最近、乳癌の話題でもちきりですね。日本ではまだ行われてないようですが、イギリスやイタリアの文献で、オキシトシンが乳癌の予防や治療に使われているようです。
オキシトシンは妊婦以外では、特に副作用も認められないので、これから注目されるとおもいます。
これらの文献を要約すると、オキシトシンは乳癌の発生を予防。乳癌の細胞の増殖の抑制。さらに乳癌の治療薬であるタモキシフェンのガン細胞の増殖阻害効果を高める効果などが挙げられています。オキシトシンはこれといった副作用もありませんから、乳癌の患者さんや家族歴のリスクをお持ちの方には朗報ですね。

AD