Tascal PCサポート情報

自分のサポート情報の覚え書きならびに、
主にタスカルお客様に向けての、
サポートトラブルや、
PC関連サポート案内です。

NEW !
テーマ:

パソコンサポート時、お客様より

 

Windows10になって写真みるの不便になったね。

一個一個開かないといけなくて、今迄みたいに←→ボタンで連続してみられないのね。

 

と。

Windows10のフォトアプリは写真をクリックすると標準で起動してくるアプリです。

いままではWindows フォトビューワーでしたね。

 

 

普通に起動すると、お客様のパソコンでも上記のように出て、ちゃんと←→の矢印があります。これで同じフォルダーやアルバムの写真を連続してみられます。

 

ちゃんと←→出てますよ。これのことですよね?

 

と私。

 

あれぇ~?おかしいなぁ。自分の見たい写真だと出ないんだよ・・・ほら!!

 

と。

それをみると、確かに←→の矢印が出ていません。

 

あらららら!ほんとですね!!

 

それは、GoogleDriveのフォルダーでした。

 

 

GoogleDriveは(GoogleDriveだけでなくOneDriveでもDropboxでも他のクラウドソフトもほとんど同様に)、Windowsデスクトップ用アプリをダウンロードすると、

クラウドとパソコンのローカルフォルダーが同期するようになっています。

 

GoogleDriveのクラウドとそのフォルダーの内容が同じになるので、パソコンで使うときはほとんどの方がお使いだと思います。

 

https://tools.google.com/dlpage/drive

 

ペイントなど他のフォルダーやクラウドでもOnedrive・Dropboxの同期フォルダーはちゃんと←→ボタンが現れます。

 

 

これは悩みましたね~~。

いろいろみているうちに、ふとGoolgleDriveのフォルダーのアクセス権をみたら、他のフォルダーと違い、ユーザーアカウントのみでした。

 

 

これじゃ無いかなぁ~と思い、ここにSystemアカウントを追加してみました。

 

※ここから先は個人で使っているパソコンなら良いですが、会社・家族などでユーザーを分けて使用しているパソコンの場合、

アクセス権を追加することにより、そのパソコンを使っている他の人にもGoogleDriveフォルダー内の情報が見られる可能性があることを承知してください。

 

GoogleDriveフォルダーを右クリック → プロパティ

 

 

アクセス権が自分のアカウントだけなのを確認して、編集 → 追加 → 「編集するオブジェクトを入力してください」欄に system (もしくは administrator)と入力 → OK

 

 

するとアクセス権欄に system が追加されるので、アクセス許可の「フルコントロール・変更」に☑をいれて OK → 念のためパソコンを再起動

 

 

これでGoogleDriveフォルダーにsystemのアクセス権が追加されました。

それで確認をすると・・・・

 

 

おお!無事←→アイコンが濃くなり、使えるようになりました。

 

Windows7ではこういうことありませんでしたから(Windows8は私では未検証)、

Windows10ですとGoogleDriveフォルダーはマイクロソフトアカウントに引っ張られてアクセス権のセキュリティが強くなるのですね。

 

まあ、これが正しいのですが、それが良くも有り、逆に個人のパソコンですと不便でも有り・・・・なのでした。

 

※ブログ内の写真はお客様の写真では無く、お客様のところでやった作業を自分のパソコンで再現検証したときの写真です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご年配のお客様をサポートしていました。

 

寒くなってきたので、お客様がエアコンを入れようとしましたが、リモコンが作動しません。

 

一緒にみてくれる?

