ネットで野球観戦

テーマ:

私はホークスファンで、Yahoo!BBと契約しているので、

テレビ中継がない日は利用させてもらっています。


メリットはいろいろあります。

たとえば


自分の好きなアングルのカメラから見ることができる


好きな選手の動きをずーっと見ていたいなら、

とってもいいのですが、


野球全体の流れがわからんっ!!


でもぜんぜん写らないところでこんなことしてたんだーって
いうのを始めて知りました。

もうひとつのメリットとして


ホークスファンとわいわい言いながら観戦できる!

これはとても楽しいです。

言うといってもチャットです。

「打ってくれ~」「おいおいなにしてんだよぉ~」とか。

あぁ人はこういう風に感じているんだとか、

家にいながら一体感あるなぁとか。


でもときどき荒らす人がいます。

アンチの人が来て負け試合を馬鹿にしたり、

喧嘩を仕掛ける人もいたりします。


IT企業が野球界にやってきて、大きく変革していくのを
肌で感じられますね。

ただ・・・・。
本家Yahoo!Japanのスポーツコーナーの
個人成績欄がいつまでも始まらないのは、
スピードが命のこの業界に致命的だ。
4月中旬からと書いてあったが、今は5月初旬からだって。
だめじゃん(x_x)
AD

まず、これをしてください

テーマ:

「家の中で一番長い時間を過ごす場所(リビングなど)にパソコンを置いて、いつでも使える状態にする」

これはパソコン生活をする上で最初の一歩であり、最大の一歩のような気がします。

テレビの気軽さを考えると、リビングにあって、リモコンのボタン一つで電源が入って、見たい番組、知りたい情報を一瞬で見つけられます。

(最近では大画面液晶テレビとパソコンとDVDレコーダーがいっしょになったような製品も増えました。

 パソコンがリビングに進出してきたといえます)

パソコンは電源を入れてから使えるようになるまでの「立ち上がり時間」が非常に長いです。
(将来的には技術開発でこの時間が短くなると予想されています)

みなさんの家でパソコンはどこにありますか?
私の予想ではあまり使わない部屋か寝室ではないでしょうか?

別の部屋にパソコンがあると・・・・

【引きこもる】 
家族との会話が少なくなったり、アヤシイ世界に入っていったり。。。
それではパソコンを活用できても、豊かな生活とは言えません。

【気軽に使えない】 
照明つけて冷暖房つけてパソコン立ち上げて・・・
簡単なことに思えますが、「前準備」がこんなにあるのはテレビに比べるとかなり高いハードルになって「もういいや~」って気分になります。

【エネルギーの無駄遣い】
リビングにあれば照明や冷暖房がついているはずです。
光熱費もあがるし地球環境にも悪い。

しかしクリアしなければいけない問題もあります。
なぜリビングにパソコンが置けないか?

ケーブルの問題 
本体電源、ネットワーク、周辺機器。かなりごちゃごちゃします。

>デザインの問題 
もともとパソコンはOA機器だったのでリビングには似合わないデザインです。

>場所の問題
ディスプレイと本体を置くと省スペースタイプでもかなりのモノです。

これらの問題を解決するために
 今から買う人はノートパソコンがおすすめです。
 それから無線LAN対応にすれば、極端な話、トイレでも Web閲覧できます。

ここまで書いて思ったのですが、携帯という手もありますね。

どーしても思い出せなくて気になってしょーがないことありますよね?
先日ブルースウィリスの主演映画のタイトルが出てこなくて、気になってしょーがなくなりそうでしたが、
即座に「ブルースウィリス」で検索、


5秒後にはすっきり
していました。
「アルマゲドン」だったんですけどね。単に作者の記憶力がないだけ?

AD

はじめまして 

テーマ:

このページはパソコンでもっと豊かな生活を!をテーマに、

あまり誰も教えてくれないパソコンの便利な使い方をご紹介します。

パソコンはあくまで道具です。「パソコンをする」という言葉は変です。

「包丁する」「鉛筆する」みたいな言葉です。

包丁は切ったり人を刺す(?)道具で、鉛筆は字や絵をかく道具です。

パソコンはなにをする道具でしょうか?ある人は作曲しますし

ある人は絵を描く道具です。いろんなことができる道具で、

使う人の使い方でどうにでもなると言えます。

 皆さんはパソコンをどのぐらい使えていると思いますか?パソコンの能力を100%とすると、
あなたのパソコン活用率は何%?

 
このサイトをたくさん活用してもらうことで、パソコンを上手につかうことができ、

生活が便利になったり、趣味の範囲が広がったり・・・・

きっとパソコンとのつきあい方が変わりますよ。

免責事項
 このサイトを活用することでネット中毒になっても、

パソコンが原因で夫婦ゲンカになっても、

パソコンで人生が大きく変わってしまっても、

私は一切責任を取れませんので、

ご理解のほどよろしくお願いします。

AD