こんにちは。


「パソコン一休さん」こと、いわいたかゆきです。


+++++


予告と違いますが、(;^_^A



前回の記事に関連した、ワードのウラ技のご紹介です。

ワードでやってはいけない3つのこと(その1)|「起業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!」



タイトル通り、ワードで位置調整のために入れた大量の空白(スペース)を簡単に削除する方法です。


修正前の文書はこれです。




それぞれの項目行の前に、10数個の空白が存在しています・・・(;^_^A



これを一つづつバックスペースキーで消すのは面倒ですよね。


これらをまとめてあっという間に消してみます。



手順1:行を選択


マウスでドラッグして空白がある行を選択します。



手順2:中央揃えにする


中央揃えのボタンをクリックします。



この時点で、各行の前にあった空白(スペース)が消えました!!


手順3:左揃えに戻す


最後に、左揃えのボタンをクリックして左揃えに戻します。



はい、出来上がりです。




この後は、インデント機能を使って、左側の位置調整をします。




インデントについては、次回、説明予定です。



が・・・・ちょっとだけ、説明します。さわりだけ。

インデントを使って文字の左側の位置を揃える


インデント

インデントとは?


インデントとは、文字の左端(右端)を好きな位置で揃えることができる機能のことです。
ルーラー上にあるインデントマーカーをドラッグして調整が可能です。







最後までご覧いただきありがとうございました。(^.^)




facebookグループにて、パソコン、スマホなどに関する疑問・質問にお答えしています。

起業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!


※「起業家のため」とありますが、ご縁がある方なら「どなたでも」ご参加いただけます。



icon_check いつでも質問OK


icon_check どんな質問でもOK


icon_check 何度質問してもOK


AD

こんにちは。


「パソコン一休さん」こと、いわいたかゆきです。


+++++

受講生さんの中には、子供会の役員、地区の役員、サークルの役員、敬老会の役員などを引き受けてみえる方が多くいます。



たいていの場合、前任の役員さんからUSBメモリで、いろいろな書類や決算報告書などのデータを引き継いでそれの手直しをする場合が多いです。



そのデータはワードもしくは、エクセルで作成されています。



データをチェックさせていただくと、パソコンを教えるものとしてはどうしても突っ込みたくなるような作り方をしているものが山のように出てきます・・・(;^_^A



「まあ、これはしょうがないかな」というレベルから、「なんでもかんでもエクセルで作ってるな・・・」とか「ちょっと、これはヒドイ!!!wwww」と笑ってしまうようなものまであります。



今回から何回かににわたり、ワープロソフトのワードでいろいろな文書を作成する際にやってはいけないことをご紹介していきたいと思います。


ワードでやってはいけない3つのこと


1. 空白(スペース)を使っての位置調整

2. 入力途中での文字の修飾や位置調整

3. 文章の切れ目以外での改行





我流でワードを勉強してきた方は、上の3つが出来ていない方が結構います。



出来ていない方に限って、「ワードは使いづらい」と主張される傾向があります・・・。



では、今日は、1番目を解説したいと思います。


『1.空白(スペース)を使っての位置調整。』はダメ!


これは、非常によく見かけます。(笑)






このような、会員募集の案内を作成してあるのですが・・・・







ワードの編集画面はこんな感じです。




「スペースキーの連打」によって文字の左からの位置を調整しています。




上図の四角(□)は全角の空白(スペース)です。





たくさんの「□」が並んだ画面を見るたびに、笑ってしまいます。





今回のサンプルは、「悪い例」の典型として受講生さんにデータをいただきました。(笑)





では、なぜこれではいけないのか?








説明します。




それは、「練習日」から「連絡先」までの項目行を全体的に左右どちらかに移動させたいときを考えてみてください。




どうやって修正しますか?





そうです。




この作り方だと空白を1行ごとにいくつか削除して調整しなくてはならず非常に手間がかかります。



では、これどうやって調整すればいいのかというと、




それは、「インデント」という機能を使います。





この「インデント」非常によく使います。




ワードで、絶対に覚えておいた方がよい重要な機能のひとつです。





「インデント」については、次回、解説します。(早く知りたいという方は、下方のリンクをさご参考に!)





今日のまとめ、




『文字の位置調整は、「空白(スペース)」を使わず、インデントを使うべし!』



インデントについてすぐに知りたい方はは、下記のサイトをご参考に!







最後までご覧いただきありがとうございました。(^.^)




facebookグループにて、パソコン、スマホなどに関する疑問・質問にお答えしています。

起業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!


※「起業家のため」とありますが、ご縁がある方なら「どなたでも」ご参加いただけます。



icon_check いつでも質問OK


icon_check どんな質問でもOK


icon_check 何度質問してもOK



AD



ワードで縦書きの文章を入力すると、半角の数字が横向きになってしまう場合があります。




今回は、これを直す方法を説明します。



こういうやつです。





安心してください。




いたって簡単です。(^^♪







操作手順



1.横書きにしたい数字をドラッグして選択します。


2.【ホーム】タブから【拡張書式】をクリックします。



3.項目の中から、【縦中横】をクリックします。


ちなみに、【縦中横】の読み方は、



「たてなかよこ」でも、「じゅうちゅうおう」でもありません。



「たてちゅうよこ」が正しい読み方です。(^^♪



4.プレビュー画面を確認して、【OK】ボタンをクリックします。





これで、完成です。





数字だけでなく、半角のアルファベットを縦書きで使う時にも利用できます。




是非、試してみてくださいね。(^^


最後までご覧いただきありがとうございました。(^.^)




facebookグループにて、パソコン、スマホなどに関する疑問・質問にお答えしています。

起業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!


