パソコンを捨てる

メーカーから買ったパソコンを捨てるときには、そのメーカーに回収してもらうよう依頼することになるのですが、自分で作ったパソコンの場合は、メーカーに引き取ってもらうことができません。


テーマ:

パソコンを捨てようとするときに、個人情報などが漏れないように、データをごみ箱へ捨てて、そのあとごみ箱を空にすれば大丈夫だと思っていないでしょうか?


確かに、ごみ箱に捨てたあとに空にした場合、パソコン上には表示されなくなるので、データ削除ができたように見えてしまいます。


しかし、これは簡単には見えなくなっただけであり、専用ソフトを活用すれば、データが再び見られるようになるのです。


見られて困るような情報はないと気軽に考えているかもしれませんが、メールアドレスや住所などが他人の手に渡ってしまう可能性もあります。


年賀状作成ソフトなどで年賀状を作ったことがある場合、それに入力した住所などが丸ごと流出することにもなってしまうかもしれません。


ごみ箱に捨てるというやり方ではなく、ディスクを初期化してしまえば安心という考えの人もいますが、これもそれだけでは駄目なのです。


パソコンを捨てる前に、専用のデータ削除用ソフトを使うことで、個人情報の流出が防止できます。


データ削除専門のソフトとは、パソコンの中にある情報を削除するという考えよりも、別の情報に書き換える仕組みであるため、データを復旧させるためのソフトを活用したところでデータは戻ってはきません。


このため、うっかり大切なデータまで消去してしまうことを防止する意味で、廃棄直前にデータ削除をするという方法が確実です。


それから、HDDを固い道具などで砕いてしまっても構わないのですが、少し大変かもしれません。


コンテンツ一覧

アメーバ データを完全に削除するには?

アメーバ 費用はどのくらいかかるの?

アメーバ 自作パソコンを捨てるには?

アメーバ 絶対に気を付けることは?

アメーバ 新しいパソコンにデータを移すには?

アメーバ オークションで販売してみる?

アメーバ 専門業者に頼むと安心?

アメーバ 確実にデータを消去するには?

アメーバ 買い取ってもらったほうがいい?

いいね!した人
PR

[PR]気になるキーワード