WS.Reputation」の場合、そのファイルを確認して対処する必要があります。
もしそれが仕事などで使っているファイルの場合、最悪そのソフトが動作しなくなります。

ウイルスバスタークラウドのシステムチューナーといい、このノートンのSONARといい、
便利な機能ではありますが、過敏に反応してしまうことがあり、
セキュリティソフトに完全に任せっきりにはできないところが悩ましいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

タスカルさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。