※「起業家のため」とありますが、ご縁がある方なら「どなたでも」ご参加いただけます。



icon_check いつでも質問OK


icon_check どんな質問でもOK


icon_check 何度質問してもOK



AD


こんにちは。


「パソコン一休さん」こと、いわいたかゆきです。


+++++

教員をさせていただいています東海市の市民大学の講座が、先週から新しく5講座始まりました。



市民大学とは、

従来は市など行政が主体的に運営してきた生涯学習の運営を市民自身が教員・学生・運営者となり、市民のための市民主導による学習の場として開校された大学です。愛知県では、東海市の市民大学「平成嚶鳴館」、知多市の市民大学「ちた塾」、豊明市の市民大学「ひまわり」などがあります。




ワード、エクセル、パワーポイント、株式投資、小物作りなどこれから3月まで、10回の講座となります。



おおよそ8割の方が、再受講だったり、他の講座からのステップアップだったりでリピーターとなっていただいています。





おかげさまで、満席となる講座も出てきました。(^^♪





ありがとうございます。





4月からの開校予定の講座の準備も進めています。





今日は、一足早く、その4月からの平成28年度前期講座の予定についてお知らせします。


平成28年度前期講座(予定)


No.講座名回数曜日開始月時間会場
10楽しくゼロからはじめるパソコン入門104月9:10~10:40文セ
11なるほど楽しいワード2013107月9:10~10:40文セ
12なるほど楽しいエクセル2013107月11:00~12:30文セ
13安心・安全に使うインターネット活用法104月11:00~12:30文セ
14楽しく学ぶスマートフォン・iPad活用107月19:00~20:30文セ
15ツイッター・フェイスブックって何?って方のための講座104月19:00~20:30文セ
16ワードで楽しく自分史作成106月13:30~15:00上公
17楽しくパワーポイントでスライド発表104月19:00~20:30上公
18少額からはじめるネットで株式投資104月13:30~15:00上公
19楽しく学ぶスマートフォン104月13:30~15:00芸劇
20楽しく学ぶアイパッド(タブレット)104月15:20~16:50芸劇
215日で作るホームページ105月13:30~16:30芸劇
225日集中!パワーポイントでスライド発表105月13:30~16:30芸劇



詳しい講座内容に関しては、順次お知らせしていきたいと思います。(^^♪



学生募集は2016年2月1日からです。〆切は2月16日必着です。



学生の募集は、前期・後期の年2回です。

前期の募集は、2月頃、後期の募集は8月頃となります。※詳しくは、2/1号の広報とうかいをご覧ください。



>> 市民大学「平成嚶鳴館」事務局


>> おうめいかんぱそこん講座ホームページ


>> おうめいかんぱそこん講座&ちた塾のブログ





お問い合わせは、『市民大学「平成嚶鳴館」事務局』まで


住所:東海市名和町南之山10-4 上野公民館内


TEL:052-689-7375(受付時間:火曜日~金曜日 10時~16時)


Eメール:oumeikan@ma.medias.ne.jp




最後までご覧いただきありがとうございました。(^.^)




facebookグループにて、パソコン、スマホなどに関する疑問・質問にお答えしています。

起業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!


※「起業家のため」とありますが、ご縁がある方なら「どなたでも」ご参加いただけます。



icon_check いつでも質問OK


icon_check どんな質問でもOK


icon_check 何度質問してもOK






こんにちは。


「パソコン一休さん」こと、いわいたかゆきです。


+++++

昨日、メインPCのOS(オペレーティングシステム)をWindows7からWindows10へアップグレードしました。


詳しくは、↓こちらをご覧ください。

Windows10にアップグレード|「起業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!」




メインPCは、SONY VAIO EシリーズVPCEB3AGJという2010年10月発売の機種です。




実は、アップグレードの途中で、エラーが起きました。(-_-;



どんなエラーかというと、上の図にあるような、




「Windowsのライセンス認証」

このデバイスに有効なデジタル権利付与またはプロダクトキーがないため、ライセンス認証に失敗しました。エラーコード:0x803F7001



というようなエラーでした。



こういうエラーが起きたときにどうするかというと、まず、グーグルで検索し情報を収集します。



ほとんどのエラーの場合、同じ現象が日本のどこかしらで起きていて、その情報や解決方法が書かれている場合が多いです。



はい、ありました!!

参考:


>>>Windows 10 のライセンス認証 - Windows ヘルプ




Windows 7 Proのライセンスキーを入力することで解決



結論から言うと、Windows10のライセンスキー入力欄(下図)に元々のWindows7のライセンスキーを入力することでライセンス認証できました。


ちなみに、そのWindows7のライセンスキーは、自分の場合は、パソコンの底面裏にシールが貼ってありそこの記載してあります。



※ライセンスキー=プロダクトキー


無事認証されました










OSのアップグレードをする場合は、こういったトラブルは付き物です。



もし、自分で対処できない場合は、パソコン一休さんまでお知らせくださいね。(^^♪




最後までご覧いただきありがとうございました。(^.^)




facebookグループにて、パソコン、スマホなどに関する疑問・質問にお答えしています。

起業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!


※「起業家のため」とありますが、ご縁がある方なら「どなたでも」ご参加いただけます。



icon_check いつでも質問OK


icon_check どんな質問でもOK


icon_check 何度質問してもOK