鳩山由紀夫首相は8日夜、特定非営利活動法人(NPO法人)への寄付を促進するための寄付税制の拡充について「マニフェスト(政権公約)で大きなテーマに仕立て上げてもらいたい」と語り、今夏の参院選での民主党マニフェストに盛り込む意向を示した。首相は「新しい公共」の概念に基づく寄付税制の拡充について「日本の皆さんの大変重要な生きざまの部分だ。官を、公を開く意味で大変重要な考え方だ」と強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
NPO寄付税制見直し案、税額控除など柱 税調PT
首相「未熟ゆえに問題点。辛抱強くご指導を」
鳩山首相、政権半年「自分の意思、強く示したい」
鳩山政権と討議・対話 献金は法改正を注視
政府税調が3PT設置 納税者番号制も議論
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「立ち枯れ」「ガンダム」「敬老会」 新党「たちあがれ日本」の連想(J-CASTニュース)
エコカー補助金、1年間で2865億…多い? 少ない?(レスポンス)
<黄元書記>都内で講演「独裁変えるには中国式が理想」(毎日新聞)
密約関連文書紛失で調査委員会(産経新聞)
財政と国民生活「両立が課題」と首相=連合会長、現実的な参院選公約を(時事通信)
AD