 

と。

私は元々家電量販店で勤務していましたので、ついでにこの家電も・・・というのは結構あります。

まあ、リモコンのトラブルは90%電池切れなんですけどね。

後はお茶こぼした等接点不良や基盤のリモコン故障なので買い換えになります。

 

・・・が、電池ボックスを開けてびっくり。

電池が粉を吹いていました。

ああ、電池液漏れ漏電ですね。

 

 

 聞くと、買ってから一度もご自分では交換していないとのこと。

もちろん電池ボックスを開けてもいなかったそうです。

 

エアコンが今は無いブランドNational(現Panasonic)なので、パナと違うメーカーの電池って事はご家族が替えて見えたのでしょうね。

 

多分安い家電に標準でついていた電池を自分では使わず流用したっぽいですね。

 

最近の電池は作りが良くなったので、こういうことは少ないですが、

一昔前は結構こういった液漏れが多かったです。

 

ですが、最近はまた増えてきました。

言わずもがな、格安家電についている電池や100均などの日本以外製の電池をお使いの場合が結構多いからなのです。

 

最近は日本メーカーでもコストの関係で日本では電池を作らなくなってきました。

当然日本製(made in Japan)の文字も、JISマークもありません。

 

 

そして、みなさまやはりこういった安い電池を買われるので、

電池の業界は一昔前に戻ってしまいましたね(^^ゞ。

 

買うなと言うことでは無く、個人的には壊れると困る品物に入れる電池には日本製の電池をお奨めします。

 

今回は電池を交換、電池ボックスが粉だらけ&接点が下のように黒く酸化していたので、接点復活材でクリーニング。

(クリーニング前は電池交換してもリモコンは動作しませんでした。接点不良に陥っていました)

無事リモコンは復活しました。

 

 

これから年末の大掃除もされると思います。

年に一回、蛍光灯など交換される方も多いと思いますが(これもLED照明が増えて来てこれから減るのでしょうね)、

一緒にリモコンや常に入れてある家電品などの電池ボックスを開けてみて、電池が液漏れしていないか、確認をしてください。

液漏れでその機器を壊す可能性もあるので、それだけでも違うと思います。

 

この方みたいにエアコン・テレビなどのリモコン、通常はACにつなげていて非常用に電池を入れてあるラジオ・ラジカセ、名前を打ち込むテープライター、時計、風呂場の電子体重計、パソコンのコードレスマウスなどなど・・・

 

交換頻度が少ないものほど確認をした方が良いと思います。

あと、使用期限の切れた電池は、まだ残っていても交換をお願いします。

それが液漏れの原因にもなりまねませんので。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メンテナンスでお客様のところにお邪魔させていただいているときにご相談。

 

PDFを開くとき、この右側のメニュー・・・使わないからすっごく邪魔なんですけど。

消しても次開くときは出てくるし。

 

お客様のおっしゃって見えるのは Adobe Acrobat Reader DC の右側にあるツールパネルウィンドウと呼ばれるウインドウです。下の赤丸の所ですね。

 

 

いろいろなPDFに関する便利なツールが掲載されています。

・・・・が、実はその機能を使用しようとすると、下記WEBサイトが現れ、Adobe Acrobat Pro DC のサブスクリプションの購入を促されます。

 

 

とどのつまり、有料のサービスなのですね。

 

ということで、このお客様のように使わなければ逆に場所を取るだけの邪魔なウィンドウなのです。

 

 

 私も即わからなかったので調べました。

 

方法は、

編集 → 環境設定 → 文書 → 開き方の設定 にて、

 

☑ツールパネルをそれぞれのドキュメントで開く

 

の☑を外して、OK。

 

 

そして、ツールパネルウィンドウを閉じた状態(下の状態)にて Adobe Acrobat Reader DC を終了します。

 

すると、次回からはツールパネルウィンドウが無い状態で Adobe Acrobat Reader DC が開きます。

 

 

注意点はツールパネルウィンドウを閉じるという設定では無く、全部同じ設定画面にすると言う事なので、何かの拍子にツールパネルウィンドウを開いて閉じたら、その後は開いた状態で Adobe Acrobat Reader DC が開きます。

 

もしツールパネルウィンドウがお邪魔でしたら、お試しください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。