兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡したJR福知山脱線事故で、事故当時JR西日本の相談役だった井手正敬氏(74)ら歴代3社長について起訴すべきだとする神戸第1検察審査会の議決を受け、兵庫県弁護士会は29日、神戸地裁からの依頼にもとづき、検察官役を務める指定弁護士3人を推薦した。同会はすでに、「(来月30日の)時効成立まで時間がないため、指定弁護士は少なくとも3人必要」との姿勢を明らかにしていた。

【関連記事】
3社長強制起訴 再発防止につなぐ審理を
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
「必要な協力していきたい」JR西の起訴議決で神戸地検次席
「議決を重く受け止めている」 JR西社長、改めて謝罪
起訴議決に涙 遺族「息子と一緒に確かめたかった」 JR福知山線事故

「若手を総裁・幹事長に」自民・与謝野氏(読売新聞)
<蘭越母子殺傷>被告に無期懲役の判決 札幌地裁(毎日新聞)
阪大准教授に停職6カ月処分 深夜の研究室で女子院生と2人きり (産経新聞)
<小沢幹事長>参院選長野「2人目は党本部直営」(毎日新聞)
<人事>警察庁=4月1日付(毎日新聞)
AD