今年もたくさんのパソコン講座受講生の方から力作の年賀状が届きました。



どれも頑張って作成された様子が目に浮かんできます。



皆さん、いろいろ工夫されています。



例えば、



・写真入り

・合成写真を利用

・ワードの図形機能を利用してトリを描いたもの

・画像の上にマニュキア(?)を塗ってあるもの

・Webサービスで作成した風雅印を押してあるもの


などなど・・・



勉強したパソコンの知識と技術を活かして作られています。(^^



どれも力作揃いなのですが、昨年いただいたある方からの年賀状を越える印象に残る年賀状は残念ながらありませんでした。



まあ、昨年いただいたものがインパクトありすぎなんですけどね・・・(笑)



その年賀状を1年ぶりに紹介します。



冒頭にも貼り付けてありますが、こちらの年賀状です。


※実物をスキャンしています。個人情報のみ消しました。








年賀状の中に、たくさんの質問や困りごとがボールペンで書いてあります。



何を困っているのか一目瞭然。



こんなの頂いたら、早くお会いして、解決・解説したくなりますね。(^.^)



この発想は無かった。面白いです。www



ボク以外の人にはどうやって出したのかが気になるところですが・・・。(^^ゞ



印象に残るっていうのは、「きれい」「かわいい」「かっこいい」「整っている」といった見た目が良い事とは別のところにあるんだなぁと感じました。



「あっ、その発想は無かった!」といった、規定の枠を越えた印象的なものに出会った瞬間、脳にインプットされて記憶に残るんでしょうね。



中には、「失礼でこんな年賀状を出すべきじゃない」という意見の方もみえましたが、ボクは、こういうの大好きなのでユニークで楽しい年賀状を来年もお待ちしていまーす。(^^



最後まで、ご覧いただきありがとうございました。




【おすすめ講座・勉強会情報】

・『知識ゼロからはじめるLINEスタンプ作りに挑戦/第9回』
2017年1月20日 14:00 - 21:00 ⇒ 詳細ページ


・『セミコングランプリ2017』
2017年1月29日(日) ⇒詳細ページ


いわい たかゆき
プロフィール
ブログ記事一覧





facebookグループにて、パソコン、スマホなどに関する疑問・質問にお答えしています。

起業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!




icon_check いつでも質問OK


icon_check どんな質問でもOK


icon_check 何度質問してもOK



AD


こんにちは。


日本一わかりやすいパソコンの先生、「パソコン一休さん」


またの名を

シニアに「やさしい」パソコン先生 パソコン一休さん



こと、いわいたかゆきです。


+++++



みなさん、年賀状はもう作りましたか?




昨年届いた年賀状で印象に残っているものはありますか?




印象に残る年賀状っていったいどういうものでしょうか?




一度、みなさん自身で考えてみると良いでしょう。




自分の知人でいつもオリジナルな年賀状をくれる方がいます。




毎年、作成のお手伝いしています。




この方は、毎年夏に沖縄へ旅行へ行き、現地でサンゴなどで干支を作成してそれを年賀状に利用しています。




こういった一貫したこだわりのある年賀状って毎年楽しみになります。



過去の年賀状を紹介したいと思います。



ご本人の承諾済です。


2009年(うし)




2010年(とら)




2011年(うさぎ)




2012年(たつ)




2013年(へび)




2014年(うま)




2015年(ひつじ)






せっかく作るならば、毎年楽しみにして貰える年賀状を作るといいですね。



ただし、このように凝った年賀状を作ると毎年ハードルが上がったり、止められなくなります。(^.^)


最後までご覧いただきありがとうございました。(^.^)




facebookグループにて、パソコン、スマホなどに関する疑問・質問にお答えしています。

起業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!


※「起業家のため」とありますが、ご縁がある方なら「どなたでも」ご参加いただけます。



icon_check いつでも質問OK


icon_check どんな質問でもOK


icon_check 何度質問してもOK


AD



こんにちは。


日本一わかりやすいパソコンの先生、「パソコン一休さん」


またの名を

シニアに「やさしい」パソコン先生 パソコン一休さん



こと、いわいたかゆきです。


+++++


年賀状作ってますか?




最近では、書店に行くと年賀状の素材集が山のように積まれています。




素材集を使えば、簡単に年賀状ができてしまいます。




ただ、素材集の中のデザインを使っただけでは、たくさんの中の一枚になってしまいます。




今回は、ワンポイントとして使える、【風雅印】について紹介します。




特別なソフトを必要とせず、インターネットが見れる環境であれば、とっても簡単にできちゃいます。




風雅印とは?


風雅印は、はがきや年賀状などに押すゴム印のことです。

以前は、雅印とも呼ばれ古くから中国で石や木などに彫刻して作成されていました。

通常の住所とは一味違った趣がありアクセントとして利用できます。



こんな感じのハンコができます。















それでは、作成手順です。


白舟書体 のWebサイトを検索


インターネットの検索サイトで「web風雅印」と入力し検索します。



検索結果の中から「白舟書体 伝統的書体から・・・・」を見つけクリックします。




白舟書体のWebサイトが表示されいます。




一番下までスクロールし「風雅印」へのリンクをクリックします。





※検索が面倒な方は、以下のリンクからでもOKです。


白舟書体 伝統的書体から遊び心溢れるデザイン筆文字のフォントまで



枠のパターン・フォント・カラーを選択


あらかじめ用意されているパターン・フォント・カラーからお好みのものを選択します。



必要事項を入力



郵便番号、住所、名前など必要事項を入力します。


選択したパターンによって入力項目が変わります。



QRコードが必要なければ、チェックを外します。





入力が完了したら「Web風雅印を作る」ボタンをクリックします。



新しいウィンドウが出現し、風雅印の画像が表示されます。



画像の保存



出来上がった画像の上で右クリックして、「名前を付けて画像を保存」から任意のフォルダに任意の名前を付けて保存します。



上記の操作を繰り返せば、いくつでも作成できます。



あらかじめいくつかのパターンや色を作って保存しておくと便利です。







最後までご覧いただきありがとうございました。(^.^)




facebookグループにて、パソコン、スマホなどに関する疑問・質問にお答えしています。

起業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!


※「起業家のため」とありますが、ご縁がある方なら「どなたでも」ご参加いただけます。



icon_check いつでも質問OK


icon_check どんな質問でもOK


icon_check 何度質問してもOK



AD