落語を切り口に、相続問題を司法書士が解説するセミナーが22日、大阪市内であり、上方落語家の桂茶がまさん(49)が創作落語「遺言」を披露した。

「嫌われがちな話を身近にしたい」と、司法書士の古宮努さん(40)が茶がまさんに弟子入り。掛け軸や茶わんの相続を思案する男のこっけい話を2人で作った。

子ども3人への相続割合に悩む86歳の女性は、異色コンビの落語と解説に大笑い。遺言作成にも前向きで「あの世に行ってからも笑っていたい」。【青木絵美】

六甲山に初夏の訪れ クリンソウが見ごろ(産経新聞)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>長男「悪いことをしてしまった」と反省 地検支部、鑑定留置(毎日新聞)
<口蹄疫>“牛イベント”各地で中止 飲食店、来客数激減も(毎日新聞)
首相は「県民の思いを勉強する」と理解を求めた 普天間飛行場の辺野古移設案で(産経新聞)
大卒就職率91・8%、過去2番目の低さ(読売新聞)
AD